競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 高松宮記念の馬場状態は?【今週末の馬場傾向】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「結果決勝トーナメントに行けたから、良いのかも知れんが、最後の10分はな...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2018年03月24日(土)更新

高松宮記念の馬場状態は?【今週末の馬場傾向】

中間に雨が降ったが、週末は高気圧が列島を覆うため3場とも雨が降る心配はほぼない。春分の日を境に春が来て、最低気温が3℃、最高気温が20℃近くまで上がっているので水はけが早い。風も強くなさそう。


【中山芝】


■3コーナー過ぎからの内の傷みが顕在化、内外互角、やや差し有利


《Aコース5週目》

先週は金曜日の昼に小雨が4ミリ降ったが、馬場発表は土日とも良だった。土曜日は0.2秒前後遅い時計だった。日曜は0.2秒前後速い時計になった。

相変わらずコースの内めの芝は色味が白く抜けている。だが馬群が内を避けていないところからみても、野芝の地下茎は温存されているようだ。また植物は気温の変化に敏感なので、たとえ芽が出るのがまだ先でも、気温の上昇を感知して地下茎の張りが違ってくるハズ。教科書的な正解かどうかは別として、経験的に、この先は芝が傷みづらくなり、少しずつ速くなってくると考えていいと思う。

ただし現時点で合流点以降の3~4コーナーからゴール前直線部分に限れば、先週1週間で傷みが相当進んだ様子。Aコースの内はもう回復せず来週のBコース替わりを待つしかない。脚質的には差し馬が有利になる。

今週は雨がちの天気で、火~木曜日にかけて34ミリ雨が降った。気温が上がっているので水はけは早い。土曜日は稍重スタートから、早めに良に回復しそう。ただし土日とも含水多めの良で状態は若干緩め。タイム差なし前後の時計を想定する。内外互角、やや差し有利。



【中山ダート】


■土曜から日曜にかけて水はけしていく過程のダート、やや外有利、やや先行有利


先週は金曜日の昼に小雨が4ミリ降っただけ。馬場発表は土日とも良で、土日とも0.3秒前後遅い時計だった。やや乾き気味のダートだった。

今週は火~木曜日にかけて雨が降り続き、合計34ミリ降った。だが金曜から少しずつ天気が回復し、土日はスッキリ晴れそう。土曜は稍重まで回復すると考え、0.3秒前後速い時計を想定する。日曜日はさらに水はけして良に回復すると考え、タイム差なし前後の時計を想定する。やや外有利、やや先行有利。



【阪神芝】


■水はけ早く、クッション性のいい速い芝。先行差し互角、やや内有利


《Aコース5週目》

先週はほぼ晴れ、金曜だけ雨で6ミリ降った。ただし6ミリは多めに散水した程度の雨量。土日はいずれも晴れの良で、0.4秒前後速い時計だった。

今週の中間は月曜から木曜まで弱い雨が降り続き、合計44.5ミリ降った。だが金曜日以降は晴れて土日もほぼ晴れ。中間の降水量は多いが芝の状態がよく、気温も高いので水はけが早い。逆にいうと、水はけの早さが芝の状態のよさを保証しているともいえる。土曜日はやや含水高めの良でタイム差なし前後の時計を想定する。日曜は標準的な含水の良で0.2秒前後速い時計を想定する。先行差し互角、やや内有利。




【阪神ダート】


■含水多めの稍重→含水多めの良だが時計はあまり速くない。やや先行有利、内外互角


先週は金曜の午前中に6ミリ降った。土曜は一日中稍重で0.2秒前後速かった。日曜は一日中良で0.4秒前後遅かった。

今週は月曜から木曜まで弱い雨が降り続き、合計44.5ミリ降った。金曜日以降は晴れて気温もある程度高くなるが、それでも土曜は一日中稍重か。0.4秒前後速い時計を想定する。日曜は良に回復することを想定し、タイム差なし前後の時計を想定する。やや先行有利、内外互角。



【中京芝】


■含水高めも芝の状態よく、コース替わりで内が伸びる状態。やや先行有利、内有利


《Bコース1週目》

先週は金曜日の午前中までに8ミリ降った。土曜日の芝戦は1・2Rと9・11Rで、前半は稍重、後半は良で行われた。前半は1.2秒前後遅く、後半は0.8秒前後遅い時計だった。日曜はさらに水はけして良でタイム差なし前後の時計になった。

先々週までの時計は遅めだったが、先週の時計は土曜に含水多めだったことを考えればそれほど遅くない。いかにも軟らかそうな印象はあるが、先週の時点で内が格別傷んでいるような様子はなかった。しかも今週はさらにBコース替わりするのだから、内を嫌う理由はまったくないハズ。

中京も今週は月曜日から木曜日の朝まで雨が降り続き、木曜までの雨量は64.5ミリに達した。芝の状態がいいので水はけは早いが、芝はさらに軟らかくなっていると考えなければならない。土曜中に良に回復するとしても、時計はやや遅めの1.2秒前後遅い時計を想定する。日曜も遅さを引きずり、0.8秒前後遅い時計を想定する。時計面の遅さは芝の傷みに由来するものではないので、内有利、やや先行有利。


今週のG1は高松宮記念。国内では短距離のチャンピオン・レースだが、時期的な関係で香港の短距離G1・チェアマンズ・スプリント・プライズのステップレースにもなっている。高松宮記念の1着賞金が1億1100万円、チェアマンズ・スプリントの1着賞金は1億2800万円で、大した賞金格差ではないが、後者のほうが微妙に高い。ちなみに今年の高松宮記念馬のうちチェアマンズ・スプリントに登録している馬はファインニードルとレッツゴードンキの2頭。GI2勝と実績で勝るレッドファルクスは差し脚質が香港競馬には合わないとみてか、京王杯→安田記念という路線を選んだ様子。

レッドファルクスはスプリントG12勝の実績以上にコース適性が抜群で、高松宮記念3着を含めて中京芝は3戦2勝3着1回。昨年の高松宮記念は馬場の悪い内を走って伸びを欠いた面がある。だが同レースの勝ち馬は稍重の2Fめ10.3秒というハイペースを先行した上に脚色の差が歴然だった。今回コース替わりで内が悪くないなら1番枠も悪い材料でないハズ。ここはセイウンコウセイを上に見る。

レッドファルクスが当然相手筆頭。以下レッツゴードンキ、ダイアナヘイロー、ブリザード、シャイニングレイ、ファインニードル、ナックビーナス、キングハート、ダンスディレクター。




【中京ダート】


■含水多めの稍重→含水多めの良で速いダート、やや外有利、やや逃げ・先行有利


先週は金曜の午前中を中心に8ミリ降った。土曜は一日中稍重で0.6秒前後速かった。日曜には良に回復し、良で0.2秒前後速かった。

先々週は稍重の割に微妙に遅く、1月25日にまいた凍結防止剤がまだ残っている可能性があると考えたが、先週の時計は多少遅い程度。さらに今週は一週間雨が降り続いたので、もし先週の時点で凍結防止剤が多少残っていたとしてもほぼ洗い流されたと考えて間違いないハズ。

今週は月曜日から木曜日の朝まで雨が降り続き、合計64.5ミリ降った。金曜から晴れ、土日も晴れるが、土曜は稍重までの回復を想定し、1秒前後速い時計を想定する。日曜は昼頃良に回復すると考えて、0.5秒前後速い時計を想定する。やや外有利、やや逃げ・先行有利。


プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。