競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 偉大な兄に続け! コパノチャーリーが力強く押し切りオープン初勝利…阿蘇S
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年08月12日(土)更新

偉大な兄に続け! コパノチャーリーが力強く押し切りオープン初勝利…阿蘇S

ニュース提供:競馬ラボ

オープン初勝利を挙げたコパノチャーリー

8月12日(土)、2回小倉5日目11Rで阿蘇S(ダ1700m)が行なわれ、和田竜二騎手騎乗の4番人気・コパノチャーリー(牡5、栗東・村山厩舎)が4角先頭から力強く押し切ってオープン初勝利。勝ちタイムは1:45.2(良)。

2着にはクビ差で馬場の真ん中を伸びた10番人気・ブライトアイディア(牡7、栗東・宮厩舎)、クビ差の3着には最内を突いた12番人気・シンゼンレンジャー(牡8、栗東・飯田祐厩舎)と人気薄が続いて入線し、3連単は100万円を超える波乱となった。
1番人気に支持されたメイショウウタゲ(牡6、栗東・安達厩舎)は直線伸びを欠いて8着に敗れた。

勝ったコパノチャーリーは、4月の桃山Sを勝ってオープン入り。重賞初挑戦となった平安Sこそ大差のシンガリ負けを喫したが、前走の名鉄杯では渋太く粘って3着とオープンでも戦えるメドを立てると、今回も4コーナーから積極的に立ち回って押し切りV。兄はG1を9勝しているコパノリッキーで、偉大な兄に続く活躍が期待される。
馬主は小林祥晃氏、生産者は日高町のヤナガワ牧場。馬名の意味由来は「冠名+人名より」。

阿蘇Sの結果・払戻金はコチラ⇒

  • コパノチャーリー
  • (牡5、栗東・村山厩舎)
  • 父:アグネスデジタル
  • 母:コパノニキータ
  • 母父:ティンバーカントリー
  • 通算成績:32戦6勝

オープン初勝利を挙げたコパノチャーリー
オープン初勝利を挙げたコパノチャーリー

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。