競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【レパードS】2年目・木幡巧&ローズプリンスダムが嬉しい重賞初勝利!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 昨年の2歳主要レースは、藤沢厩舎の独壇場だった。阪神JFをソウルスターリング...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 <七つ下りの雨と四十男の道楽はやみそうでやまない>とはよく言ったもの。8日午...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年08月06日(日)更新

【レパードS】2年目・木幡巧&ローズプリンスダムが嬉しい重賞初勝利!

ニュース提供:競馬ラボ

ローズプリンスダム

8月6日(日)、2回新潟4日目11Rで第9回レパードステークス(G3)(ダ1800m)が行なわれ、木幡巧也騎手騎乗の11番人気・ローズプリンスダム(牡3、美浦・畠山吉厩舎)が優勝。中団の内目で脚を溜め、直線でスルスルと外に持ち出されると、先行勢をまとめて差し切った。勝ちタイムは1:52.9(良)。

1馬身1/4差の2着には好スタートからハナに立ち、粘り込んだ12番人気・サルサディオーネ(牝3、栗東・羽月厩舎)、3/4馬身差の3着には直線も厳しいマークにあって何とか割って伸びてきた1番人気・エピカリス(牡3、美浦・萩原厩舎)が続いて入線した。

勝ったローズプリンスダムの近親には3連勝して菊花賞に出走したトウカイメロディ、ヴィクトリアマイルに出走したトウカイオスカーなどがいる。手綱をとった木幡巧也騎手にとっては嬉しい重賞初勝利となった。
馬主は岡田牧雄氏、生産者は登別市のユートピア牧場。馬名の意味由来は「薔薇の王子の地位」。

レパードSの結果・払戻金はコチラ⇒

1着 ローズプリンスダム(木幡巧騎手)
「行ければ番手くらいに行こうと思っていましたが、行く馬も多そうだったのでムリはしないで運ぼうと思っていました。内々の良いところでジッとして、直線で良いところがあいたときに反応してくれました。手応えがグッと来る感じではありませんでしたが、今だと思って手綱を放したときにスッと動いてくれて、馬に助けてもらいました。外から差されるかと心配していましたが、逃げ馬を交わしたときに勝てるかと思いました。こちらの指示に反応してくれて、乗りやすかったです。自分自身初めての重賞勝ちで、夢みたいに嬉しいです。これをキッカケにもっと調子を上げていきたいです」

  • ローズプリンスダム
  • (牡3、美浦・畠山吉厩舎)
  • 父:ロージズインメイ
  • 母:クリスチャンパール
  • 母父:シンボリクリスエス
  • 通算成績:9戦4勝
  • 重賞勝利:
  • 17年レパードS(G3)

ローズプリンスダム
ローズプリンスダム

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。