競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. コースが替われば馬場傾向も変わる?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のサウジアラビアRCを制したのは、単勝1.3倍という圧倒的な人気に支...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2018年09月22日(土)更新

コースが替われば馬場傾向も変わる?

東海上に停滞している秋雨前線の影響で両場とも金曜まで雨。土曜には前線は南下するが、日本海上の低気圧の影響もあって阪神は朝のうち雨、その後曇り。中山は一日中曇りがちな天気。日曜には前線が遠ざかって両場とも晴れそう。


【中山芝】


■芝の状態いいが長雨で路盤が緩んでいる可能性あり。内有利、やや先行有利


《今週からCコース》

先週は月曜に36.5ミリ、火曜に3.5ミリ、金曜に6ミリ降った。土曜は朝から小雨で、開催時間帯を中心に9ミリ降った。芝は一日中稍重で、時計はほぼタイム差なし前後の時計だった。土曜の夕方に雨が上がり、日曜は曇りで、2・3Rは稍重、その後は良発表で0.7秒前後速い時計だった。月曜は晴れのち曇りで朝から良、0.5秒前後速い時計だった(12Rだけがやや遅く、レベルが低かったと思われるので加減してある。月曜の降水は競馬終了後なのでレースへの影響はない)。

前回まではBコースが使われた。天気に恵まれ、先の開催に向けてコースを温存するという意味でほぼ満点だったと思う。だが今週からはCコースが使われる。コース替わりで単純に内がよくなるというだけでなく、中山の芝コースはゴール前直線だけ内から18mで砕石層が入っているが、その他の部分は内から11mまでしか砕石層が入っていないという点に注意する必要がある。

A・Bコースを使用する場合はそれほど差はないけれども、Cコースを使用する場合、ゴール前直線以外の部分は内から5mしか砕石層が入っていない。そのため含水多めの馬場状態のとき、あまり外側を回ると、逆に芝の保持力が低いところを通ることになる可能性があるわけだ。


今週の中間は月曜から金曜まで毎日20ミリ前後の雨が降った。今の芝路盤は排水がいいので、大量の雨でもぱっと降ってぱっと止むような降り方なら水はけが早いが、今週のように一定量の雨が断続的に降り続く場合は含水したままの状態が長く続くので、路盤が緩む可能性がある。とくに直線以外の部分の外めは緩んでいる可能性があると思う。

金曜日は一日中雨が降り続いて降水量は30ミリ前後になった。土曜に入ってからは止んでいる。曇りで風はほとんどなさそう。馬場発表は一日中稍重を想定する。芝の状態はいいが、馬場発表以上に緩めの馬場になっている可能性を考えて0.5秒遅い時計を想定する。日曜は朝から晴れそうなので、アサイチから良を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。内有利、やや先行有利。



【中山ダート】


■不良と路盤の平坦効果が相まってとくに速いダート、逃げ・先行有利、内外互角


先週は月曜に36.5ミリ、火曜に3.5ミリ、金曜に6ミリ降った。土曜も朝から小雨で、開催時間帯を中心に9ミリ降った。土曜は一日中稍重、日曜は1・4Rが稍重でその後良になった。月曜はずっと良だった。いずれも1.1秒前後速い時計だった。

今開催が始まってから含水量の多少にかかわらず時計がずっと速め。やはり路盤整備の効果はかなりあるのかも。

今週は月曜から金曜まで毎日20ミリ前後の雨が降った。金曜日はとくに深夜まで降り続いて30ミリ前後に達した。土曜に入ってからは止んでいるものの、土曜は不良を想定する。底付きする状態ならなおさら路盤の平坦さがアップした効果が効いてくるはず。土曜は2.5秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れを想定し、やや水はけして重→稍重という推移で1.5秒前後速い時計を想定する。逃げ・先行有利、内外互角。



【阪神芝】


■Bコース替わりで芝に傷みはないが、含水多めでやや時計がかかる。内有利、やや先行有利


《今週からBコース》

先週は月曜に24ミリ、水曜に2.5ミリ、金曜に7.5ミリ降った。土曜はもう少し降るかと思ったが、降水は1ミリに留まり、2・5Rが稍重、その後は良に回復し、0.2秒前後遅い時計になった。日曜は晴れ、月曜は曇りだったが、馬場はいずれも良で、土曜は0.2秒前後速く、日曜は0.4秒前後速い時計になった。

今週からBコースになる。JRA-HPの写真を見ると、コーナー部分の内の傷みはほぼカバーされた感じ。直線には多少蹄跡が残るが、傷みは分散していて、問題となるような傷みはないハズ。

今週は木曜に24.5ミリ、金曜は10ミリ前後降った。さらに土曜の朝のうちに7ミリ前後降った。開催が始まってからの降雨はないと考えて、土曜は重→稍重という推移を想定し、0.5秒前後遅い時計を想定する。土曜の夕方から晴れ、日曜も引き続き晴れそうで、良を想定し、0.5秒前後速い時計を想定する。内有利、やや先行有利。




【阪神ダート】


■シャブシャブに近い含水で速いダート、内外互角、やや先行有利


先週は月曜に24ミリ、水曜に2.5ミリ、金曜に7.5ミリ、土曜に1ミリ降った。土曜は一日中稍重でタイム差なし前後の時計だった。日曜は一日中良で0.3秒前後遅い時計だった。土・日とも含水やや多めで「砂が重い」感じの踏み抜けないダートになっていた印象。

今週は木曜に24.5ミリ、金曜は10ミリ前後降った。さらに土曜の朝のうちに7ミリ前後降った。土曜の開催中の降雨はなさそうだが、曇りで、一日中不良を想定し、1.5秒前後速い時計を想定する。日曜は晴れて重→稍重という推移を想定し、0.4秒前後速い時計を想定する。土・日とも風はあまり強くなさそう。内外互角、やや先行有利。


プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN