競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 皐月賞の行方は春の嵐の中【今週末の馬場傾向】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「結果決勝トーナメントに行けたから、良いのかも知れんが、最後の10分はな...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2018年04月14日(土)更新

皐月賞の行方は春の嵐の中【今週末の馬場傾向】

土曜の午前中は3場とも晴れているが、前線を伴った低気圧が西から接近して土曜の午後を境に高気圧と入れ替わる。阪神と福島は午後から曇り始め、土曜夜から日曜の午前中にかけてが雨のピークになる。日曜の中山は一日中ダラダラ降り続きそう。3場とも風が強く、春の嵐の中の競馬になりそう。


【中山芝】


■(土)軟らかい芝だが時計は速め、内外互角、やや差し有利→
(日)春の嵐で芝がさらに軟らかくなる、やや外有利、やや先行有利


《Bコース3週目》

先週は週末まで雨が降ってなかったが、金曜から土曜の早朝にかけて2ミリ程度降った。土曜は一日中曇りで、一日中強い南西風(ゴール前で追い風に相当)が吹いた。芝は良で0.5秒前後速かった。日曜は風は弱まり、良でほぼタイム差なしだった。

中山の芝が傷んでいるという話をネットなどで目にするようになった。現在の中山はもともとのセッティングが軟らかめな上に、5開催を消化したどん詰まりの芝なので、ある程度傷んでいて当然。また雨が降れば芝は傷んでいる部分から緩み始める。だが、レース映像で見る限り内外の差がそれほど大きいようには見えない。

先週以降雨が降っておらず、土曜も昼まで晴れ、午後に曇るものの雨は降らない見通し。ただし日が陰ると同時に南風(ゴール前で追い風に相当)が強くなりそう。土曜の芝はほぼ先週と同じコンディションと考えて、0.5秒前後速い時計を想定する。内外互角、やや差し有利。

土曜の深夜に雨が降り始め、翌日曜も朝から断続的に降り続きそう。また南風(ゴール前で追い風に相当)が土曜よりさらに強く吹いて春の嵐になりそう。重以上を想定し、1秒以上遅い時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。


今週のG1は皐月賞。一見して逃げ・先行馬が多い。しかもアイトーン、エポカドーロ、ケイティクレバーの3頭が逃げ宣言している。だがいずれもそんなに速い馬ではないので、折り合って競り逃げみたいな形になるのかも。

昔から皐月賞・有馬記念は、芝が傷んでいると言われている状態で、内を突いた馬が穴になることが多かった。それが周知されると、今後は逆に外の馬に配当的妙味が出てくるようになった。だが今、中山の芝は内が傷んでいるという風評があるなら、もう一度、内が買い、のセオリーに立ち戻ってみてもいいかもしれない。

内から抜け出すことを期待して中心はキタノコマンドール。相手筆頭がステルヴィオ、以下ワグネリアン、タイムフライヤー、ジャンダルム、ジェネラーレウーノ、アイトーン、ダブルシャープ、オウケンムーン。



【中山ダート】


■(土)やや力の要るダートもゴール前追い風、内外互角、やや先行有利→
(日)締まった速いダートでさらに強い追い風、やや外有利、やや先行有利


先週は1週間雨が降っていない状態で、金曜から土曜の早朝にかけて2ミリ降った。その後は曇りで、一日中強い南西風(ゴール前で追い風に相当)が吹いた。土曜は良で0.3秒前後遅い時計になった。日曜は風が弱まり、良でタイム差なし前後の時計だった。

先週以降雨が降っておらず、土曜も昼まで晴れ、午後に曇るものの雨は降らない見通し。ただし日が陰ると同時に南風(ゴール前で追い風に相当)が強くなりそう。ほぼ先週と同じコンディションと考えて0.3秒前後遅い時計を想定する。内外互角、やや先行有利。

土曜の夜から雨が降り始め、翌日曜も朝から断続的に降り続く見通し。また南風(ゴール前で追い風に相当)が土曜よりさらに強く吹きそう。重以上を想定し、1秒前後速い時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



【阪神芝】


■(土)状態よく乾き気味の速い芝、先行差し互角、やや内有利→
(日)目いっぱい含水した遅い芝、やや内有利、先行差し互角


《Bコース3週目》

先週は金曜の昼から夜にかけて19.5ミリの降水があった。土曜は4・6Rのみ稍重で、9R以降は良になった。一日を通じ0.4秒前後遅い時計になった。日曜は水はけして良で0.3秒前後速い時計になった。土日ともかなり強い向かい風が吹いていた。

今週は木曜日に1.5ミリ降水があった。金曜は晴れ、土曜も昼まで晴れ、午後から曇るが雨は降らなさそう。芝の状態はよく、土曜は良で0.5秒前後速い時計を想定する。先行差し互角、やや内有利。

土曜の夕方から雨が降り始め、日曜の午前中までに40~50ミリのまとまった雨が降りそう。芝の状態はいいが、この雨量ではさすがに水はけが間に合わず、不良→重という経過を想定する。風は開催が始まる頃には弱くなりそうなので影響を考慮しない。1.5秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、先行差し互角。




【阪神ダート】


■(土)乾き気味で力の要るダート、やや外有利、先行差し互角→
(日)シャブシャブで目いっぱい速いダート、やや外有利、やや先行有利


先週は金曜の昼から夜にかけて19.5ミリの降水があった。土曜は一日中重で、強めの向かい風が吹いていた。時計は1.5秒前後速かった。日曜は6Rまで重、8R以降は稍重で、一日を通じて強めの向かい風が吹いていた。日曜の時計は0.7秒前後速かった。

今週の中間は木曜に1.5ミリ降っただけ。土曜のうちはまだ雨は降らず、乾いた状態のダートで、風もそれほどないハズ。0.3秒前後遅い時計を想定する。やや外有利、先行差し互角。

土曜の夕方から雨が降り始め、日曜の午前中までに40~50ミリのまとまった雨が降りそう。日曜は一日中シャブシャブの状態が続きそうで、1.5秒以上速い時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



【福島芝】


■(土)軟らかい芝だが、状態上々の芝、やや内有利、先行差し互角→
(日)軟らかい芝がさらに軟化、風も強い。内外互角、先行差し互角


《Aコース2週目》

先週の中間は晴れ続きで、金曜から土曜の朝にかけて2.5ミリ降った。土日とも良で、土日とも1.4秒前後遅かった。

先週福島の芝について「現在の芝の状態を疑わせるものは何もない」「この気温なら芝も充実一途のハズで、秋の福島よりも時計は速くなりそう」と書いたが、結果的にはまるで逆で、土日ともやたら遅い時計になった。内が傷んで遅くなっているというより全体が軟らかい感じだが、土曜早朝の雨だけが原因とは考えられないし、また展開的にも遅くなる要素は見当たらなかった。もしかすると1・2月の『最強寒波』の影響で野芝の生育がかなり遅れていたのかもしれない。あるいは風の影響があるのかも。

今週の中間は雨が降っておらず、土曜の開催中は雨も降らなさそう。軟らかいが乾いた芝で1秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、先行差し互角。

土曜の夕方から雨が降り始め、日曜の午前中までに10ミリほど降りそう。この程度の降水量でももともとが軟らかめなので影響は大きいハズ。また日曜は風も強くなりそう。先週と同じ向きの横風になりそうだが、その影響も若干あると考えて、日曜は1.5秒以上遅い時計を想定する。内外互角、先行差し互角。




【福島ダート】


■(土)パサパサに近い力の要るダート、逃げ・先行有利、やや外有利→
(日)締まった速いダート、先行差し互角、内外互角


先週の中間は晴れ続きで、金曜から土曜の朝にかけて2.5ミリ降った。土日とも乾き気味の良のダートだったが、土曜のほうが風が強く、土曜は1秒前後遅く、日曜は良で0.8秒前後遅い時計になった。

今週も中間は雨が降ってないので、土曜は先週同様に乾き気味の良で0.8秒前後遅い時計を想定する。逃げ・先行有利、やや外有利。

土曜の午後から日曜の朝にかけて10ミリ程度の降水がありそう。日曜は風も強く吹きそうで、0.5秒前後速い時計を想定する。先行差し互角、内外互角。


プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。