競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 早くも馬場の見た目が傷んできた雰囲気だが?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2018年10月20日(土)更新

早くも馬場の見た目が傷んできた雰囲気だが?

寒気を伴った気圧の谷の通過とともに土曜の新潟は一日中雨になり、それなりの降水量がありそう。日曜は晴れそう。京都と東京は高気圧に覆われて土・日とも晴れが見込める。3場とも風はあまり強くないハズ。


【東京芝】


■乾いた芝も、軟らかめのセッティングで差しが効く状態、先行差し互角、やや内有利


《Aコース3週目》

先週は木曜に1ミリ、金曜に0.5ミリ降り、土曜の馬場発表は一日中良だった。日曜は朝がたに12.5ミリ降り、1~8Rまで稍重で、11・12Rが良だった。土曜はタイム差なし前後、日曜は0.2秒前後速い時計だった。

JRA-HPの写真を見ると3コーナー内側の芝が早くもだいぶ禿げてきたような印象だが、9月の東京の芝は、オーバーシードの洋芝が生えてまだ1カ月のぽやぽやした状態なので、1年でいちばん見た目禿げやすい、というだけの話で、下の野芝の状態が悪くないことはまず間違いないハズ。

今週は、先週の日曜日以降雨が降っておらず、芝はそこそこ乾いている様子。また土・日とも開催中はほぼ晴れが見込める。土・日とも良で0.3秒前後速い時計を想定する。



【東京ダート】


■ほぼ標準の含水率で、冬場を除く標準的ダート、やや外有利、やや先行有利


先週は木曜に1ミリ、金曜に0.5ミリ降った。土曜は一日中良で、時計は0.2秒前後速かった。日曜は朝がたに12.5ミリ降り、7Rまで重で、10Rが稍重だった。時計は1秒前後速かった。

今週の中間は、先週の日曜以降雨が降っておらず、ダートはかなり乾いた状態のハズ。このまま雨が降らないと考えて、土・日とも良を想定し、土・日とも0.3秒前後速い時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



【京都芝】


■軟らかいセッティングで乾いていてもやや時計がかかる、やや先行有利、内有利


《Aコース3週目》

先週水曜に5ミリ降り、その後は晴れまたは曇り。土・日もよく晴れた。馬場発表は土・日とも良で、土・日とも0.2秒前後遅かった。

先週も書いたが、秋の京都の芝は時計が遅い。それはここ数年の傾向なのだが、含水率が高いとがくんと遅くなり、含水率が低めでもかなり遅い。今週のJRA-HPの『馬場情報』には「コース全体の内側に傷みが出始めました」とあるが、写真を見るとたしかに少々傷みが来ている様子。よほど軟らかいセッティングなのだろう。

先々週の水曜に5ミリ降って以降雨が降ってない。土曜の朝がたに1ミリ少々雨が降ったが、この先は晴れそう。今週はかなり乾いた芝だが、だからといって急に速くなることはないハズ。土・日とも0.2秒前後遅い時計を想定する。先行差し互角、内有利。


今週のG1は菊花賞。内に先行馬が揃った。こうしたとき、先行馬同士がお見合いして逆に遅くなることもあるが、今回は素直に速くなると考える。

土曜朝時点で◎ブラストワンピースが3.4倍の1番人気。1番人気は1番人気でもいかにも微妙なオッズ。サンデー系の牙城の京都でハービンジャー産駒?と考えたくなるのはぼくも同じだが、だがダービーは外からふたをされて立て直した不利がなければ勝っていた可能性がある。適性だけでいえばこっちがダービー、あっちが菊花賞、のほうがわかりやすかったが、天皇賞に回ったワグネリアンを含めても、この世代でいちばん強い可能性は高い。さらに今回は枠順も大きなプラス要素になる。

相手筆頭はジェネラーレウーノ。無理せずハナを切れる速さと、2番手でも控えられる脚質。そしてある程度速くても辛抱できるスタミナがある。エポカドーロはここまで微妙に恵まれてきた気がするので、逆転があって不思議ではない。

以下エポカドーロ、メイショウテッコン、ユーキャンスマイル、アフリカンゴールド、フィエールマン、グロンディオーズ、ステイフーリッシュ。




【京都ダート】


■目いっぱい乾いて冬季以外ではもっとも遅いダート、やや内有利、先行差し互角


先週は水曜に5ミリ降ってその後は曇りまたは晴れ。週末も晴れた。馬場発表は土・日とも良で、土曜は0.3秒前後遅く、日曜は0.1秒前後遅かった。

今週も中間ずっと雨が降っていない。土曜の朝がたに1ミリ少々雨が降ったが、この先は晴れる見込みで、砂は先週以上に乾いているハズ。凍結防止剤を使わないダートとしては目いっぱい遅くなるハズで、土・日とも良で0.5秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、先行差し互角。



【新潟芝】


■軟らかめな芝で含水も高め、やや外有利、やや差し有利


《Aコース2週目》

先週は水曜に4ミリ、木曜に4.5ミリ、金曜に10ミリ降り、土・日は晴れたり曇ったりで雨は降らなかった。馬場発表は土・日とも良だったが、土曜は稍重に近い良で0.3秒前後速かった。日曜は乾き気味の良で0.3秒前後速かった。

先週の競馬を見る限りでは、馬群が内を避けている印象はないものの、とくに日曜は外を回った馬のほうが来ていて、内回りに入ってから内を回っているような馬はあまり伸びてなかった印象。

今週は水曜日に6.5ミリ降り、週末が近づくと、寒気を伴った気圧の谷の通過とともに、金曜の夜から土曜の朝にかけて10ミリほど降った。この先も降り続き、土曜は一日中雨になりそう。現在の芝の状態から含水には敏感に応答するハズで、稍重→重(→不良)という推移を想定し、1秒前後遅い時計を想定する。

日曜は晴れるものの、気温がかなり低くなっているので路盤に含水が残りそう。0.3秒前後遅い時計を想定する。やや外有利、やや差し有利。




【新潟ダート】


■含水多めでそこそこ速いダート、やや外有利、先行差し互角


先週は水曜に4ミリ、木曜に4.5ミリ、金曜に10ミリ降った。土・日とも晴れたが、土曜は一日中重でタイム差なし前後の時計だった。日曜は一日中稍重で、0.2秒前後遅い時計になった。

思ったよりも時計が遅いのは北風が吹いていた影響があるかも。強い風ではなかったが、北風は3~4コーナーで向かい風になるので、3~4角でスパートするダートの場合はとくになかなかスピードが上がらない可能性がある。

今週は水曜日に6.5ミリ降った。金曜の夜から土曜の朝にかけて10ミリ程度降り、さらにこの先も降り続きそうで、土曜は一日中雨になりそう。稍重→重(→不良)という推移を想定し、0.5秒前後速い時計を想定する。

日曜は晴れそうだが、気温が低いので水はけは遅く、重→稍重という推移を想定し、0.5秒前後遅い時計を想定する。先週同様に北風が吹きそうだが、これも先週同様に強い風は吹かないハズ。やや外有利、先行差し互角。


プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN