競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 雨の日は先回りして馬場を読むべし
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

万券連発の年末年始開催を徹底攻略!

年明けはドル箱開催!水上学14人気◎⇒大万馬券!獲れる根拠は? ──昨年、一昨年のプレミアム予想...
続きを読む

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のチャンピオンズCはM.デムーロ騎手が騎乗した3歳馬のルヴァンスレー...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2018年09月29日(土)更新

雨の日は先回りして馬場を読むべし

台風24号は土曜の朝に沖縄付近で進路を北東に変え、偏西風に乗って一気に日本列島を縦断する見通し。とくに阪神は台風の進路上に位置し、直撃の怖れがある。

土曜の阪神は一足先に活発化した前線の影響で一日中雨が降り続く。また強めに北東の風が吹く。その後雨足は一時的に弱まるが、日曜の午前中に再び降り始め、午後になると雨・風とも急に強くなりそう。

中山も土・日にかけて降り続くが、台風本体が近づく前に開催を終えられる見込み。


【中山芝】


■雨が降り続いて路盤が緩んでいる可能性あり。やや内有利、先行差し互角


《Cコース2週目》

先週は月曜に23.5ミリ。火曜に12.5ミリ、水曜に8ミリ、木曜に16.5ミリ、金曜に29ミリ降って週末を迎えた。土・日はほぼ曇りだった。土曜は稍重、日曜は良だったが、いずれも0.8秒前後速い時計だった。一週間降り続いた後なので、路盤が緩んで馬場発表以上に遅くなるのではないかと考えたが、とくにそうしたことはなく、きちんと水はけして速い時計になった。

今週は火曜から木曜まで連日15ミリ前後の雨が降り、金曜は晴れた。週末は台風24号の影響で雨になりそうだが、中山は台風の進路からズレていて、台風接近のタイミングも日曜の競馬終了後になりそう。


土曜は朝の9時頃から少しずつ雨が降り始めている。ただし台風本体は遠く、湿った空気が降らせている雨なので雨量はそう多くないハズ。稍重までの悪化を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。

雨はそのまま日曜まで降り続きそう。途中で小やみになることはあるとしても、馬場が良化するまでの時間はないハズ。日曜は重または不良を想定し、1秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、先行差し互角。


今週のG1はスプリンターズS。かつてJRAが思い描いていた構図は、夏の短距離重賞をステップにスプリンターズSで総仕上げ、だったが、競馬のグローバル化に伴い、アジアの秋の短距離G1の嚆矢というところに落ち着いた。代ってアジアの短距離路線の頂上決戦の座に座るのは暮れの香港スプリントだ。

香港の芝は日本のスタンダードと比べれば若干軟らかめで、むしろ今回のスプリンターズSの芝に近いかもしれない。だが人気馬がいずれも香港で結果を出せていないところを見ると、上位人気で堅いレースだとはあまり思えない。

◎レッツゴードンキの高松宮記念とスプリンターズSはここ3戦続けて僅差の2着。国内の短距離G1獲りに照準を合わせて、今回もいかにも狙ったローテーション。切れ味が多少劣る印象なので、重馬場がプラスに働く可能性があると思う。

穴馬はラブカンプー。前走重で超ハイペースのセントウルSを逃げ、0.2秒差の2着に粘った。使いづめのローテーションは、来年かな、と思わせないではないが、クラシックを走ってないので消耗が少ない(のではないか)と考えて目をつぶる。テンは速いが2番手でもレースできる脚質で、ワンスインナムーンを見ながら行ける枠順も有利。

以下はファインニードル、ムーンクエイク、レッドファルクス、ダイメイプリンセス、セイウンコウセイ、ナックビーナス、ヒルノデイバロー。



【中山ダート】


■不良と路盤の平坦効果が相まってとくに速いダート、やや先行有利、やや外有利


先週は月曜から5日間20ミリ前後の雨が降り続き、とくに金曜には29ミリ降った。土曜は曇りで、1~7Rが重、10Rのみ稍重になった。底つきする状態プラス路盤整備の効果で3秒前後速い時計になった。日曜は晴れ、一日中稍重だったが、午後はむしろ良に近い稍重だった印象で、1.1秒前後速い時計だった。土・日とも風は弱かった。

今週は火曜から木曜まで15ミリ前後の降水があった。ただし晴れの金曜を挟んだことでかなり水はけした感じ。土曜は雨で良→稍重という推移を考え、1.5秒前後速い時計を想定する。日曜のダートはさらにしっぽり濡れているハズ。日曜は雨時々曇りという天気で、一日中重を想定し、先週の土曜日並に3秒前後速い時計を想定する。やや先行有利、やや外有利。



【阪神芝】


■土曜は不良の競馬、日曜は台風直撃の恐れも。やや内有利、やや先行有利


《Bコース2週目》

先週は木曜に24.5ミリ、金曜は10ミリ前後降った。さらに土曜の朝のうちに8.5ミリ降った。土曜は重→稍重という推移で0.3秒前後遅かった。日曜は曇の良でタイム差なし前後の時計になった。

とくに日曜は良で含水率も低い割に土飛びが目立っていた。長引く雨で路盤がやや軟らくなっていた印象だ。


今週は火曜に1.5ミリ、水曜に6ミリ、木曜に8.5ミリ降った。さらに阪神は台風の進路にあたっているため、土曜は朝からずっと雨が降り続くハズで、開始当初は重、昼頃には不良になっていそうだ。ただし東北東の風(ゴール前直線では斜め後方からの追い風に相当)がやや強く吹くので、時計は極端に遅くならないハズ。差し引き1.5秒前後遅い時計を想定する。

日曜も朝から雨。風は前日と同じ向きに吹きそう。ただし午後に台風直撃の怖れがある。午後の競馬が順延になる可能性も相当高いと思うが、競馬を強行した場合、不良を想定し、2.5秒以上遅い時計を想定する。

月曜に競馬が順延された場合は、台風一過の秋晴れになりそう。ただし日曜の降水量が100ミリを超えそうなので、目いっぱい高い含水の不良→重という推移で、1.5秒以上遅い時計を想定する。いずれにしてもやや内有利、やや先行有利。




【阪神ダート】


■シャブシャブに近い含水で速いダート、内外互角、先行差し互角


先週は木曜に24.5ミリ、金曜は10ミリ前後降った。さらに土曜の朝のうちに8.5ミリ降った。土曜は1Rから8Rまで不良で、11Rだけ重で行われた。含水多めのシャブシャブのダートで1.9秒前後速い時計だった。日曜は晴れ、一日中稍重で0.8秒前後速い時計になった。

日曜の稍重を先々週の稍重と比べるとだいぶ時計が速いが、これは含水率というより濡れ方の問題で、砂の状態が重に近かったからだと思う。

今週は火曜に1.5ミリ、水曜に6ミリ、木曜に8.5ミリ降った。また阪神は台風の進路にあたっているため、土曜は朝からずっと一定量の雨が降り続くハズ。土曜は不良で、かつ東北東の風がやや強く、時計が速くなりやすい。2.5秒前後速い時計を想定する。

日曜には台風直撃のリスクがあり、開催順延になる可能性もあるが、もし強行した場合は一日中不良を想定し、2秒前後速い時計を想定する。土曜と同じ向きの風が一層強く吹くハズ。

日曜の降水量が100ミリ以上ありそうなので、月曜に順延した場合でも一日中不良になりそう。2秒前後速い時計を想定する。台風が通り過ぎて風向きが変わり、西南西のやや強い風が吹きそう。内外互角、先行差し互角。


プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


城崎哲

JOSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN