競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【フェブラリーS】軽い馬場で反撃ロンドンタウン 地力あるニシケンモノノフ
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年02月15日(木)更新

【フェブラリーS】軽い馬場で反撃ロンドンタウン 地力あるニシケンモノノフ

ニュース提供:競馬ラボ

ロンドンタウン

軽い馬場で反撃を期すロンドンタウン

14日、フェブラリーS(G1)の追い切りが栗東トレセンで行われた。

●前走、東京大賞典5着のロンドンタウン(牡5、栗東・牧田厩舎)は、助手を背にCWコースで終い一杯に追われ、6F80.5-65.0-51.0-37.8-12.1秒をマークした。

【牧田和弥調教師のコメント】
「今週は相手を先行させて、最後までしっかりと負荷をかけて追い切りました。いい動きでした。予定どおりにこれましたね。佐賀記念は不良馬場で、エルムSも重馬場。コリアCも軽いダートだったし、大井の力のいるダートが合わなかったのかも。中央の浅い馬場は合うと思うし、見直したいですね」

●前走、シルクロードS15着のニシケンモノノフ(牡7、栗東・庄野厩舎)は、助手を背に坂路で終い一杯に追われ、4F52.4-38.2-25.1-12.5秒をマークした。

【庄野靖志調教師のコメント】
「単走でおしまいをしっかりやってもらいました。スムーズに動けていたし、休み明けを使って上向いてきた。緩かった馬体もしまってきましたよ。去年は若干、距離が長いと思っていたし、半信半疑のところも。同型もいて飛ばす展開になったけど、よく辛抱してくれたからね。地力はあるし、今年も枠や展開。馬場状態などうまく噛み合ってくれれば、かな」

ニシケンモノノフ

馬体に張りが出たニシケンモノノフ