競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. ヴィクトワールピサ産駒のプロディジーが最後にかわしてV…東京新馬
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

柴田卓哉・美浦追い切りレポート 多士済々といったマイルCS、先週の牝馬GⅠと同様に上位に絡みそうな馬が十指に...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 本来なら8月中に結論を出すべきはずの加計学園問題―。やたらもったいつけ、“い...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年11月12日(日)更新

ヴィクトワールピサ産駒のプロディジーが最後にかわしてV…東京新馬

ニュース提供:競馬ラボ

プロディジー

11月12日(日)、5回東京4日目6Rで2歳新馬(芝1400m)が行なわれ、大野拓弥騎手騎乗の7番人気・プロディジー(牝2、栗東・浜田厩舎)が優勝。5番手からレースを進め、ゴール直前で2着馬を交わした。勝ちタイムは1:24.4(良)。

2着にはクビ差で4番人気・ハードカウント(牡2、栗東・小崎厩舎)が粘り込み、3着には1馬身3/4差で2番人気・ペイシャモン(牝2、栗東・坂口則厩舎)が続いて入線。関西馬が上位を独占した。1番人気に支持されたトーセンニケ(牝2、美浦・小笠厩舎)は12着に敗れた。

勝ったプロディジーの母ベストオブミーは、2008年フィリーズレビュー2着の経験を持つ。馬主は飯田正剛氏、生産者は新ひだか町の千代田牧場。馬名の意味由来は「天才。母名より連想」。

2歳新馬の結果・払戻金はコチラ⇒

1着 プロディジー(大野騎手)
「いいリズムで運べました。仕上がりも良かったですし、直線もしっかり伸びてくれました」

2着 ハードカウント(三浦騎手)
「少し怖がりですが、抜けだしてもソラを使わず頑張ってくれました。体はまだまだこれからですし、もっと良くなると思います」

3着 ペイシャモン(柴山騎手)
「道中フワフワしていて、エンジンが掛かったのは残り1ハロンから。競馬を覚えてくればいいと思います」

4着 ノーブルウラノス(武藤雅騎手)
「稽古では大丈夫でしたが、レースで内にモタれてしまいました。もう少し操縦性が上がればもっとやれそうです」

5着 モンパルナス(石橋脩騎手)
「ゲートを上手に出てくれて、いいポジションが取れました。初めての競馬だからか、追い出してから左に張ってしまいましたね」

12着 トーセンニケ(田辺騎手)
「進んでいかず、競馬に参加できませんでした。距離が短いのかもしれません」

  • プロディジー
  • (牝2、栗東・浜田厩舎)
  • 父:ヴィクトワールピサ
  • 母:ベストオブミー
  • 母父:ブライアンズタイム

プロディジー
プロディジー

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。