競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 順延明けの馬場はどうなっている?【今週末の馬場傾向予測】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 動画で学べばもっと ためになる!予想が楽しくなる! ▼東海Sの血統ポ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 有馬記念の翌26日に「頑鉄」の親爺から電話が入った。 「どうだった?」...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2017年01月21日(土)更新

順延明けの馬場はどうなっている?【今週末の馬場傾向予測】


【中山芝】


■芝の状態マズマズも外に広がる競馬に。内外互角・やや差し有利


《Cコースの3週目(6・7日目)》

先週は京都・中京の土曜日の開催が雪で中止になったのに対して、中山だけは土日とも晴れて通常通り開催が行われた。先週は火曜日から雨が降っておらず、土日ともよく晴れて良で競馬が行われた。時計は土日とも0.4秒前後遅かった。

今週の中間も雨が降らず、これで11日間雨が降っていない。月曜に一度散水しただけだが、気温が低いので路盤が乾きすぎる心配はない。金曜の夕方から土曜の朝にかけて多少雪または雨が降る可能性があるものの、開催が始まる前に晴れそう。朝の最低気温も氷点下になりそうもないので、普通に乾いた良馬場で競馬できるハズ。先週より含水量は少なそうだし、全体やや締まって0.2秒前後速い時計を想定する。

現在の芝は低温で芝自体が弱っていて、3~4コーナーの内めがやや傷んできつつあるのに加え、外側に行けば芝がバージンに近づくので、直線では外に持ち出す競馬になり、追い比べで多少外有利になる。内外互角、やや差し有利。



【中山ダート】


■乾き気味の力の要るダート。やや外有利、やや先行有利、スタミナ・パワー重視


ダートは先週から凍結防止剤をまいた。先週は月曜日に11ミリ降って、その後4日間晴れが続いたが、土曜の馬場発表は稍重で、0.6秒速い時計だった。日曜日には良になり、0.2秒遅い時計になった。今冬初の凍結防止剤入りのダートということで、もう少し遅くなるかと思ったが、意外と速めの時計になった。

先週以降雨が降っていない。ダートは乾き気味のハズだし、凍結防止剤入りのダートは、入れた翌週あたりに時計が遅くなることが多い。0.5秒前後遅い時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。通常よりスタミナ・パワー重視で。



【京都芝】


■真冬の軟らかめな芝。やや先行有利、やや内有利


《Aコースの3週目(6・7日目)》

先週は1週間雨が降らずに週末を迎えた。土曜日は晴れ・良だが時計はかかり気味で、1.5秒前後遅かった。これは朝の最底気温が氷点下になって芝に霜が降り、昼にそれが解けて良ながら稍重に近い状態になっていたためと推察する。

日曜は雪のため火曜に開催順延したが、先週火曜日の段階ではもうほとんど雪は残ってなかったし、雪が寄せてある様子もなかった。たぶん雪かきせず自然に雪が芝の上で溶けるままに任せたのだと思う。火曜日は朝からずっと稍重で、やはり1.5秒前後遅かった。

今週は金曜の夜から朝にかけて雪が降る可能性がある。その先、とくに日曜日の天気が流動的だが、ここでは土日とも晴れて良で競馬できるものと想定する。JRA-HPの「馬場情報」によると「「3~4コーナーを中心にコース全体の内柵沿いに傷みが見られます」とある。実際にはそこまで内側の芝は傷んでない感じだが、これだけ気温が下がると野芝も洋芝も弱るし、路盤から水分も出て行かない。芝は先週同様やや軟らかめだろう。土日とも1秒前後遅い時計を想定する。やや先行有利、やや内有利。




【京都ダート】


■凍結防止剤入りで多少力の要るダート。内外互角、やや先行有利


先週は1週間雨が降らずに週末を迎えたが、土曜日は早朝に小雪が降り、その後晴れたり曇ったりで、馬場発表は1日中稍重だった。時計は0.2秒前後遅かった。日曜に1ミリ、月曜に2.5ミリ降って、火曜の代替開催は1日中重になった。時計は0.7秒前後速かった。

(通常なら1.5秒前後速いくらいの時計になるべきところ、凍結防止剤が入ることで0.8秒くらい遅くなったものと考えられる)。

今週は火曜日以降雨・雪は降ってない。金曜日正午の馬場発表は「稍重」だったが、先週より気温が高いので今週の土日は朝から良で競馬できると思う。凍結防止剤入りダートの2週目なので、少し時計がかかり気味になるはずで、土日とも0.6秒前後遅い時計を想定する。やや先行有利、内外互角。通常よりスタミナ・パワー重視で。




【中京芝】


■芝の状態悪くないが真冬の軟らかめの芝。内外互角、先行差し互角


《Bコースの2週目(3・4日目)》

土曜日は1日中雪だったが、芝のレースが行われている時間は雪が比較的小やみになることが多かった。土曜の時計は0.5秒前後遅かった。日曜は雪で月曜に競馬が順延になった。

月曜は晴れたが、5・7Rが重、11・12Rが稍重になり、0.2秒前後速かった。ただし土・月とも芝のレース数が少ない上にゴール前が強めの向かい風になっていて、時計の評価はあまり信頼できない。

今週は月曜日以降雨・雪は降っていない。まだ日曜日の天気がどうなるか流動的な部分があると思うが、ここでは大方の予報通り土日とも晴れで良になると想定する。芝は少なくとも先週よりは乾くので、土日とも0.3秒前後速い時計を想定する。先週の月曜日の競馬を見る限り、雪かき後である割には芝はまだそれほど傷んでないように見えた。今週も内外互角、先行差し互角。




【中京ダート】


■凍凍結防止剤入りの力の要るダート、先行有利、やや外有利、スタミナ・パワー重視


先週の土曜は芝のレースのときは雪が小やみしたが、ダートのレースのときにはかなり降っていた。1日の降水量にして3.5ミリだったらしいが、レース映像からは数字以上に降っていた印象だ。

1・2Rは良発表で、それ以降稍重になった。0.3秒前後遅い時計だった。日曜の開催は雪で中止になった。代替開催の月曜は朝から晴れ。6Rまでが重、8R以降が稍重になった。やはり0.3秒前後遅い時計になった。凍結防止剤が入っていたのと同時に、土・月とも中京は強い西風が吹いていて、それも時計の遅さに影響していた。

月曜日以降は雨・雪とも降ってない。まだ日曜日の天気がどうなるか流動的な部分があると思うが、ここでは土日とも晴れで良になると想定する。おそらく先週の雪で凍結防止剤が多めに流れたという判断で、中京だけは金曜日に凍結防止剤をまき直した。

土曜日は気温が比較的高いが、日曜の朝は氷点下になる見込みなので、土日にかけてまたハロー車を夜中走らせることになると思う。そうなると凍結防止剤がよく混じるので、土曜よりも日曜のほうが時計がかかるようになると思う。土曜は0.5秒前後遅く、日曜は1秒前後遅い時計を想定する。先行有利、やや外有利、通常よりスタミナ・パワー重視で。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。