競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 最終週でも内目は生きている【今週の馬場傾向予測】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 今週は、キタサンブラック対サトノダイヤモンドのトップ対決が行われる天皇賞...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

サムネ画像...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2017年04月15日(土)更新

最終週でも内目は生きている【今週の馬場傾向予測】


【中山芝】


■時計勝負可能な乾いた芝。内外互角、先行差し互角、内めの先行・差し馬が穴


《Bコース3週目&春の中山ラスト》

先週は金曜日に4.5ミリ、土曜日に14ミリ、日曜日に14ミリ雨が降った。それによって土曜日は一日中稍重、日曜日は一日中重になった。中山の芝が重になるのはなんと3年ぶり。それによって土曜日は1.5秒前後遅く、日曜日は.3.6秒前後遅くなった。

中山の春開催は今週で最後。中央4場でいちばん早くノルマを終えて、秋へ向けて休養入りする。今週はBコース3週目で、しかも先週は重の競馬だったが、4週前まで使われていたAコースに比べるとBコースはまだそれほど傷んでない。中山のBコースの使用時期は秋しょっぱなと、芝に活力が出てきた春で、どちらも芝が丈夫な時期なので、過酷なスケジュールに見えて見た目ほどは傷んでいないことが多い。

今週の中間は火曜日に42.5ミリ降ったが、芝コースの中間の雨は水はけが早いので雨量が多くてもあまり気にする必要がない。水曜日以降はずっと晴れが続いているし、気温も十分高いので芝に余計な含水はないはず。土曜日に散水する可能性もある。

先週あれだけ雨量があり、しかもラスマイ週だったにもかかわらず、内の馬が意外と伸びていた。さすがに直線は外に出す競馬になることが多かったが、外ばかり伸びる芝にはなっていなかった。

冬の競馬でAコースの傷みは激しかったものの、もともと芝の状態がよかったのがBコースになって改めて前面に出てきた感じだ。今週は土日ともよく晴れて馬場状態は良を想定する。0.2秒前後速い時計を想定する。内外互角、先行差し互角だが、内めの先行・差し馬が穴になるはず。


今週のG1は皐月賞。中山芝2000は内外互角、やや差し有利。だが現在の芝状態は内めが悪くない。中山の芝のG1はたいてい内を突いた馬が穴になっているが、今回もそのパターンで買うのがいいと思う。

ファンディーナの前走は先行して直線突き離す一方の競馬で非常に強かった(相手は弱かったが…)。スピードで勝るので今回も控える競馬は多分できない。目標にされて勝つにはワンランク上の能力が必要だが、ソウルスターリングのような美形ではないからこそ、ここで買っておくのが正解のような気もする。

相手はカデナ、ペルシアンナイト、スワーヴリチャード、レイテオロ、サトノアレス、ウインブライト、マイスタイル、クリンチャー…等。



【中山ダート】


■多少含水ある標準的なダート。内外互角、やや先行有利


先週は金曜日に4.5ミリ、土曜日に14ミリ、日曜日に14ミリ雨が降った。すでに土曜の1Rめからダートには水たまりができていて、土日ともずっと不良でレースが行われた。土日とも2秒前後速い時計だった。

中間は火曜日に42.5ミリ降った。その後は晴れているが、火曜日の降水がまだ残って金曜日正午の発表は稍重だった。これは土曜中には良に回復するはず。土曜は0.3秒前後速い時計を想定する。日曜は少し乾いて0.2秒前後速い時計を想定する。やや先行有利、内外互角。



【阪神芝】


■状態上々で締まった速い芝。内外互角、先行差し互角


《Bコース3週目&春の阪神ラスト》

このところ週末になるとぐずついた天気になることが多かった印象だが、阪神の雨の降り方は中山と比べるとかなり控えめだった。先週は木曜日に2ミリ、金曜日に10ミリ、土曜日に8.5ミリ、日曜日に0.5ミリ降った。土曜日は1日中重で1.2秒前後遅かった。日曜日は開催前に雨が上がり、4・7Rだけ重で、それ以降稍重に回復した。時計は土曜日とあまり変わらず1.2秒前後遅かった。

今週は火曜日に4.5ミリ降ったが、雨量的には散水1回分と同程度。その後気温が上がり、よく晴れている。週末の芝は乾き気味の良を想定する。雨の競馬だった先週のダメージは意外と小さそうだし、乾けばまた速い芝に戻るはず。0.2秒前後速い~タイム差なしの時計を想定する。内外互角。




【阪神ダート】


■標準的な良のダート。先行差し互角、やや外有利


先週は先週は木曜日に2ミリ、金曜日に10ミリ、土曜日に8.5ミリ、日曜日に0.5ミリ降った。土曜日は朝から馬場には水たまりができていて1日中不良だった。日曜日は6Rまで不良で、8・12Rは重で行われた。時計は土日ともで1.2秒前後遅かった。

今週の中間は火曜日に4.5ミリ降り、金曜日正午の馬場発表は稍重だが、土日雨の心配はほとんどなく、土曜は朝から良になるのではないか。土日ともタイム差なし前後の時計を想定する。先行差し互角、やや外有利。



【福島芝】


■切れ味の効く馬場で先行差し互角、やや内有利


《Aコース2週目》

福島には真冬の開催がない代り、雨が多い4、7、11月に開催がある。開催日数が少ないこともあり、開催が雨に当たるかどうかで極端に時計が変わる。恵まれて雨に当たらないとやたら速くなることもある。先週は他場が雨の競馬になったのに対して福島だけは雨が降らなかった。時計も土日とも0.5秒前後速く、新潟並みの時計になった。

今週は火曜日に20ミリ降り、水曜日に0.5ミリ降ったが、その後は晴れている。他場同様土日も晴れ、良で競馬できるはず。1回使われて路盤の軟らかさが表に出てきそうで、先週よりは多少時計をかかり気味と見積もって、タイム差なし~0.5秒前後遅い時計を想定する。切れ味の効く馬場で先行差し互角、やや内有利。




【福島ダート】


■標準的な良のダート。先行差し互角、内外互角


先週は10日くらい雨が降らない状態で行われ、ダートは乾いて時計がかかった。土日とも0.7秒前後遅かった。

今週は今週は火曜日に20ミリ降り、水曜日に0.5ミリ降ったが、その後は晴れている。他場同様土日も晴れ、良で競馬できそう。だとしても先週よりは含水高めなはずで、タイム差なし~0.2秒前後速い時計を想定する。先行差し互角、内外互角。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。