競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 芝も全く問題ナシ! ゴールドクイーンが堂々逃げ切り2連勝…フェニックス賞
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 【日曜京都11R 秋華賞(G1)】 (芝2000m 15:40発走) ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 冬を思わせる寒さに見舞われた13日。そういえば例のメンバーで珍しく2週連...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年08月12日(土)更新

芝も全く問題ナシ! ゴールドクイーンが堂々逃げ切り2連勝…フェニックス賞

ニュース提供:競馬ラボ

2連勝を飾ったゴールドクイーン

8月12日(土)、2回小倉5日目9Rでフェニックス賞(芝1200m)が行なわれ、松若風馬騎手騎乗の8番人気・ゴールドクイーン(牝2、栗東・坂口則厩舎)が好スタートからそのまま逃げ切って優勝。勝ちタイムは1:09.6(良)。

1馬身半差の2着には4角2番手から粘り込んだ6番人気・レグルドール(牝2、栗東・杉山厩舎)、3着にはハナ差で中団から差を詰めた1番人気・アイアンクロー(牡2、栗東・斉藤崇厩舎)が続いて入線した。

勝ったゴールドクイーンは、ダートの新馬戦を3馬身差で快勝。ダート色の濃い血統背景から、ここは8番人気に甘んじていたが、好スタートを決めてハナを切ると直線で二の脚を使って後続を完封。堂々と2連勝を決めた。
馬主は加藤充彦氏、生産者は浦河町の浦河土肥牧場。馬名の意味由来は「黄金+女王」。

フェニックス賞の結果・払戻金はコチラ⇒

  • ゴールドクイーン
  • (牝2、栗東・坂口則厩舎)
  • 父:シニスターミニスター
  • 母:サザンギフト
  • 母父:タイキシャトル
  • 通算成績:2戦2勝

2連勝を飾ったゴールドクイーン
2連勝を飾ったゴールドクイーン

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。