競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【香港ヴァーズ】菊花賞馬キセキはまだまだ上昇「精神的にも、肉体的にも成長」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年12月07日(木)更新

【香港ヴァーズ】菊花賞馬キセキはまだまだ上昇「精神的にも、肉体的にも成長」

ニュース提供:競馬ラボ

キセキ

香港ヴァーズに向けて追い切りを行うキセキ

7日、香港ヴァーズ(G1)の追い切りがシャティン競馬場にて行われた。

菊花賞でG1初出走、初勝利を成し遂げたキセキ(牡3、栗東・角居厩舎)は、M.デムーロ騎手を背に芝コースで追い切りを行った。

夏の新潟、信濃川特別からコンビを組み続けている鞍上は「追い切りは良かったです。いつも頭が良くて、マジメな馬ですね。去年のシャンティの芝は芝が長いし、馬場がゆるかったですね。今年はいい馬場ですよ。菊花賞の前は、重馬場で心配しましたが、良馬場なのは心配ないですよ」とジャッジ。「追い切りはこちらに来て間が短いですし、太くはないのであまり無理にはやりませんでした。僕が乗っている間にも精神的にも、肉体的にも成長していますよね。香港は厳しいレースになるので、内枠がほしいです」と成長を実感している。

春は阪神大賞典で3着、秋は京都大賞典で2着と長丁場で見せ場を作ってきたトーセンバジル(牡5、栗東・藤原英厩舎)は、J.モレイラ騎手を背に芝コースで追い切りを行った。

これを見届けた藤原英昭調教師は「初めての海外遠征ということで、不安はありましたが、ステファノスという先輩馬がいることが楽になりましたね」と香港遠征に慣れている厩舎らしいコメント。続けて「最終追い切りはモレイラ騎手に乗ってもらいましたが、すごく乗りやすいと言ってもらいました。強い馬はいますし、世界の名だたるジョッキーもいる中ではありますが、なんとかいい走りをみせたいです」と期待を寄せる。

トーセンバジル

香港ヴァーズに向けて追い切りを行うトーセンバジル