競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 雨降れば急変も。土日の馬場差に注意
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【夏競馬】儲ける回収率向上作戦

サムネ画像今年もやってきました!ツウなら絶対に見逃せない夏競馬!今年は、降級制度の廃止もあ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  4月の飲み会ではお嬢達が来る前に馬券検討。「皐月賞」に続き「天皇賞」を...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のヴィクトリアマイルはルメール騎手の代打としてノームコアに騎乗したレ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2019年03月09日(土)更新

雨降れば急変も。土日の馬場差に注意

土曜は高気圧に覆われて3場ともおおむね晴れそう。日曜は高気圧が東に遠ざかり、西から低気圧が近づくため、西の場から先に天気が崩れる。阪神と中京は雨になりそう。中山の天気はどうにか保つと考える。


【中山芝】


■先週の重の競馬で内の傷みが進んだ+今週もやや含水多め。内外互角、先行差し互角


《Aコース3週目》

先週は水曜から金曜にかけて24.5ミリ降った。土曜は晴れ、良で0.5秒前後速かった。日曜は朝から雨が降り、芝は5・6Rが稍重、それ以降は重になった。時計は2.2秒前後遅かった。

先週は中間の雨で路盤が緩んでいたことに加え、日曜が一日中雨の競馬になったため、時計がいきなり遅くなった。今の馬場は軟らかい分、降雨に敏感になっている。

芝コースの内が白くなっているのは、先週までは洋芝が禿げただけ、といえたが、先週の重の競馬を経由したことで、野芝の地下茎にもそれなりの傷みが出てきたのではないかと思う。

今週の中間は雨が降ったり止んだりで、木曜には21.5ミリ降った。当初の含水率は先週の土曜と同程度で、多少傷みが上積みすると考える。土曜は晴れで、かつ南南西の風(ゴール前で追い風)が強そう。土曜は良で0.3秒前後速いと想定する。日曜は曇りでタイム差なし前後の時計を想定する。内外互角、先行差し互角。



【中山ダート】


■含水多めで、脚抜きのいい速いダート、やや外有利、やや先行有利


先週は水曜から金曜にかけて24.5ミリ降った。土曜は稍重で0.8秒前後速かった。日曜は一日中雨で、馬場は1~4Rが稍重、それ以降が重になり、0.4秒前後速かった。

今週の中間はずっと雨が降ったり止んだりだった。2週続けての雨ですっかり凍結防止剤は流れたハズ。土・日の雨はなさそう。とくに土曜は南南西の風(ゴール前で追い風)が強そう。土曜は重→稍重という推移を想定し、1.3秒前後速い時計を想定する。日曜は稍重→良という推移を想定し、0.8秒前後速い時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



【阪神芝】


■コンディションのいい芝、やや内有利、やや先行有利(土)→重い芝、内外互角、先行差し互角(日)


《Aコース3週目》


先週は木曜に8ミリ降った。土曜は晴れの良で0.1秒前後遅かった。日曜はメーンレース前後に小雨が降ったが、馬場発表は良のまま0.5秒前後速かった。

先々週と同じように土曜より日曜のほうが速くなった。風のせい、と言いたいところだが、ダートでは逆の傾向が出ている。もっとも今の時期の阪神は芝のレース数が少なく、それほどあてにできる数字ではない。ただし芝の見た目は非常に良い感じ。内めも芝禿げなく、馬群も内めから離れていない。

今週は月曜に11ミリ、水曜に3.5ミリ、木曜に1ミリ降った。はっきりしない天気ではあったが雨量自体は少なかった。土曜は晴れ、良を想定し、0.2秒前後速い時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。

日曜は低気圧の接近とともに朝から降り始め、午後には本降りになりそう。重~不良を想定する。1.5秒前後遅い時計を想定する。内外互角、先行差し互角。




【阪神ダート】


■やや含水多めの良で内外互角、先行差し互角(土)→底付きする速いダート、やや内有利、やや先行有利


先週は木曜に8ミリ降った。土曜は晴れたが馬場発表は稍重でタイム差なしだった。日曜も稍重で、時計は0.5秒前後遅くなった。

今週は月曜に11ミリ、水曜に3.5ミリ、木曜に1ミリ降った。土曜は晴れ、良を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。内外互角、先行差し互角。

日曜は朝から雨が降りそう。重~不良を想定し、2秒前後速い時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。



【中京芝】


■Aコース戻しでグリーンベルト開催に近い状態、やや内有利、やや先行有利(土)→重い芝、内外互角、やや先行有利(日)


《Aコース1週目》

中京は12月と1月と3月に3週ずつ開催がある。この時期は野芝が休眠しているため、芝が非常に傷みやすい。また12・1月の開催で傷んだ野芝の状態が3月(現在)までに戻ることはない。

1回中京終了後に洋芝を追い蒔きし、シート養生して育てた。そのため一見きれいに芝が生えているように見えるが、発芽してから数週間しか経っていない“もやし”状態の洋芝が表面を覆っているだけなので、馬に踏まれればあっという間に禿げてしまうし、馬場のクッション性などにはほとんど貢献していない。

ただし12月の開催はAコースで行われ、1月の開催はBコースで行われた。気温の低い1月の開催のほうがより芝は傷みやすい上に、Aコースには1カ月間余分に芝をメンテする時間的余裕があった。したがって土曜に限れば内のほうが芝がややよさそうだ。

今週は月曜に8ミリ、水曜に7.5ミリ、木曜に1ミリ雨が降った。土曜は晴れ、やや含水高めの良を想定し、0.5秒前後速い時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。

日曜は朝から雨で、早めに重以上になると想定し、1.5秒以上遅い時計を想定する。雨量によってはもっと遅くなるかも。内外互角、やや先行有利。



【中京ダート】


■やや含水多めな標準的なダート、やや先行有利、内外互角(土)→底付きする速いダート、先行差し互角、内外互角(日)


中京は1月24日に凍結防止剤をまいている。この時にまいた凍結防止剤が砂の中にどれくらい残っているかが問題になるが、その後何回かまとまった雨が降っているので、砂の中の凍結防止剤はほぼ流れてしまったものと考える。

今週は月曜に8ミリ、水曜に7.5ミリ、木曜に1ミリ雨が降った。土曜は晴れ、稍重→良という推移を想定し、0.4秒前後速い時計を想定する。やや先行有利、内外互角。

日曜は朝から雨を想定。底付きする重~不良を想定し、1秒以上速い時計を想定する。先行差し互角、内外互角。



城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN