競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 【ブリーダーズGC】ミルコ&ラビットランが豪快に突き抜けて重賞2勝目!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 築地市場のお盆休みは14日~16日。「頑鉄」の親爺もその期間の営業をどうする...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬ニュース

2018年08月16日(木)更新

【ブリーダーズGC】ミルコ&ラビットランが豪快に突き抜けて重賞2勝目!

ニュース提供:競馬ラボ

8月16日(木)、門別競馬場11Rで行われた交流重賞・第30回ブリーダーズゴールドカップ(Jpn3)(3歳上牝 別定 1着賞金3100万円 ダート2000m)は、M.デムーロ騎手騎乗の3番人気・ラビットラン(牝4、栗東・中竹厩舎)が優勝。プリンシアコメータが軽快な逃げを打って直線に入るが、道中4番手から4コーナーをうまく立ち回ったラビットランが瞬く間に前を捕らえて先頭。そのまま一気に突き抜けた。勝ちタイムは2:05.6(不良)。

2着に4馬身差で4番人気・プリンシアコメータ(牝5、美浦・矢野英厩舎)、3着には3馬身差で1番人気・クイーンマンボ(牝4、栗東・中竹厩舎)が続いて入線した。

勝ったラビットランは、昨年のローズS以来となる勝利で重賞2勝目。昨年夏の2勝目以降、芝を使われていたが、新馬戦はダートで7馬身差の圧勝。その血統背景からも元々はダートでの活躍を期待されていた。久しぶりのダート戦となった前走のスパーキングLCは3着と敗れたが、このレースではデビュー2戦目以来の騎乗となったM.デムーロ騎手が絶妙の立ち回りを見せて直線は独走。楽しみな馬が復活の狼煙を上げた。
馬主は吉田和子氏、生産者は米のAlexanderGrovesMatz,LLC

【M.デムーロ騎手のコメント】
「やっと門別で勝てました(笑)。馬がいい状態でスタートも良くて、馬なりで伸びてくれた。この状態ならJBCでもチャンスがある。多くのお客さんに応援してもらって嬉しいです」

  • ラビットラン
  • (牝4、栗東・中竹厩舎)
  • 父:Tapit
  • 母:Amelia
  • 母父:Dixieland Band
  • 通算成績:12戦4勝
  • 重賞勝利:
  • 18年ブリーダーズGC(Jpn3)
  • 17年ローズS(G2)

※こちらに掲載されている情報、結果は主催者発表のものと必ずご確認・ご照合ください。