競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 範囲内の「不良」か、それともマジな「不良」か……【今週の馬場傾向予測】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

柴田卓哉・美浦追い切りレポート 多士済々といったマイルCS、先週の牝馬GⅠと同様に上位に絡みそうな馬が十指に...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 本来なら8月中に結論を出すべきはずの加計学園問題―。やたらもったいつけ、“い...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2017年10月21日(土)更新

範囲内の「不良」か、それともマジな「不良」か……【今週の馬場傾向予測】

土曜は台風21号に刺激された秋雨前線が活発化し、京都、東京ともに一日中雨になる。前線から遠い新潟は一日中曇り。さらに台風の接近で日曜の東京・京都は大雨になる可能性が大。新潟も雨量は少なめだが一日中雨になる。


【東京芝】


■土曜は通常範囲の不良、日曜は尋常でない不良か。先行差し互角、やや外有利


《Aコース3週目》

先週の金曜は朝から小雨で合計3ミリ降り、土曜の朝にも17ミリ降った。馬場発表は一日中稍重だった。ほとんどスローペースだったのでタイム評価は難しいが、前後関係からタイム差なし前後と見積もる。日曜は開催中に計11.5ミリ降った。馬場発表は1Rのみ稍重で、3R以降は重になった。時計は1秒前後遅かった。

今週の中間はほぼ毎日雨が降り続いた。とくに木曜日に34ミリ、金曜日の午前中から土曜の早朝にかけて20ミリ近く降っている。これで3週連続して雨の競馬になる。重以上を想定し、1.5秒前後遅い時計を想定する。

台風の上陸は月曜になりそうだが、日曜の時点でも相当な大雨が予想される。中止の可能性が濃厚だが、もし強行開催となった場合は3秒前後遅い時計を想定する。

日曜が中止になるとしたら火曜に順延になるのか?火曜に開催延期された場合、日月の降水量が200ミリを超えそうで、馬場は相当緩くなりそう。2.5秒前後遅い時計を想定する。

土曜の時点でも内を避ける競馬になるはずだが、日または火曜の競馬では大きく外に持ち出さざるを得ないハズ。先行差し互角、やや外有利。



【東京ダート】


■土日とも水が浮いた不良、逃げ・先行有利、外有利


先週は土曜の朝に17ミリ降り、開催中は曇りだったが、馬場発表は一日中不良だった。時計は2.5秒前後速かった。日曜は開催中に雨が降ってやはり一日中不良のままだった。時計は2.2秒前後速かった。

今週は木曜日に34ミリ、金曜日の午前中に8.5ミリ降った。土曜は開催開始あたりから降り始めそう。馬場は一日中不良になるはずで、先週同様2.5秒前後速い時計を想定する。

日曜から月曜にかけて台風が通過することから、日曜以降の開催がどうなるかは予想がつけがたいが、もし開催が強行されれば一面川のように水に覆われた不良になる可能性がある。2.5秒前後速い時計を想定するが、逆に時計が遅くなる可能性もあり、予測しづらい。逃げ・先行有利、外有利。



【京都芝】


■土曜は控えめな不良まで、日曜は範囲内だがマジな不良。逃げ・先行有利、やや外有利


《Aコース3週目》

先週は木曜と金曜に小雨がパラついた程度で、土曜もおおむね曇りだった。馬場発表は良で、時計は0.3秒速かった。日曜は早朝から小雨が降り続き、合計13.5ミリ降った。馬場状態は3Rが良、5~9Rが稍重。11Rには重になった。3Rは0.3秒前後速く、最終的には2秒前後遅くなった。

京都も今週はずっと雨が降っていたようなもので、とくに木曜に19.5ミリ降り、金曜も一日中小雨模様だった。土曜は朝から小雨が降り、開催が始まる頃に本降りになって、それ以降降り続くと予想される。重でスタートし、午後イチあたりに不良になりそう。2秒前後遅い時計を想定する。

その後台風の接近とともに雨が強まる。雨風のピークは台風が上陸する月曜の早朝のようだが、日曜の雨量も相当なものになりそう。朝から不良になると想定し、3秒前後遅い時計を想定する。大きく外に持ち出す競馬になりそう。逃げ・先行有利、やや外有利。


菊花賞が不良で行われるのがほぼ確実な情勢。ここ30年、不良で行われた菊花賞は、エピファネイアが勝った2013年の菊花賞だけ。ただし最近の芝は根付きがよく丈夫になっている。水はけもよくなっているし、いくら不良でもドブドブの芝にはならないことを期待したい。

秋華賞が超ハイレベルだったのに対して菊花賞にはダービーの1~3着馬が出ていない。神戸新聞杯でダービー馬に僅差2着したキセキが1番人気だが、前日8時の時点で6.7倍と中心馬不在がありあり。

正直言ってぼくにも見当がつかないが、前走で32キロも増えていながら勝ったことを成長の証と考えて、トリコロールブルーに一票。ダービー5着でルメールが乗ったアルアインが次点。




【京都ダート】


■土日とも不良で時計の速いダート。逃げ・先行有利、外有利


先週は木曜と金曜に小雨がパラついた程度で、土曜もおおむね曇りだった。ダートも馬場発表は良。土曜は0.4秒前後遅い時計だった。日曜は朝から小雨で合計13.5ミリ降った。6Rまでが稍重、それ以降は重になった。1Rがやたら遅かったのでそれを除いて計算すると、ほぼタイム差なし~0.6秒速い範囲か。

今週は土曜の早朝から雨が降り、開催が始まる頃に本降りになって、それ以降降り続くと予想される。重スタートだとしても、昼前に不良になりそう。2秒前後速い時計を想定する。

土曜の夜から日曜の早朝にかけてが雨のピークで、100ミリ超の雨量がありそう。昼過ぎに小降りになったとしても一日中水が浮いた不良馬場になる可能性が高く、2.5~3秒前後速い時計を想定する。逃げ・先行有利、外有利。



【新潟芝】


■不良になったとしても通常の範囲内でそれほど緩まない、やや外有利、先行差し互角


《Aコース2週目》

先週は金曜日の朝に12ミリ降ったが、土曜日はスタートから良。0.7秒前後速い時計だった。日曜も一日中良で、やはり0.7秒前後速い時計だった。

今週の木曜日に3ミリ、金曜日に0.5ミリ降ったが、秋雨前線は太平洋側にあるため、新潟への影響は少なく、土曜は曇りで雨は降らない見込み。芝の時計は先週並で、0.7秒前後速いと想定する。

台風の影響も太平洋側ほど大きくなさそうで、日曜の雨量は太平洋側の半分以下になりそう。それでも少ない雨量ではないので、日曜の午前中に重になり、午後には不良になる可能性もある。やや外有利、先行差し互角。



【新潟ダート】


■土は標準的な良、日曜は重~不良で速いダート。内外互角、やや先行有利


先週は金曜日の朝に12ミリ降り、土日は曇りだった。馬場も土日ともずっと稍重のままで、土日とも0.8秒前後速かった。

今週は木、金と雨がパラついたが、土曜は曇りで降雨がないと想定し、良でタイム差なし前後の時計を想定する。日曜はまとまった量の雨が降り、昼前は重、午後は不良になると想定して、1秒前後速い時計を想定する。内外互角、やや先行有利。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。