競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【ダイヤモンドS】8歳馬フェイムゲーム元気一杯!同一レース3勝目!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

上田琢巳のラップトリック  上がり35秒1→35秒2→37秒6の先行、好位勢によるワンツースリー。これ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 昨5日は24節気で言えば「清明」。これから20日の穀雨までは、すべてが清々し...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年02月17日(土)更新

【ダイヤモンドS】8歳馬フェイムゲーム元気一杯!同一レース3勝目!

ニュース提供:競馬ラボ

フェイムゲーム

2月17日(土)、1回東京7日目11Rで第68回ダイヤモンドS(G3)(芝3400m)が行なわれ、C.ルメール騎手騎乗の1番人気・フェイムゲーム(セ8、美浦・宗像厩舎)が優勝。勝ちタイムは3:31.6(良)。

2着には1馬身3/4差で5番人気・リッジマン(牡5、栗東・庄野厩舎)、3着には1馬身1/4差で6番人気・ソールインパクト(牡6、美浦・戸田厩舎)が続いて入線した。

積極果敢にハナを奪ったグランアルマダが後続を離す。レジェンドセラーが先行勢の中でも前目に付け、少し離れたところにソールインパクト。その後ろの内でリッジマンが脚を溜め、その直後、中団やや後方にフェイムゲーム。
2周目の向正面でフェイムゲームが徐々に位置取りを押し上げ、縦長だった馬群も3、4コーナーではグンと縮まってきた。長い末脚勝負となり、レジェンドセラーが早目先頭、離れた外にプレストウィック、ソールインパクト、その後ろからフェイムゲームとリッジマンが猛追する。ソールインパクトが抜け出したからも直線が長く感じられ、その直後にいたフェイムゲームとリッジマンが左右から鋭く抜け出してきた。

勝ったフェイムゲームの半兄はG2を6勝、重賞計7勝のバランスオブゲーム。近親には14年秋華賞(G1)、15年ジャパンC(G1)を制したショウナンパンドラ、01年香港ヴァーズ(G1)など重賞4勝を挙げ、種牡馬としても成功しているステイゴールドがいる。ダイヤモンドSにおけるハーツクライ産駒は、12年2着ギュスターヴクライ、13年1着アドマイヤラクティ、14年1着フェイムゲーム、15年1着フェイムゲーム、16年2着フェイムゲーム、17年3着カフジプリンス、そして18年1着フェイムゲームと7年連続で馬券に絡んでいる。
馬主は有限会社サンデーレーシング、生産者は安平町のノーザンファーム。馬名の意味由来は「殿堂入りが決まった選手のセレモニーに開催されるNFLの試合より」。

ダイヤモンドSの結果・払戻金はコチラ⇒

【ルメール騎手のコメント】
「強かったですね。8歳馬ですが、まだ頑張っています。今日は3着馬をマークして運びました。直線に向いてから反応はそれほど速くなかったですけど、スタミナが豊富ですしラスト1ハロンでもう1度伸びてくれました。そこがこの馬のすごいところです。これまでいろんな経験を積んでいますしスタミナも豊富なので、海外のビッグレースにチャレンジするのも良いと思います」

  • フェイムゲーム
  • (セ8、美浦・宗像厩舎)
  • 父:ハーツクライ
  • 母:ホールオブフェーム
  • 母父:アレミロード
  • 通算成績:28戦7勝
  • 重賞勝利:
  • 17年目黒記念(G2)
  • 14~15、18年ダイヤモンド(G3)
  • 14年アルゼンチン共和国杯(G2)
  • 13年京成杯(G3)

フェイムゲーム
フェイムゲーム

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。