競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 台風の爪痕は見立てよりも薄いと見る【今週の馬場傾向予測】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

柴田卓哉・美浦追い切りレポート 多士済々といったマイルCS、先週の牝馬GⅠと同様に上位に絡みそうな馬が十指に...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 本来なら8月中に結論を出すべきはずの加計学園問題―。やたらもったいつけ、“い...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2017年11月11日(土)更新

台風の爪痕は見立てよりも薄いと見る【今週の馬場傾向予測】

北の低気圧から伸びる寒冷前線の通過とともに土曜の朝に雨降ったところもあるが、前線はほぼ抜けて、この先雨の降る心配はなさそう。ただし土曜の福島には前線通過の影響が残って多少風が強いハズ。


【東京芝】


■傷み少なく乾いてやや速い芝、先行差し互角、やや内有利


《Bコース3週目》

先々週の台風通過後ずっと晴れて、先週の中間は金曜日に1.5ミリ降っただけ。土曜の平均時計は0.2秒前後速い計算だが、様子見だったせいかスローペースが多かった。補正して0.5秒前後速いと考える。日曜は速いペースが多く0.7秒前後速かった。

4回東京は2週めから雨の競馬で、とくに3・4週目は台風の接近で大雨になった。だが2・3週目に極端に外を回る競馬をしていたので、全体的に傷みが広がっているものの意外なほど内が傷んでない。

今週は土日とも晴れ、乾いた芝でレースできそう。良で0.5秒前後速い時計を想定する。先行差し互角、やや内有利。



【東京ダート】


■乾き気味のダート。やや差し有利、やや外有利


先週は月曜日以降晴れ、金曜日に1.5ミリ降っただけ。土曜日は0.5秒前後速い時計だった。日曜はほぼ乾いてタイム差なし前後の時計だった。

今週末はきれいに晴れて雨の心配はなさそう。乾き気味の良になると考えて、土曜はタイム差なし前後、日曜は0.2秒前後遅い時計を想定する。やや差し有利、やや外有利。



【京都芝】


■芝が乾いてそれなりに速く、内も見劣らない。やや内有利、先行差し互角


《Bコース2週目》

先々週の月曜日以降晴れが続いて、先週の土曜日は良で0.9秒前後遅かった。日曜は0.5秒前後遅かった。

秋開催はスタートから雨の競馬が続いたが、時計は多少遅いものの、見た目では芝が傷んでいる様子はほとんど見えない。Bコースに替わってからは晴れで競馬しているし、たぶん実際にそんなに傷んでないと思う。

今週は水曜日に3ミリ降っただけ。さらに土曜日の朝に5ミリ前後降ったようだ。だが止むのが早かったし、この先は晴れが見込める、先週同様の状態と考えて土日とも0.7秒前後遅い時計を想定する。やや内有利、先行差し互角。


今週のG1はエリザベス女王杯。京都芝2000→京都芝2200という距離延長で行われるため、秋華賞の上位馬が強い。

秋華賞上位馬のうちモズカッチャンの秋華賞は重馬場での落鉄という致命的な不利があった。デムーロ騎手が昨年勝ち馬のクイーンズリングを弟に回してこっちを選んだのは勝てる感触があるからだろう。そういえば2013年の桜花賞では弟に渡したアユサンが勝ったのだった…が、今回はお兄ちゃんが貫録を見せてくれるのでは?

今回はディアドラ、ヴィブロス、ミッキークイーンという三世代の秋華賞馬が顔を揃えた。中でもミッキークイーンは大外18番という不利を克服して秋華賞を勝った馬。昨年のエリザベス女王杯でクイーンズリングの3着に負けたのは騎手の差が出てしまった印象。今度こそ、という気持ちがあるハズ。

3頭目はクロコスミア、リスグラシュー、クイーンズリング、ディアドラ、ジュールポレール、ヴィブロス、ルージュバック。




【京都ダート】


■多少力の要る乾いたダート。先行差し互角、内外互角


先週は中間に雨がなく、金・日とも晴れで競馬できた。土曜日はタイム差なし前後、日曜は0.3秒前後遅かった。

今週は水曜日に0.3ミリ降ったが、それ以外は晴れ、土曜日の朝に5ミリ前後降ったようだ。土曜はタイム差なし前後の時計を想定する。日曜は0.3秒前後遅い時計を想定する。先行差し互角、内外互角。



【福島芝】


■標準的な含水量の良である程度前が止まらない芝。やや内有利、やや先行有利


《Aコース2週目》

先々週の日曜日に44.5ミリ、月曜に10.5ミリ降って、その後も曇った天気が多かった。先週は土曜が0.5秒前後速く、日曜は0.3秒前後遅かった。

今週は水曜日に1ミリ、木曜日に0.5ミリ降った。それ以外は晴れていた。土曜日の開催前に小雨がぱらついたが、雨量はごく少なかった様子。土曜の開催が始まってからは曇り→晴れ。土日とも標準的な含水量の良を想定する。金曜は0.5秒前後速い時計を想定する。土曜日は風が強そうなのでタイム差なし前後の時計を想定する。やや内有利、やや先行有利。



【福島ダート】


■標準的な速さのダート。先行差し互角、内外互角


先々週の日曜日に44.5ミリ、月曜に10.5ミリ降り、その後曇りの日が続いた。土曜は曇り、日曜は晴れたが、土日とも一日中稍重だった。土曜はタイム差なし前後、日曜は0.2秒前後速かった。

今週は水曜日に1ミリ、木曜日に0.5ミリ降った。土曜は早朝に小雨が降るが、雨量的に影響は小さく、昼過ぎには晴れる見込み。土曜は晴れの良で、0.2秒前後速い時計を想定する。ただし多少横風が強くなるかもしれない。日曜は0.3秒前後遅い時計を想定する。先行差し互角、内外互角。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。