競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【ローズS】距離短縮で反撃! 馬体も大きく成長した桜花賞馬レーヌミノル
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

蔵出し!スーパーショット 昨年8月にこの世を去った清水成駿。ファンの皆様から追悼メッセージをいただいた...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 本来なら8月中に結論を出すべきはずの加計学園問題―。やたらもったいつけ、“い...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年09月14日(木)更新

【ローズS】距離短縮で反撃! 馬体も大きく成長した桜花賞馬レーヌミノル

ニュース提供:競馬ラボ

13日、ローズS(G2)の追い切りが栗東トレセンにて行われた。

桜花賞馬レーヌミノル(牝3、栗東・本田厩舎)は、助手を背にCWコースで6F83.2-66.2-50.8-37.3-12.3秒をマーク。引っ張りきりの手応えで先行した2頭を捕らえ、パートナーの脚色を見ながら楽に半馬身先着を果たした。

本田優調教師は「良かったんじゃない。まったくの馬なりだったからね。背が高くなって、体も大きく成長している。引っ掛かるような馬じゃないし、距離は大丈夫。オークスはちょっと大事に乗りすぎただけだから」と合格点を与える。気になる週末の空模様も「台風で天気は怪しそうだけど、雨馬場は苦にしないと思うよ」とキッパリ。クラシックホースの巻き返しに注目だ。

前走、NHKマイルC17着のカラクレナイ(牝3、栗東・松下厩舎)は、助手が跨がってCWコースでの単走追い。終始リラックスした走りで6F84.1-68.3-53.5-39.3-12.5秒を計時。心身ともに成長がうかがえる。

「ここを目標に順調にきています。今で500キロぐらいありますが、太くみせないでしょ。追い切りも落ち着いた感じできているし、春は向正面から半マイル追いでしたが、今週は正面から入ってゆったりと走れていました。ワンターンの1800mならこなせると思う。あとは折り合いですね」と松下武士調教師。前走のNHKマイルCでは1番人気に支持された実力馬。その底力は侮れない。