競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【フェブラリーS】実力馬が完全復活 ノンコノユメが悲願の中央G1初制覇!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年02月18日(日)更新

【フェブラリーS】実力馬が完全復活 ノンコノユメが悲願の中央G1初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

ノンコノユメ

2月18日(日)、1回東京8日目11Rで第35回フェブラリーS(G1)(ダ1600m)が行なわれ、内田博幸騎手騎乗の4番人気・ノンコノユメ(セ6、美浦・加藤征厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:36.0(良)。

2着にはクビ差で1番人気・ゴールドドリーム(牡5、栗東・平田厩舎)、3着にはクビ差で6番人気・インカンテーション(牡8、栗東・羽月厩舎)が続いて入線した。

内枠勢のニシケンモノノフ、ケイティブレイブ、ノボバカラがスタート良く飛び出して先団を形成。テイエムジンソクもその直後にサッと取り付く。その後ろに地方の女王ララベルが追走。そこから馬群が少し切れてインカンテーションら3頭が第2グループ、更に少し切れてサンライズノヴァ、ゴールドドリームは後方5番手。ノンコノユメは後方2番手からレースを進め、縦長の展開となる。
レースは淀みなく流れ、ケイティブレイブがニシケンモノノフを交わして先頭で直線へ。テイエムジンソクはジリジリと差を詰めようとするが、勢いは今ひとつ。代わって外からゴールドドーム、その内にインカンテーション、大外からノンコノユメが脚を伸ばす。3頭の叩き合いは外のノンコノユメがゴールドドリームの粘りを抑えて軍配。得意の東京コースで完全復活を果たした。

勝ったノンコノユメは、3歳時にジャパンダートダービーを制しているが、中央のG1では15年のチャンピオンズC、16年のフェブラリーSで連続2着と涙を飲んでいた。その後は去勢手術も施されたが、なかなか勝てず、ようやく前走の根岸Sで15年武蔵野S以来の勝利を挙げ、勢いを駆って2連勝。管理する加藤征弘調教師にとっても、シャドウゲイトによる海外G1制覇があるものの、中央のタイトルは初めてで、人馬ともに悲願の中央G1初制覇となった。また、関東馬は1998年グルメフロンティア以来の勝利で長い連敗にピリオドを打った。
馬主は山田和正氏、生産者は千歳市の社台ファーム。馬名の意味由来は「ノンコの夢。母名より連想」。

【内田博幸騎手のコメント】
「末脚を生かす競馬をしました。有力馬を前に見て、それを見ながら運べばいいところがあると思っていました。有力馬に被されない競馬をしたかった。ゴールしてノンコノユメにごくろうさまですといいました。スタッフさん、調教師さん、馬主さんが悔しい思いをしてきましたが、馬を管理するスタッフさんたち、縁の下の力持ちの皆さんのおかげで今があると思います。ノンコは頑張ればできるということを教えてくれました」

【加藤征弘調教師のコメント】
「根岸Sのレース後ちょっと疲れが出ましたが、回復がすごく早かったです。とても元気が良かったです。とにかく外に、被されないように出そうと騎手とは相談していました。思ったより後ろでしたが、外に馬がいませんでしたし、前半流れてくれたのも良かったです。中央初G1制覇でしたが、思ったより冷静に見ることができました。セン馬にしてから色々と批判もありましたが、根岸Sでものすごい脚を使ってくれたのでホッとしていました。

去年の夏場にしっかり休ませたことで、昔の馬体に戻ってきましたね。右股関節に疲れがたまりやすい馬ですが、休ませて治り、その分調教で負荷をかけられるようになったのも大きかったと思います。ここにきてこの馬らしさが出るようになり、今日もすばらしい末脚を見せてくれました。これからもこの馬らしいレースを見せられればと思います」

フェブラリーSの結果・払戻金はコチラ⇒

  • ノンコノユメ
  • (セ6、美浦・加藤征厩舎)
  • 父:トワイニング
  • 母:ノンコ
  • 母父:アグネスタキオン
  • 通算成績:21戦8勝
  • 重賞勝利:
  • 18年フェブラリーS(G1)
  • 18年根岸S(G3)
  • 15年ジャパンDD(Jpn1)
  • 15年武蔵野S(G3)
  • 15年ユニコーンS(G3)

ノンコノユメ
ノンコノユメ
ノンコノユメ

タレントの小島瑠璃子さんがプレゼンターを務めた

ノンコノユメ

得意の宙返りを披露

ノンコノユメ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。