競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【京王杯2歳S】直線で一気に突き抜けたタワーオブロンドンが重賞初制覇!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週の土曜新潟6R。ゲートが開くと何が何でもハナに行く構えを見せたのが山...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年11月04日(土)更新

【京王杯2歳S】直線で一気に突き抜けたタワーオブロンドンが重賞初制覇!

ニュース提供:競馬ラボ

タワーオブロンドン

11月4日(土)、5回東京1日目11Rで第53回京王杯2歳S(G2)(芝1400m)が行なわれ、C.ルメール騎手騎乗の1番人気・タワーオブロンドン(牡2、美浦・藤沢和厩舎)が優勝。勝ちタイムは1:21.9(良)。

2着には2馬身差で5番人気・カシアス(牡2、栗東・清水久厩舎)、3着には半馬身差で4番人気・アサクサゲンキ(牡2、栗東・音無厩舎)が続いて入線した。

タイセイプライドが先手を主張。ニシノウララ、アサクサゲンキ、カシアスと差がなく続き、その後ろのインにタワーオブロンドンが構える。先団はほぼ一団で4コーナーを回り、直線の脚比べ。
逃げるタイセイプライド目掛けてアサクサゲンキが襲いかかり、残り200mで先頭。しかし、その外で脚を伸ばしてきたタワーオブロンドンが並ぶ間もなく捕らえると、一気にリードを広げてゴール。追いすがる2頭の重賞ウイナーをあっさりと突き放した。

勝ったタワーオブロンドンは、ききょうSに続く連勝で3勝目。500キロを大きく超える雄大な馬格から繰り出される末脚は破壊力抜群で、函館2歳Sの覇者カシアス、小倉2歳Sの覇者アサクサゲンキを全く問題にせず完勝。今後は距離延長が課題となってくるが、近親に英ダービー馬ジェネラス、皐月賞馬ディーマジェスティがいる血統背景から、クラシック戦線でも楽しみな存在となりそうだ。
馬主はH.H.シェイク・モハメド、生産者は日高町のダーレー・ジャパン・ファーム有限会社。馬名の意味由来は「ロンドン塔」。

京王杯2歳Sの結果・払戻金はコチラ⇒

  • タワーオブロンドン
  • (牡2、美浦・藤沢和厩舎)
  • 父:Raven’s Pass
  • 母:スノーパイン
  • 母父:Dalakhani
  • 通算成績:4戦3勝
  • 重賞勝利:
  • 17年京王杯2歳S(G2)

タワーオブロンドン
タワーオブロンドン

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。