競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【秋華賞】カリビアンゴールドなど紫苑S組の追い切りレポ
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 【日曜京都11R 秋華賞(G1)】 (芝2000m 15:40発走) ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 冬を思わせる寒さに見舞われた13日。そういえば例のメンバーで珍しく2週連...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年10月11日(水)更新

【秋華賞】カリビアンゴールドなど紫苑S組の追い切りレポ

ニュース提供:競馬ラボ

カリビアンゴールド

1週前は田中勝春騎手、当週は助手を背に追い切ったカリビアンゴールド

11日、秋華賞(G1)の追い切りが美浦トレセンで行われた。

前走、紫苑ステークスで2着だったカリビアンゴールド(牝3、美浦・小島太厩舎)は、助手を背に坂路コースで追われ、4F55.6-41.2-26.8-12.8秒をマークした。

【小島太調教師のコメント】
「前走は1回抜け出したので一瞬やったかと思いましたが、勝ち馬が強かったですね。上手くいっての勝負だったので仕方ありません。前走後もすごく順調でカイ食いも良いですし、窮屈なところが無く毎週追い切りを消化してきました。

今週の追い切りは、かなり控え目でいこうと思っていましたが、動きに力強さがありましたし最高のコンディションで送り出せそうです。厩舎にいるときは470キロちかくありますが、レースに行くと極端に減るので今回も前走と同じくらいの馬体重になると思います。

オークスのときは距離に不安がありましたし、その通りに少し長かったかと思います。今回の2000は守備範囲ですし、京都2000に対応できることも加味して期待しています。体型から見ると道悪はあまり良くないかと思っていましたが、以前に道悪のときに乗ったジョッキーに話を聞いても道悪も問題ないと話していましたし、ひょっとしたら今ならガマンしてくれるのではないか、と思っています。

彼女がここのところ急に大人っぽくなってきたので、そこに期待しています。勝春にはプレッシャーにならないように、気楽に乗ってくれと話すつもりです」

【田中勝春騎手のコメント】
「力のある馬でG1に挑めるのは最高ですね。前走は本当は1着を狙っていましたが、残念な結果になりました。負けを反省して、次はどう乗ろうかと考えてはいます。

繊細な部分がありますが、春先よりも精神面が大人になってきましたし今はそれほど気を遣わなくてもいいようになってきました。春シーズンはかかったり折り合い面に不安があったり、気持ちが散漫で集中力が切れると全然走らなくなったりしていました。オークスは良い感じで走れていましたが、あの頃は馬が完成するまでは少し足りなかったのかもしれません。

先週の追い切りで乗って良い雰囲気できていると感じましたし、跨ったときには安心しました。前走も良い競馬をしてくれましたし、距離2000もこなしてくれると思います。惜しい競馬が続いていますし、小島太先生も最後なので今回は何とか勝ちたいと思っています。競馬の基本ですが、折り合い重視でスムーズな競馬をしたいと思っています」

前走、紫苑ステークス3着のポールヴァンドル(牝3、美浦・上原厩舎)は、三浦皇成騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、6F82.1-65.7-51.2-38.2-12.5秒をマークした。

【上原博之調教師のコメント】
「今週の追い切り時計は速かったですけどムリはしていませんし、輸送もあるのでオーバーワークにならないように余裕残しで追い切りました。3歳牝馬同士ですし、京都2000も合っていそうなので楽しみです」

ポールヴァンドル

2週連続でウッドを長めに乗り込まれたポールヴァンドル

前走、紫苑ステークス4着のブラックオニキス(牝3、美浦・加藤和厩舎)は、大野拓弥騎手を背に南ウッドチップコースで追われ、6F83.5-67.2-52.6-38.7-12.8秒をマークした。

【大野拓弥騎手のコメント】
「先週の稽古をしっかりやってもう馬は出来ているので、今週はサラッとやりました。動きが良かったですし、気持ちの面でも馬が走りたがっている感じでした。前走の状態も良かったですが、ひと叩きした上積みも十分です。トビが綺麗なので、出来れば良馬場でやらせてあげたいです。

前走が手応えのあるレースでしたし、今回はメンバーが強くなるのでその辺りがカギになるとは思いますが、前走のときよりも良くなってきているので何とか頑張ってもらいたいです」