close

競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 見た目ほど悪くない可能性もある馬場状態
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【必見】GIウィーク攻略法

サムネ画像上位拮抗の桜花賞1強ムードの皐月賞いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、...
続きを読む

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回取り上げた三浦騎手は、先週も3勝。依然として関東リーディングの座を守...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2019年03月16日(土)更新

見た目ほど悪くない可能性もある馬場状態

気圧の谷が上空にあり、複数の低気圧に囲まれて全国的に不安定な天気。土曜の阪神は開催前に雨が降ったが、その後は晴れそう。中京はおおむね晴れ、中山はおおむね曇りで、いずれも雨は降らなさそう。阪神と中京は風が強いかも。

日曜の中山は晴れそうだが、中京と阪神は昼に小雨が降る可能性がある。3場とも風が強くなる時間帯がありそう。


【中山芝】


■野芝の地下茎が多少元気になっている印象、内外互角、先行差し互角


《Aコース4週目》

先週の中間は雨が降ったり止んだりで、木曜には21.5ミリ降った。土曜は晴れ、日曜は曇りだった(日曜の開催終了後に雨が降った)。土・日ともほぼタイム差なし前後の時計だった。

芝コースの内の白い部分が広がっている。表面の洋芝が消えているだけでなく、先々週の競馬で野芝部分もある程度傷んだのではないかと思ったが、先週の競馬を見る限りまだ内もそれほど遜色ない印象。とくに直線は全体に傷みが分散しているので、内の前めを走った馬がもうひと粘りできる感じだ。しかも最近は気温が高い。野芝の芽出しはまだ先だが、それでも地下茎の元気度は増している。洋芝の禿げはそれほど気にしないほうがいいハズ。

今週は週アタマの土・日に33ミリ降った。その後晴れが続いて十分水はけし、金曜の時点では先週より含水が低い。土曜の朝は曇っているが、このまま雨が降らずに競馬できると考えて良を想定し、0.2秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れの良を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。日曜はゴール前で追い風が強いかも。内外互角、先行差し互角。



【中山ダート】


■乾き気味の標準的なダート、内外互角、やや先行有利


先週の中間はずっと雨が降ったり止んだりだった。水曜から木曜にかけて24ミリ降った雨が残り、土曜は4Rまで重、それ以降が稍重だった。土曜は0.5秒前後速い時計だった。日曜は3Rまで稍重でそれ以降は良だった。土曜は0.2秒前後速い時計だった。

今週は週アタマに33ミリ降ったが、それ以降晴れで気温が高かったので、砂はかなり乾いているハズ。金曜から土曜の朝にかけても雨が降らなかったので、土・日ともこのまま乾き気味の良で競馬できると考える。タイム差なし前後の時計を想定する。とくに日曜はゴール前で追い風が強いかも。内外互角、やや先行有利。



【阪神芝】


芝の状態上々もやや含水多め、内外互角、先行差し互角


《Aコース4週目》

先週は月曜に11ミリ、水曜に3.5ミリ、木曜に1ミリ降った。はっきりしない天気ではあったが雨量自体は少なかった。土曜は晴れの良で0.3秒前後遅かった。日曜は朝から小雨が降り、メーンレース前後に多少雨足が強くなったが、開催中に降った雨量は3ミリ程度だったようだ。日曜は9Rまで良、11Rだけ稍重になった。0.3秒前後遅い時計だった。

先週の阪神は風がやや強かった。ただし風向きは土曜が南西の風、日曜が東北東の風で、日曜のほうが速くなりやすい状況だった。馬場だけならやや日曜のほうが遅い状態だったのかも。ただし日曜に稍重で競馬した影響はそれほど考えなくてよさそう。

今週の中間は水曜に1.5ミリ降っただけ。だが土曜の朝方に強めの通り雨があった。開催が始まる前に止むと考えて、土曜は稍重→良という推移を想定し、0.5秒前後遅い時計を想定する。日曜は晴れの良を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。土・日ともゴール前で向かい風が強い可能性がある。内外互角、先行差し互角。




【阪神ダート】


■水はけ悪く、やや時計のかかるダート、やや内有利、やや先行有利


先週は月曜に11ミリ、水曜に3.5ミリ、木曜に1ミリ降った。土曜は晴れの稍重で0.2秒前後遅かった。日曜は一日中小雨が降っている状況で、馬場は稍重のまま変わらず。かなりレベルが低かった様子の1Rの3歳牝馬未勝利戦の数字を無視して、0.2秒前後遅い時計だったと考える。

今週の中間は水曜に1.5ミリ降っただけ。だが土曜の朝方に強めの通り雨があった。土曜は稍重を想定し、0.5秒前後速い時計を想定する。やや水はけ悪くなっている様子なので、日曜も稍重を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。土・日ともゴール前で向かい風が強い可能性がある。内外互角、先行差し互角。



【中京芝】


■思った以上に内の状態が良さそう、やや内有利、先行差し互角


《Aコース2週目》

先週は月曜に8ミリ、水曜に7.5ミリ、木曜に1ミリ雨が降った。土曜は晴れ、やや含水高めの良でタイム差なし前後の時計だった。日曜は朝のうち小雨で、午後からやや雨足が強くなった。ただし開催中の降水は4ミリ程度か。日曜は1秒前後遅い時計だった。

日曜は含水多めだったが、思ったほどの悪化はなかった様子だ。先週も指摘したように、今の馬場は内のほうがよさそうだ。

今週は週アタマに36ミリほど降った。金曜の夜から土曜朝にかけての降水はなかったが、中間の含水がまだ多少残っていて、開催前の馬場発表は稍重だった。このまま晴れると考えて、2Rめの未勝利戦のみ稍重で、午後は良になると想定する。0.3秒前後遅い時計を想定する。土曜の中京はゴール前で向かい風がやや強いかもしれない。

日曜も開催中に多少雨が降る可能性はあるが、雨量は少な目と考えて、良を想定し、同じく0.3秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、先行差し互角。



【中京ダート】


■やや含水多めでやや速いダート、やや先行有利、やや内有利


先週は月曜に8ミリ、水曜に7.5ミリ、木曜に1ミリ雨が降った。土曜は4Rまで稍重で、それ以降良になった。0.2秒前後遅い時計だった。日曜は3R頃から小雨が降り始め、午後に少し雨足が強くなった。朝のうちは良で、7R以降が稍重になった。0.3秒以上速い時計だった。

今週は週アタマに36ミリほど降った。金曜の夜から土曜朝にかけての降水はなかった。稍重→良という推移を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。土曜の中京はゴール前で向かい風がやや強いかもしれない。

日曜も開催中に多少雨が降る可能性があり、土曜とほぼ同じ状態が維持されそう。良を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。やや先行有利、やや内有利。



城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN