競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 混戦オークスへ名乗り!和田竜二&モズカッチャンが3連勝「チャンスはある」
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 今週は、キタサンブラック対サトノダイヤモンドのトップ対決が行われる天皇賞...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

サムネ画像...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2017年04月23日(日)更新

混戦オークスへ名乗り!和田竜二&モズカッチャンが3連勝「チャンスはある」

ニュース提供:競馬ラボ

モズカッチャン

●4月23日(日) 2回東京2日11R 第52回フローラS(G2)(芝2000m)

5月21日(日)に行われるオークス(G1)へ3枚の切符をかけて行われた牝馬たちの争いは、12番人気の伏兵モズカッチャン(牝3、栗東・鮫島厩舎)が差し切り。波乱の結果となった。

「今日は枠が良かったですし、流れが遅くなるとは思っていたので、内々で決まるんじゃないかと思っていました。ゲートの不安があったのですが、理想的な位置をとれましたよ」

こう振り返ったのは和田竜二騎手。2コーナーの入りで窮屈になるところはあったものの、1番枠からスムーズなスタート。道中はスローペースを察知していた通り、中団のインでロスのない競馬に徹する。直線でジワジワと脚を伸ばすと、スペースを縫って進出。終わってみれば、ゴール前で前を行く2頭も交わし去り、波乱を演出した。

「瞬発力のある馬。間を割って来られたらと思っていたら、並んでからもうひと伸びしてくれましたよ。これで距離も大丈夫でしょう。スタートさえ決まれば、道中は自由自在ですからね」

鞍上は手応えを滲ませたが、このままG1へ参戦が実現すれば、和田騎手にとって3度目のオークス騎乗になる。「あまり乗ったことがないのですが(苦笑)、チャンスはあると思います」と約一ヶ月後に思いを馳せている様子だった。

一方の鮫島一歩調教師は「この前はハミを噛みましたし『次は距離も長くなるから、折り合いに気をつけよう』ということはジョッキーに伝えました。でも、道中で手綱がプランとするくらい、落ち着いて走っていましたね。最後の最後で権利を獲れたら、と思って観ていたら、差し切ってくれるとは」と驚きを隠せない様子だった。

さらに嬉しいことに、鮫島厩舎は抽選対象のマナローラを含ると、忘れな草賞を制したハローユニコーンと最多3頭出しの可能性も。厩舎初のG1制覇の手応えを問われると「やっぱり、そりゃあ獲りたいですよ(笑)」と色気タップリに語った。

かねてから「今年の3歳牝馬はハイレベル」という声は多かったが、桜花賞は1、2番人気が敗れ、一転して混戦ムード。樫は、今月だけで7勝と絶好調・鮫島厩舎の新鋭たちが注目を集めそうだ。

モズカッチャン
モズカッチャン
モズカッチャン
モズカッチャン

プレゼンターを務めたのは横山ルリカさん