競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 札幌はCコース替わりに要注意【今週の馬場傾向予測】
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

柴田卓哉・美浦追い切りレポート 多士済々といったマイルCS、先週の牝馬GⅠと同様に上位に絡みそうな馬が十指に...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 本来なら8月中に結論を出すべきはずの加計学園問題―。やたらもったいつけ、“い...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

馬場トレンドジャッジ

2017年08月19日(土)更新

札幌はCコース替わりに要注意【今週の馬場傾向予測】

雨が降りそうなのは土曜の新潟。低気圧の通り道になるため土曜の午前中は雨になる。問題はその時間帯にどれだけ降るか。午後には小降りになりそうで、日曜は曇り。札幌と小倉は土日とも晴れそうだ。


【新潟芝】


■4週目のAコースでも芝には傷みなし。やや先行有利、内有利


《Aコース4週目》

先週は火曜日から水曜日早朝にかけて25ミリ、金曜日の朝に5ミリ降り、もともと芝にはある程度含水があった。開催日の土曜日は10時前後にまとめて10ミリ降り、午後のレースから稍重になった。日曜は朝に2ミリ降り、それ以降は曇り。芝は3Rのみ稍重で、芝の2レース目の5Rから良に回復した。良とはいえある程度含水がある状態で、時計は土日とも0.3秒前後速かった。

今週は月曜に1ミリ、金曜に2ミリ降った。また土曜にも午前中を中心に雨が降るはず。まだ芝に傷みはほとんどなく、とりあえず降水量は少な目と見積もって良~稍重想定で0.5秒前後速い時計を想定する。ただしゲリラ豪雨的な降り方で降水量が10ミリを超える可能性もあり、その場合は1.5秒前後遅くなる可能性はある。やや先行有利、内有利。



【新潟ダート】


■含水量の割にやや力の要るダート。先行差し互角、やや内有利


先週は火曜日から水曜日早朝にかけて25ミリ降り、金曜日の朝にも5ミリ降った。開催日の土曜日は10時前後にまとめて10ミリ降った。土曜は一日中稍重で0.2秒前後遅い時計だった。日曜は朝に2ミリ降り、やはり一日中稍重で、0.4秒前後遅かった。含水あるダートなのに時計がかかっていたが、今年の新潟ダートの時計がかかるのは春開催から続く傾向だ。

今週の中間は月曜に1ミリ、金曜に2ミリ降った。また土曜の午前中にも雨が降りそうだ。とりあえず10ミリ以内の降水と想定する。その程度の含水なら今の新潟のダートはそれほど速くならないはず。稍重~重で、0.5秒前後遅い時計を想定する。ただしゲリラ豪雨的な降り方で降水量が10ミリを超える可能性もあり、その場合は1秒前後速くなる可能性はある。先行差し互角、やや内有利。



【小倉芝】


■軟らかい芝で内めがやや傷み加減。先行差し互角、内外互角


《Aコース4週目》


先週は月曜に14.5ミリ、水曜に11ミリ降った。週末は土曜が晴れ、日曜は曇りだった。土曜は降水の影響で多少緩みが残り、0.2秒前後速い時計になった。日曜には乾いて0.5秒前後速い時計だった。

今週は月曜に31ミリ、火曜に10ミリ、水曜に16ミリ、木曜に14ミリ…と4日間雨が降り続いた。金曜から晴れて週末も晴れそうなので、馬場発表は良と想定するが、先週の土曜以上に路盤が緩んでいるはずなので、土曜は0.5秒前後遅い時計を想定する。日曜には路盤が乾くため、0.3秒前後速い時計を想定する。

コーナーの内めに多少土色が出ており、直線も5~6頭分外に出した馬のほうが伸びる様子だ。また中間の雨の影響で路盤も軟らかめで前崩れが起こりやすい状態。先行差し互角、内外互角。




【小倉ダート】


■週中間の含水残りやや速いダート。やや先行有利、内外互角


先週は月曜に14.5ミリ、水曜に11ミリ降ったが、その後は晴れ。ダートはそこそこ乾いていた。土日とも0.3秒前後遅い時計だった。土曜の時計は実際にはさらに遅かったが、ペースが遅めのレースが多かった影響を考慮して補正している。

今週は月曜から木曜まで4日間、一定量の雨が降り続いた。金曜から晴れて週末も晴れそうだが、気温が30℃そこそこなので、週末まで含水が残るはず。土曜は稍重から良へ移行する過程で、0.3秒前後速い時計を想定する。日曜は含水のある良で、タイム差なし前後の時計を想定する。内外互角、やや先行有利。



【札幌芝】


■Cコース替わりの上、乾いた芝に戻る。内有利、先行有利


《Cコース1週目》

先週の土曜日は朝から雨になりメインレース頃に雨足は弱くなったものの開催中降り続いて30ミリ以上降った。2Rは稍重だったが、5R以降は重で、1.8秒前後遅い時計になった。開催前から降っていたせいか一日中時計はあまり変化しなかった。日曜は一日中曇り、馬場発表も一日中稍重で、1.5秒前後遅い時計になった。

それ以降雨は降っておらず、今週はある程度乾いた馬場に戻る。先週まで3週間使った段階で芝の傷みは少なかったが、今週からCコースが使われるため芝の状態がさらによくなる。良で1秒前後速い時計になると想定する。内がよくなって順当に内有利、先行有利。




【札幌ダート】


■位置取りが優先する乾き気味の良馬場。逃げ・先行有利、内有利


先週の土曜は開催中にほぼ30ミリ降った。馬場発表は稍重→重→不良と立て続けに変化したが、午前中の降りが強かったため、時計は最初から速く、土曜は一日を通じて1.8秒前後速かった。日曜は一日中曇り、馬場発表は重で、時計は2.6秒前後速かった。

それ以降雨は降っておらず、今週は乾き気味の良馬場に戻る。0.4秒前後速い時計を想定する。逃げ・先行有利、内有利。



プロフィール
城崎哲

1959年栃木県生まれ。競馬雑誌編集者を経て、フリーランスのライターに。 『カリスマ装蹄師 西内荘の競馬技術』により2007年JRA賞馬事文化賞受賞。 まるで学者のように調査対象を多角的に突き詰め、独自の視点から競馬を追及するのが持ち味で、コース予想の分野を切り開いた。 他に『コースの鬼!2nd Editon』、『ハンデキャッパーの方法』など、競馬に関する著作多数。