競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【京都大賞典】更に輝きを増す7歳牝馬スマートレイアーが重賞4勝目!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年10月09日(月)更新

【京都大賞典】更に輝きを増す7歳牝馬スマートレイアーが重賞4勝目!

ニュース提供:競馬ラボ

スマートレイアー

10月9日(月)、4回京都3日目11Rで第52回京都大賞典(G2)(芝2400m)が行なわれ、武豊騎手騎乗の4番人気・スマートレイアー(牝7、栗東・大久龍厩舎)が優勝。勝ちタイムは2:23.0(良)。

2着には半馬身差で6番人気・トーセンバジル(牡5、栗東・藤原英厩舎)、3着にはクビ差で1番人気・シュヴァルグラン(牡5、栗東・友道厩舎)が続いて入線した。

ミッキーロケットが好スタートを決めたが、ラストインパクトがハナを主張。マキシマムドパリが2番手に付けて向こう正面へ。サウンズオブアース、ミッキーロケットは好位グループを見る形で、スマートレイアーは後方5番手のイン。人気のシュヴァルグランは後ろから2頭目をジックリと追走する。
3コーナーの坂の下りでシュヴァルグランがスッとポジションを上げて馬群は凝縮。直線に入るとトーセンバジルが先に抜け出しを図ったマキシマムドパリを交わして先頭、そこへシュヴァルグラン、スマートレイアーが襲いかかり、3頭の争いは真ん中を抜き抜けたスマートレイアーに軍配。重賞4勝目を挙げた。

勝ったスマートレイアーは、昨年の阪神牝馬S以来の勝利で通算9勝目。7歳を迎えた今年は勝鞍こそなかったが、京都記念ではマカヒキを競り落として2着。前走の鳴尾記念もクビ差2着と好走するなど衰えを全く見せず、このレースでは内の馬群を縫ってコースレコードにコンマ4秒差と迫る好タイムで差し切り勝ちを決めた。また、手綱をとった武豊騎手はこのレース9勝目で、騎手の最多同一重賞制覇の新記録を達成。初重賞勝ちの思い出深いレースで、また一つ大きな伝説を築き上げた。
馬主は大川徹氏、生産者は新ひだか町の岡田スタツド。馬名の意味由来は「冠名+層」。

京都大賞典の結果・払戻金はコチラ⇒

  • スマートレイアー
  • (牝7、栗東・大久龍厩舎)
  • 父:ディープインパクト
  • 母:スノースタイル
  • 母父:ホワイトマズル
  • 通算成績:27戦9勝
  • 重賞勝利:
  • 17年京都大賞典(G2)
  • 14、16年阪神牝馬S(G2)
  • 16年東京新聞杯(G3)

スマートレイアー
スマートレイアー
スマートレイアー
1番人気のシュヴァルグランは3着に敗れた

1番人気のシュヴァルグランは3着に敗れた


※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。