競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 東京5勝のベストマッチョが初の中山で押し切り勝ち!…ジャニュアリーS
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 中山は土曜の朝に小雨がパラついたが、影響するほどの雨量ではなく、この先は晴れ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 昨暮れから昨日(11日)までの遠野は、まさに<羹に懲りて膾を吹く>――状態。...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年01月13日(土)更新

東京5勝のベストマッチョが初の中山で押し切り勝ち!…ジャニュアリーS

ニュース提供:競馬ラボ

ベストマッチョ

1月13日(土)、1回中山4日目11RでジャニュアリーS(ダ1200m)が行なわれ、内田博幸騎手騎乗の2番人気・ベストマッチョ(セ5、美浦・手塚厩舎)が優勝。スタート直後からビッシリ仕掛けられて3番手で流れに乗る。道中も鞍上の手は少々動いている中での追走だったが、直線でムチが入ってからももうひと伸びし、最後は後続との差を広げて入線した。勝ちタイムは1:10.4(良)。

2着には1馬身1/4差で6番人気・マッチレスヒーロー(牡7、美浦・金成厩舎)、3着にはクビ差で9番人気・ベック(牡7、栗東・牧浦厩舎)が続いて入線した。
1番人気に支持されたドラゴンゲート(牡6、美浦・小西厩舎)は4着に敗れた。

勝ったベストマッチョはこれまでの5勝が全て東京競馬場でのものだったが、初めての中山競馬場で6勝目を挙げた。父Macho Unoは2000年、2歳時にBCジュヴェナイル(G1)を制し、アメリカの最優秀2歳牡馬となった。馬主の馬場幸夫氏は、モーニンやベストウォーリアなど外国産馬の活躍馬を多数所有している。生産者は米のFrederickaV.Caldwell&MitchelSkolnick。馬名の意味由来は「最高の逞しさ」。

ジャニュアリーSの結果・払戻金はコチラ⇒

1着 ベストマッチョ(内田博騎手)
「スタートを出たので、ムリせず良い位置を取れました。外から被されるのはイヤだと思っていましたし、理想的な形で運べました。最後もよく伸びていましたし、時計も速く強い内容でした」

2着 マッチレスヒーロー(三浦騎手)
「返し馬から体の使い方が良かったですし、思っていた以上に良い位置を取れました。リズム良く走れましたし、最後まで頑張ってくれました。力のある馬ですね」

3着 ベック(北村宏騎手)
「スタートを上手く出て、ロスなく運べました。最後に外に出してからは2着馬と一緒に伸びましたし、勝ち馬を捕まえられませんでしたがよく食い下がってくれました」

4着 ドラゴンゲート(田辺騎手)
「人気を背負っている立場ですし、そう簡単にはいきませんね。前走も重賞で崩れず走っていますが、勝ち切るとなるとそう甘くありません」

5着 アールプロセス(石橋脩騎手)
「最近のレースを見て、ある程度競馬が上手になったことで流れに乗って運ぶと突き抜け切れずに終わるという印象だったので、今日は勝ったときのように溜めて終いを伸ばすイメージで乗りました。直線に向いて差し切れるかと思いましたし脚は使っていますが、まだ脚を使い切っていないように感じられました。レース後も力を出し切った感じではありませんでしたからね。それでもこういう終いを伸ばす形は合っていると思います」

  • ベストマッチョ
  • (セ5、美浦・手塚厩舎)
  • 父:Macho Uno
  • 母:Encore
  • 母父:Storm Cat
  • 通算成績:12戦6勝

ベストマッチョ
ベストマッチョ

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。