競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 路盤改修で中山ダートが高速化!
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2018年09月15日(土)更新

路盤改修で中山ダートが高速化!

本州付近に停滞している秋雨前線との位置関係で雨が降ったり降らなかったりする。中山・阪神とも土曜の昼ごろまで雨、その後前線が北上し、日・月は曇りになりそう。


【中山芝】


■軟らかさ優先の仕上げの絶好芝、先行差し互角、内有利


《Bコース2週目》

先週は日曜に4ミリ、月曜に1ミリ、火曜に5.5ミリ、水曜に6ミリがそれぞれ断続的に降った状態で週末を迎えた。連日散水したのとあまり変わらない程度の雨量で、含水率もほぼ良の標準だった。土・日ともほぼ1秒速い時計だった。

芝の出来栄えも注文通りだったが、天気も理想的で、1週の競馬のダメージはほとんどなく、まだまだ新品同様の芝といえそう。また芝が見た目ほど速くなかったためか開幕週らしい「前が止まらない」競馬ではなく、差し馬がかなり来ていた。向う正面の向かい風の影響もあったかもしれない。

今週は月曜に36.5ミリ、火曜に3.5ミリ、金曜の午前中に5.5ミリ降った。金曜の夜から小雨模様だが、昼過ぎまでに5ミリ程度降り増ししそう。だが今の芝の状態なら水はけが早く、土曜は悪化して稍重までと想定し、0.5秒前後速い芝を想定する。

日・月はおおむね曇りで降っても降水量は少なめ、風も強くなさそう。日曜の含水は朝のうちやや高めだが大きく時計に影響するほどではないだろう。日・月とも1秒前後速い時計を想定する。先行差し互角、やや内有利。



【中山ダート】


■新装路盤で速い時計が出がち、逃げ・先行有利、内外互角


先週は日曜に4ミリ、月曜に1ミリ、火曜に5.5ミリ、水曜に6ミリ断続的に降ったが、風が強く、砂は乾いた状態になっていた。もともと時計が出やすい開催である上に、路盤が平坦さを増したことも影響してか速い時計が出た。土曜は1秒、日曜は1.3秒前後速い時計だった。

今週は月曜に36.5ミリ、火曜に3.5ミリ、金曜の午前中に5.5ミリ降った。さらに土曜の午前中まで小雨が降り、その後は曇りを想定する。重になるか稍重に留まるか微妙な雨量だが、いずれにせよ速目のダートになりそう。1.5秒前後速い時計を想定する。

その後砂は軽さを保ったまま乾いていくハズ。日・月は1.2秒前後速い時計を想定する。やや先行有利、内外互角。



【阪神芝】


■見かけ上々でも路盤がやや緩んだ状態で時計がかかるかも。内有利、やや先行有利


《Aコース2週目》

先週は台風21号の影響で火曜に59ミリ、週の後半は秋雨前線の影響で木曜に6ミリ、金曜に73ミリ降って週末を迎えた。土曜は朝方に59.5ミリの大半を降った。だが土曜の馬場発表は1日中重だった。

いくら芝の状態がいいといってもそんなに水はけがいいってことがあるの?という感じだが、時計はタイム差なしだった。日曜は午前中に5ミリ程度降り、さらに午後にも降った。馬場は稍重→重で1秒前後遅かった。


JRA-HPの写真を見ると、元の芝のデキがよほどよかったらしく、芝に穴が空いている感じは現在ほとんどない。芝が切れてないということだが、まっさら平坦だった芝に多少のデコボコはできたかもしれない。そうなると(ある程度の先の話だが)やや遅めの時計が基調になる可能性はある。

今週は月曜に24ミリ、水曜に2.5ミリ、金曜に7.5ミリ降った。土曜は小雨が降ったり止んだりの天気になりそうで、稍重基調の推移を想定し、1秒前後遅い時計を想定する。

日曜以降はほぼ曇りで、問題になるような降水はなさそう。だが含水多めの競馬の連続で馬場がやや緩んでいる可能性、平坦性が多少損なわれている可能性があり、芝が乾いてもそれほど速い時計は出ないのではないか。日曜は含水多めの良を想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。月曜は良を想定し0.3秒前後速い時計を想定する。内有利、やや先行有利。




【阪神ダート】


■含水多めでやや速いダート、内外互角、やや先行有利


先週の中間は火曜に59ミリ、木曜に6ミリ、金曜の午前中に5ミリ、金曜に73ミリ降った。土曜は朝方に豪雨があり、さらに1日中降ったり止んだりの天気。馬場発表はアサイチから不良。水しぶきが上がるような馬場で、1秒前後速い時計だった。日曜は午前中に5ミリ程度降って、後は降ったり止んだり、朝から重で、12Rだけ不良になった。1.6秒前後速い時計だった。

今週は月曜に24ミリ、水曜に2.5ミリ、金曜に7.5ミリ降った。土曜は一日中小雨交じりの天気で重を基調とする想定で、1秒前後速い時計を想定する。ただしじっとり含水した踏み抜けない馬場になる可能性もあり、その場合タイム差なし前後の時計になるかもしれない。

日曜以降は曇りを想定する。日曜は稍重→良という推移で、1秒前後速い時計を想定する。月曜は良を想定し、0.5秒前後速い時計を想定する。3日とも風はあまり強くなさそう。内外互角、やや先行有利。


プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN