競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. ダノンフォーチュンが鮮やかに突き抜けて3馬身半差V!…京都新馬
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

柴田卓哉・美浦追い切りレポート 多士済々といったマイルCS、先週の牝馬GⅠと同様に上位に絡みそうな馬が十指に...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 本来なら8月中に結論を出すべきはずの加計学園問題―。やたらもったいつけ、“い...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年11月12日(日)更新

ダノンフォーチュンが鮮やかに突き抜けて3馬身半差V!…京都新馬

ニュース提供:競馬ラボ

ダノンフォーチュン

11月12日(日)、5回京都4日目5Rで2歳新馬(芝1800m)が行なわれ、浜中俊騎手騎乗の1番人気・ダノンフォーチュン(牡2、栗東・大久龍厩舎)が優勝。道中は中団やや後方寄りでジッと脚を溜め、直線で外に持ち出すとアッサリと前を捕らえて突き放した。勝ちタイムは1:50.7(良)。

3馬身半差の2着には、エピファネイア、リオンディーズの妹で2番人気のシーリア(牝2、栗東・角居厩舎)が続き、3着にはクビ差で5番人気・レッドルーク(牡2、栗東・昆厩舎)が食い込んだ。

勝ったダノンフォーチュンは、祖母に米G1のサンタマルガリータHなど重賞5勝を挙げたラヴリアリンダがいる血統で、全兄のダノンブライトは2勝。追い切りで素軽いフットワークが目を引いていたが、実戦でもその末脚で先行勢をアッという間に飲み込んで鮮やかに差し切った。
馬主は株式会社ダノックス、生産者は日高町の下河辺牧場。馬名の意味由来は「冠名+幸運。幸運をもたらす活躍を期待して」。

2歳新馬の結果・払戻金はコチラ⇒

  • ダノンフォーチュン
  • (牡2、栗東・大久龍厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:ペニーズフォーチュン
  • 母父:Storm Cat

ダノンフォーチュン

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。