競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【フォワ賞】サトノダイヤモンド直線伸びず4着…ルメール「止まってしまった」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

蔵出し!スーパーショット 昨年8月にこの世を去った清水成駿。ファンの皆様から追悼メッセージをいただいた...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 本来なら8月中に結論を出すべきはずの加計学園問題―。やたらもったいつけ、“い...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年09月11日(月)更新

【フォワ賞】サトノダイヤモンド直線伸びず4着…ルメール「止まってしまった」

ニュース提供:競馬ラボ

9月10日(日)、フランス・シャンティイ競馬場で凱旋門賞(G1)の前哨戦・フォワ賞(G2)(芝2400m)が行なわれ、日本から参戦したサトノダイヤモンド(牡4、栗東・池江寿厩舎)は6頭立ての4着。サトノノブレス(牡7、栗東・池江寿厩舎)は6着に敗れた。勝ったのはチンギスシークレット(牡4、ドイツ・M.クルーク厩舎)で、勝ちタイムは2:35.86(重)。

【凱旋門賞・総力特集】フォワ賞からプレオープン中!凱旋門賞直前にはSPネット新聞も発行

10月1日の凱旋門賞と同コース、同距離で行われるフォワ賞は6頭立てで行われた。そろったスタートからサトノノブレスがハナに立ち、サトノダイヤモンドは少し離れた2番手を追走。ゆったりとした流れとなり、4コーナー手前でサトノダイヤモンドがサトノノブレスに並びかけた。

残り300m付近でサトノダイヤモンドが抜け出そうとしたが反応が鈍く、外から伸びてきたチンギスシークレットにあっさりとかわされて失速。2着はクロスオブスターズ(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)、3着はタリスマニック(牡4、仏・A.ファーブル厩舎)が続いた。

4着 サトノダイヤモンド(C.ルメール騎手)
「長い休み明けだったし、馬場もすごく重かった。よく走っているとは思うけど、最後の200mは止まってしまった」

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。