競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 7週間分の傷みは意外と……?【今週の馬場傾向予測】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のサウジアラビアRCを制したのは、単勝1.3倍という圧倒的な人気に支...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2017年11月25日(土)更新

7週間分の傷みは意外と……?【今週の馬場傾向予測】

今週末は西高東低の冬型の気圧配置になり、東京は土日とも晴れそう。京都は土曜は晴れ、日曜は曇りそう。気温が低いが雨は降らず、風も強くない見込み。


【東京芝】


■芝は内めが傷んでいるように見えて保持力は十分、先行差し互角、やや内有利


《Cコース2週目》

4回東京は毎週雨だったが、5回東京に入ってからは雨が降っていない。4回東京の最終週にBコースに替わったので、Bコース使用時に雨が降ったのは1日だけ。それから2週Bコースを使い、先週からCコースに替わった。

先週は1週間雨がほとんど降らず、週末も降りそうで降らなかった。時計は土日とも0.6秒前後速かった。2歳戦がほとんどなのでこの時期の中央の時計はあまりあてにならないが、それにしてもそこそこ速い。

また先週の最終レースなど、内を回った馬が直線もそのまま内を走って勝っている。3コーナーより先では内の洋芝は飛んで、野芝の枯葉色が見えているが、見た目ほど内が悪くなっているわけではない。

先週は降るのか・降らないのか、微妙な天気だったが、今週は中間降水もほとんどなく、週末も晴れと考えてよさそう。土日とも0.6秒前後速い時計を想定する。先行差し互角、やや内有利。


今週のG1はジャパンカップ。能力的にはキタサンブラックが一番であることは誰でもわかっている。だが負けるはずのない宝塚記念で負けた。あのときは長距離の春の天皇賞の激走が敗因だったが、今度は不良馬場の秋の天皇賞で走りすぎている。

秋の天皇賞を使わず、きれいな芝の神戸新聞杯を勝ってここへ向かうローテーションは間違いなく有利。レイデオロが中心。

メンバーを見渡すと強い先行馬が多い。それでハイペースになるかどうかは別としても、差し馬のほうがレースがやさしそう。相手はヤマカツエース、シュヴァルグラン、マカヒキ、シャケトラ、キタサンブラック、サトノクラウン、ソウルスターリング。



【東京ダート】


■砂が乾いてやや力の要るダート、先行差し互角、内外互角


先週の土曜はほぼ曇り、最終レース近くに小雨が降ったが、降水量はほぼゼロだった。土曜は時計を単純平均すると1秒近く速いことになってしまうが、2Rのショーム(父エスポワールシチー)が2着馬を1.5秒千切った時計を例外視して、0.3秒前後速い時計だったと考える。日曜はタイム差なし前後の時計だった。

今週も土日とも雨は降らない想定。先週並のタイム差なし前後の時計を想定する。先行差し互角、内外互角。



【京都芝】


■含水高めの良でやや軟らかめの状態、先行差し互角、やや内有利


《Cコース2週目》

先週は金曜日までよく晴れていたのに土曜日の朝に8ミリ降り、その後も曇りで一日中重になった。スロー目のレースが多かったとはいえ、時計は2秒前後遅かった。日曜は重スタートで、5Rから稍重になったが、その後も乾きは遅く、最後まで稍重のままだった。時計は朝のうち2秒前後遅く、最終レースでは1秒前後遅い時計へと推移した。

5回開催に入って晴れの競馬に変わり、芝の傷みが見えづらくなっていたが、先週8ミリの雨で重になり2秒も遅くなったのは、やはり4回京都の雨の競馬でのダメージが相当残っていたのだろう。

今週は水曜日に0.5ミリ、木曜日に6ミリ降った。週末の土曜はよく晴れそうだが、気温が低いので良でも含水は高めのハズ。1秒前後遅い時計を想定する。日曜は曇りなので含水は下がらず、0.8秒前後遅い時計を想定する。先行差し互角、やや内有利。




【京都ダート】


■含水残り締まって速めのダート。やや先行有利、やや外有利


先週は土曜日の午前中に8ミリ降り、土日を通じて馬場は重のままだった。気温が下がっているため砂の乾きが悪くなっているようだ。時計は土曜が1.8秒前後速く、日曜は0.5秒前後速かった。

今週は水曜の夜から木曜の朝にかけて6.5ミリ降った。土曜は朝のうち稍重で、昼過ぎに良になると想定し、0.3秒前後速い時計を想定する。日曜は多少乾くのでタイム差なし前後の時計を想定する。やや先行有利、やや外有利。


プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。


  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN