競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 1週目が終わっての傾向振り返り【今週末の馬場傾向予測】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 雨が降りそうなのは土曜の新潟。低気圧の通り道になるため土曜の午前中は雨になる...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「ったく。山の日なんて休日ができたおかげで、11日の金曜日が休みになって、そ...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2017年03月04日(土)更新

1週目が終わっての傾向振り返り【今週末の馬場傾向予測】


【中山芝】


■2週目だが芝の状態上々。やや内有利、やや差し有利


《Aコース2週目》

先週は木曜日に1.5ミリ降っただけで、土日ともよく晴れ、芝はかなり乾いていた。開催初日で芝の状態もよい良条件なら、もっと速くなって不思議ではないところ、中間にエアレーション操作をやった効果で、時計はそれほど速くならず、土日ともタイム差なし前後の時計だった。

今週は水曜日に3ミリ、木曜日に12ミリ降った、だが金曜日からずっとよく晴れているし、土曜の芝レースは5レースからなので、土曜は最初から良と想定していいはず。もともとの芝がしっかりしているので先週の競馬のダメージは少なく、2週目でも先週とほぼ同様の時計が期待できる。土日とも0.2秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。



【中山ダート】


■■ある程度含水を残した標準的なダート。やや外有利、やや先行有利


先週は木曜日に1.5ミリ降り、土曜は曇り→晴れで一日中稍重だった。日曜は朝から良になった。時計は土日ともタイム差なし前後だった。

今週は水曜日に3ミリ、木曜日に12ミリ降った。土日はほぼ晴れと見てよさそう。先週同様土曜日は稍重スタートで、午後に良に回復すると見込む。ある程度含水を残したダートで、土日ともタイム差なし~0.2秒遅い前後の時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



【阪神芝】


■洋芝多めの芝で時計がかかり気味。やや先行有利、内有利


《Aコース2週目》

阪神は中山より5回阪神→1回阪神の間のインターバルが長い分、洋芝が長く伸びているが、ベースの野芝の密度は中山ほど密ではない様子。

先週は水曜日に1.5ミリ、木曜日に27.5ミリ降った。だが土・日は朝からよく晴れて、両日とも1日中良になった。時計は土曜日が0.3秒前後遅く、日曜日は0.8秒前後遅かった。もう少し速くなるかと思ったが、やや含水多めだったこともあり、意外に時計がかかった。

今週は木曜日に1ミリ降っただけ。土日は晴れて、良になると想定する。先週より芝が乾いている分、多少速さは持ち直すだろう。タイム差なし前後の時計を想定する。やや先行有利、内有利。




【阪神ダート】


■良でもやや軽めなダート。やや内有利、やや先行有利


先週は水曜から木曜にかけて29ミリ雨が降った。週末は晴れたものの土曜は重スタートになり、昼以降は稍重になった。0.5秒前後速い時計だった。日曜日は稍重スタートで、10Rと12Rだけ良になった。3・7・10Rがスローペースだったのを考慮して、0.3秒前後速い時計だったと考える。

今週は木曜日に0.1ミリ降ったが、週末は晴れそうだし、中間の降水の影響はほとんどないだろう。土日とも良になると想定する。土日とも0.2秒前後速い時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。




【小倉芝】


■やや内傷みの芝で外差しへの警戒必要。やや外有利、先行差し互角


《Bコース2週目で1回小倉最終週》

先週は水曜日夜から木曜朝にかけて23ミリ雨が降ったが、週末は晴れ、土曜は朝から良になった。ただし実際には多少含水量多目の良だったようで、土曜は0.6秒前後遅く、日曜は1秒前後遅い時計になった。

ただし含水量だけの問題ではなく、芝のレースが多い分見た目以上にダメージが蓄積している様子。先週は時計が遅かっただけでなく、大きめの馬番の馬が外を回って差す競馬も目立っていた。

今週は木曜日に4ミリ、金曜日に0.5ミリ降った。金曜の時点ですでに芝の馬場発表は『良』で、土日とも晴れの予報なので、芝は良を想定する。芝の傷みが多少上積みしたとしても先週より乾いているはずなので、ほぼ先週なみの0.8~1秒前後遅い時計を想定する。




【小倉ダート】


■表面は乾いているが含水の残るダート。逃げ・先行有利、内外互角


先週は水曜日夜から木曜朝にかけて23ミリ雨が降った。土曜日は1日中重で0.4秒前後速かった。日曜は1日中稍重でほぼタイム差なしだった。日曜になっても良に回復しなかったのは、小倉はダート戦が少ないのでハローをかける回数が少なく、その分砂の乾きが悪いからかもしれない。また水・木の雨で凍結防止剤はほぼ流れたものと考えたが、重でこの時計なのは、先週の時点でまだ凍結防止剤の影響が多少残っていた可能性はある。

今週は木曜日から金曜にかけて4.5ミリ降った。金曜日夜時点ですでに『良』で、土曜日は朝から良になるはず。ただしやや含水ある良と判断して、土曜は0.2秒前後速い時計、日曜はタイム差なし前後の時計を想定する。逃げ・先行有利、内外互角。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。