競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 開催後半の馬場に追い打ちの雨が降る【今週末の馬場傾向】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2018年08月25日(土)更新

開催後半の馬場に追い打ちの雨が降る【今週末の馬場傾向】

台風20号から変わった低気圧が通過するため札幌は土曜の昼頃まで雨が降りそう。土曜は風も強い。日曜は晴れ、土曜と逆の向きに風が吹く。

日本海上の台風19号から変わった低気圧に湿った空気が流れ込むため、土曜の新潟は朝から小雨模様。低気圧の通過とともに前線ができて日曜も一日中雨が降り続く。風は札幌ほど強くはない。

小倉は土曜は曇り時々雨だが、日曜には晴れそう。小倉はあまり風はなさそう。


【新潟芝】


■やや内傷みかけた芝に追い打ちで雨が降り続く、先行差し互角、内外互角


《Aコース5週目》

先週は水曜に6.5ミリ、木曜に77.5ミリ、金曜の午後にも1ミリ降った。土曜は含水多めの良で、0.6秒前後遅かった。日曜も馬場発表は同じ良だったが、含水はかなり減り、0.6秒前後速い時計になった。

先々週に大きめの馬番が多かったので、多少内が傷み始めているのかな、と思ったが、先週は内の馬番の活躍が目立った。土曜の時計が遅かったのは木曜に77.5ミリ降って含水が多かったためで、日曜に乾いて速くなったのも理屈通り。先週までの時点では内の傷みは若干程度だったハズ。

今週の中間はほぼ晴れ、ただし週末は雨で、土曜は午前中から小雨が降り続きそう。良→稍重までの推移を想定し、0.8秒前後遅い時計を想定する。その後も雨はやまず、日曜も一日中強い雨が降りそう。日曜は不良までの悪化を想定し、2秒以上遅い時計を想定する。先行差し互角、内外互角。



【新潟ダート】


■やや含水高めの少し重いダート→底付きする速い不良のダート、やや外有利、やや逃げ・先行有利


先週は水曜に6.5ミリ、木曜に77.5ミリ、金曜の午後にも1ミリ降った。土曜は含水率10%前後の良に近い稍重で、日曜は含水率8%前後の良になった。だが土・日とも0.3秒前後遅い時計だった。

先週も書いたが、ダートの時計は底付きがない範囲では含水にはあまり敏感ではないのかも、という気がしてきた。

今週の中間はほぼ晴れ、ただし土曜は午前中から小雨が降り続きそう。底付きするほどの含水量にならないとすれば、水を含んで砂が重くなる分逆に遅くなるという理屈で、土曜は稍重ベースで0.5秒前後遅い時計を想定する。雨はずっと降り続くので、日曜はアサイチの時点で底付きするほどの含水量になるはずで、不良で2秒以上速い時計を想定する。やや外有利、やや逃げ・先行有利。



【小倉芝】


■Bコース替わりで内の傷みが消えた速い芝、内有利、逃げ・先行有利


《Bコース1週目》

先週は水曜に14ミリ、木曜に0.5ミリ降った。だが連日散水していたし、水曜の降水によって芝の含水率への影響はあまりなかった。土・日とも晴れ、土・日とも良で1.1秒前後速い時計だった。

先週JRA-HPに「全周内柵沿いが傷んできた」と書いてあるのを見て、今はこの程度の傷みでも「傷んでいる」と判断すべきなのかな、と迷ったが、先週の競馬を見る限り、やはりというか、大して内の傷みが競馬に影響している感じはなかった。

今週の中間はずっと晴れた。土曜は小雨が降るかもしれないが、含水率を大きく動かすほどの雨量はないと考える。今週からBコース替わりになる。3m外側に動くので、傷んでいる部分はほぼカバーされるハズ。土曜は1秒前後速い時計、日曜は晴れを想定し、乾いた良で1.5秒前後速い時計を想定する。内有利、逃げ・先行有利。




【小倉ダート】


■砂の重さがやや増したダート→やや乾き気味のダート、やや内有利、やや先行有利


先週は水曜に14ミリ、木曜に0.5ミリ降った。だが気温が高すぎて中間の10ミリ程度の降水の影響はほとんどなかったようで、含水量も先々週とあまり変わらず、土・日とも0.5秒前後速い時計だった。

今週は中間に雨は降らなかった。土曜は開催中に小雨が降るかもしれないが、むしろ砂が重くなる程度の含水率の増加と考えて、0.2秒前後速い時計を想定する。日曜はそこそこ砂が乾いて0.5秒前後速い時計を想定する。やや先行有利、やや内有利



【札幌芝】


■雨でさらにダメージが上積みした洋芝、内外互角、先行差し互角


《Cコース2週目》

先週は月曜に29ミリ、火曜に5.5ミリ、水曜に29.5ミリ、木曜に38.5ミリ、金曜の早朝にも6ミリ降った。JRA発表の土曜の含水は先々々週よりは多いが先々週と同じくらいで、意外と多くなかった。ただし2週間休みなく雨が降り続いたことで、含水量以前に路盤が緩んでいる可能性があった。

土曜の馬場発表は良だったが0.7秒遅い時計だった。日曜は朝方に1.5ミリ降り、稍重になって1.5秒前後遅くなった。日曜にほんの少量の雨で稍重になってしまったのは、土曜の良が稍重に近い良で、日曜の稍重も良に近い稍重だったということだろう。

含水量的にはそれほど変わらなかったにもかかわらず、日曜になって時計がぐっと遅くなったのは、土曜の芝があらかじめ緩んでいて、それが1日の競馬でかなり耕された(マット層が切れた)からだろう。

今週は台風20号から変わった温帯低気圧が東に抜けるため、土曜の昼過ぎまで雨が降りそう。金曜夕方から降りやむまでの雨量を20ミリ前後と考えると、土曜の含水は先週の日曜よりも高めで、しかも先週の競馬でかなり耕されていることから、重以上で1.5秒前後遅い時計を想定する。

日曜は曇りがちな天気で雨は降らないと想定する。ある程度水はけしたとしても、土曜の競馬でさらに芝が傷んでいるので、稍重を想定し、1.2秒前後遅い時計を想定する。土・日とも風は強めだが、低気圧との位置関係から、土曜と日曜で風向きが正反対になることに注意。内外互角、先行差し互角。



【札幌ダート】


■含水多めで締まって速いダート。逃げ・先行有利、内有利


先週は月曜に29ミリ、火曜に5.5ミリ、水曜に29.5ミリ、木曜に38.5ミリ、金曜の早朝にも6ミリ降った。土曜のダートは一日中稍重で、0.3秒前後遅かった。日曜は朝方に1.5ミリ追加で降り、やはり一日中稍重で、0.1秒前後遅かった。

今週は金曜の夕方以降に雨が降り始め、土曜の昼過ぎまで雨が降り続きそう。金曜夕方から降りやむまでの雨量を20ミリ前後と見込み、重以上を想定して、2秒前後速い時計を想定する。日曜は重→稍重という推移を想定し、1秒前後速い時計を想定する。土・日とも風は強めだが、低気圧との位置関係から、土曜と日曜で風向きが正反対になることに注意。逃げ・先行有利、内有利。


プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


城崎哲

SHIROSAKI TETSU

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN