競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 天候に恵まれコンディション良好!中京は超高速馬場の可能性も【今週末の馬場傾向予測】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 今週は、キタサンブラック対サトノダイヤモンドのトップ対決が行われる天皇賞...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

サムネ画像...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2017年03月11日(土)更新

天候に恵まれコンディション良好!中京は超高速馬場の可能性も【今週末の馬場傾向予測】


【中山芝】


■3週目だが芝の状態上々。やや内有利、先行差し互角


《Aコース3週目》

先週は水曜日に3ミリ、木曜日に12ミリ降った、だが金曜日からほぼ晴れて、土曜日は朝から良になった。土曜日の9・10R、日曜日の11R(弥生賞)がスローペース相当だったことを考慮に入れて、土日ともほぼタイム差なし前後の時計だった。

今週は月曜日に2.5ミリ、火曜日に1.5ミリ降り、木曜日に芝に散水している。金曜日から気温が一段と上がったので芝が乾きやすくなっているはず。天候に恵まれて芝の傷みが進まず、今週末も晴れが見込めることから、先週並の時計になると期待できる。土日とも0.2秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、先行差し互角。



【中山ダート】


■乾き気味で多少力の要るダート。やや外有利、やや先行有利


先週は水曜日に3ミリ、木曜日に12ミリ降った。土日はほぼ晴れていたが、土曜日は1日中稍重、日曜日は午前中のレース(3Rまで)は稍重で、午後のレースから良になった。土曜日は0.4秒前後速く、日曜日はタイム差なし前後の時計だった。

今週は月曜日に2.5ミリ、火曜日に1.5ミリ降った。先週までは“三寒四温”だったが、今週から気温が一段と上がり、春の領域に入った様子。先週までのような生乾きのダートではなく、ある程度乾いたダートが出現しそう。土日とも0.3秒前後遅い前後の時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



【阪神芝】


■切れ味が生きる馬場で先行差し互角、内有利


《Aコース3週目》

先週は木曜日に1ミリ降ったが、その後はよく晴れた。気温も関東より一足先に高くなっていたので、乾いた良になり速い時計になった。土曜日が0.3秒前後速く、日曜日は0.5秒前後速かった。
日曜日の5R未勝利戦の時計を額面通り受け止めるともっと速くなるが、これは勝ち馬(アドミラブル)が古馬1600万並の破格の時計で2着を0.4秒、3着を1.3秒も突き離したレースなので、その分を差し引いてこれくらいかと考える。先々週の時計がやや遅かったのは芝の根付きがどうこうではなく、やはり含水多目だったせいで、乾けばかなり速い時計が出る馬場のようだ。

先週の金曜日以降雨が降っていない。他の2場より気温が低そうだが、週末は晴れて芝は少なくとも先週並に乾いているはず。土日とも良で0.6秒前後速い時計を想定する。路盤が締まって切れ味が生きる馬場で先行差し互角、内有利。




【阪神ダート】


■乾いてやや力の要るダート。やや内有利、逃げ・先行有利


先週は木曜日に1ミリ降ったが、その後はよく晴れた。土日とも良になり、砂が乾いてタイム差なし前後の時計になった。ここ1年の阪神の中でははかなり時計がかかる馬場だったといえる。ちなみに阪神は真冬の開催がなく、凍結防止剤を使う機会がないせいで、極端に時計がかかる馬場になることが少ない。

先週の金曜日以降雨が降っていない。週末は晴れて先週並に乾いた良のダートになりそう。タイム差なし前後の時計を想定する。先週の競馬を見ると逃げ馬の活躍が目立ち、差し馬が伸びていない。やや内有利、逃げ・先行有利。




【中京芝】


■目いっぱい速い芝。やや先行有利、逃げ馬注意、やや内有利


《Aコース1週目》

中京の芝は昨年春とそれ以前とでがらりと性格を変えた。それまで洋芝と野芝の混生馬場のようになっていたのを、春に洋芝を除いていったん野芝だけにして、その後あらためて洋芝をオーバーシードする基本のやり方に戻したことによって、ベースの野芝の密度が大きく上がったためだ。

また2013年の新中京オープンから3年かかって路盤の土が練れてきて多少締まりやすくなった影響もあると思う。

昨年夏以降の中京は3回中京で不良になったのが1週(Aコース使用)、今年の1回中京で重になったことが1週(Bコース使用)だけで、それらを除けばほとんど良で、例年に比べると相当天候に恵まれた。中京のようにA・Bコースしかない芝コースの場合、Aコースのほうがやや芝がよくなるので、グリーンベルトとまではいかないが、今開催はやや内有利の傾向が出そうだ。

ここ10日くらい雨が降っていない。その分マメに散水しているが、週末もよく晴れそうで、芝は乾き気味の良になるはず。まず今の芝と昨年春以前の芝では1~1.5秒くらい違うということが前提。さらに春の開幕週ということで0.5秒上積みする。それによって1.5秒~2秒前後速いという想定になる。

要するに昨年の夏の芝とだいたい同じくらいの速さになると考えているわけだ。やや先行有利、逃げ馬注意、やや内有利。




【中京ダート】


■乾き気味だが標準的な速さのダート、内外互角、先行差し互角


ここ10日くらい雨が降っていない。気温も上がっているので乾き気味のダートになると想定する。ただし前開催では凍結防止剤を使用していたので、それよりは速い時計になる可能性が大きい。タイム差なし前後の時計を想定する。内外互角、先行差し互角。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。