競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 研ぎ澄まされたグランシルクが初重賞をゲット
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

サムネ画像 動画でさらに学べる! ▼日本ダービーの血統ポイント▼ ...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「三夏の候」―。日本には昔から便利な言葉がある。立夏~立秋までの初夏、仲...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2017年05月10日(水)更新

研ぎ澄まされたグランシルクが初重賞をゲット

GⅠシリーズに突入しての3週目はヴィクトリアM。前年度に2着だったミッキークイーンにとっては雪辱を期す1戦で、実際に支持も集まっている。何せ、一気に持ち時計を詰めての1分31秒9と底力を十分に示せたのだ。それをベースにすると浮かび上がるのがルージュバック

5着でミッキーQとの差は0秒2に過ぎぬし、一線級が集う毎日王冠勝ちがその秋ということならタイトルを得る資格を持つ。今回は通常より1週早い美浦入りで、3本追えるというパターン。並々ならぬ意欲の表れと見做して良いだろう。1週前の5F追いがあったから、直前はしまい重点で追走して併入の4F52秒0。額面通りに受け取れば順調な仕上げと言えるが、どうも前肢が伸び切らない。これは、少々立派に映る馬体が原因か。

丸味帯びた牝馬らしいシルエットを全面否定するつもりはない。唯、持ち味は研ぎ澄まされた体から繰り出されるフットワーク。つまり、高速決着に対応し切れるかという不安が頭を擡げる。まして、実績が示す通りベストは1800。少なくとも1番人気馬との逆転はなさそう

関東では福島牝馬S組。唯、2着フロンテアクイーンではない。こちらは前走後の始動が遅れた上に、5F70秒を超える追い切り時計と反動が懸念される。2走前のように坂路オンリーでなかった点は救いになるが…。

ウキヨノカゼが7歳にして充実。最終追いこそ前を行く馬に追いつかずに単走扱いとなったが、事前からその目論見でしまいを伸ばすだけで十分といった馬体の造り。中2週であれば十分だし、良質な筋肉を存分に駆使してのアクションは迫力満点。長い直線では脚が保たぬという見立てを打ち消すまでには至らぬが、状態には太鼓判を捺せる

GⅠの前日には安田記念を見据えた1戦となる京王杯SCが組まれている。昨年の2勝は当レースを含め、1400ということからもサトノアラジンにとっては本番より連覇がメインテーマになるのでは。

しかし、昨年が自身の追走も楽で勝ち時計が表す通り緩いレース。しかも、当時からの1キロ増しなら他がつけ入る余地は十分にある。とはいっても、前年度3着・ロサギガンティアには魅力を感じぬ。確かに、3頭縦列の最後尾から外に合わせて測ったような2馬身先着。はち切れんばかりの馬体を誇って寸分の狂いもない。唯、年齢的に劇的な変り身があるかと問われれば答えは否。

トーキングドラムの進境が著しい。同じ距離の阪急杯を制していることが根拠になろうし、GⅠの前走は忙し過ぎた。また、同じOPのクラリティスカイを相手に6Fから渾身の併せ馬で2馬身先着だったから、その僚馬との立場は逆転。長い直線の克服が鍵となるのは承知でも上位を賑わす存在として挙げたい

唯、それよりもダービー卿CTの2、3着。キャンベルジュニアは堀厩舎のルーティーンとも言える過程を踏んでの臨戦で2週にわたるラスト12秒台はいずれも余裕のある動き。柔軟性なしではあり得ない大きなストライドで鮮やかな成長曲線を描いている。

前走でそれには僅かに及ばなかったグランシルクにとっては当コースの1400がピンポイント。従って、阪急杯には目を瞑って良いわけだ。先週までに併せ馬2本と十分過ぎる負荷をかけて臨んだ最終追いにはその効果が覿面。楽走といったイメージで馬自身がリラックスしながら自然体でペースUP。少し気合いをつけただけでも即反応してのラストが実に鋭い。無駄を全て削ぎ落とした究極の仕上げがあればこそで、別のレースになるが先に指摘したルージュBとは対照的。高速ターフや速い上がりに完璧にマッチする体つきだということ。

土曜10Rの1600万下は粒揃いの上にハンデ戦で実に面白くなりそう。ハロー明けに4Fスタートでシャープな捌きを見せたステイパーシスト叩いた効果が覿面。体のラインが洗練されたからだ。勿論、多少重い芝だった3月の中山から目下の馬場、左回りに替るのも吉と出そう。

しかし、使いつつ確実に上向いているネイチャーレットの魅力には抗えぬ。馬場が閑散とした時間帯のポリで単走。元々、稽古で目を惹く動きを見せる馬だが、今回はラスト11秒台でも数字以上の見た目。つまり、今までより緩やかなラインとなってより全身を使えるフォームに様変わりしたからこそ。3歳時を振り返っても実戦を重ねることによってレベルUPといった経緯が手に取るように分かる。条件が全て好転。以上の2頭に絡むとしたら関西。長距離では底を見せていないパフォーマプロミスが脅威。

その直前の夏木立賞はウインガナドルで決まり。一杯に追っての併せ馬で4F55秒4は際立つ時計ではない。が、元々綺麗すぎるフォームだから雨に祟られたウッドであれば仕方ないし、直前までもビッシリ追えた点に体質強化が表れている。1週前にはクラリティシチ―(西下して都大路Sを使うが叩いた効果が覿面で大駆け十分)をアオったほどで、2月以来となるが休養前を大きく上回るデキ

ライバルは1戦1勝のグローリーハンター。戸惑いつつの道中だったデビュー戦でも見事に前を捕らえた辺りに非凡さを感じる。加えて、2週連続での好時計。速いタイムを叩き出すことによって仕上げる田村厩舎だから驚くほどの数字ではない。が、先行したとはいえ古馬OPを寄せつけなかった1週前、直前には先行2騎を鮮やかに抜き去ってのフィニッシュで上がりに至っては37秒4。トモに一段と肉がついて推進力が増したのだ。当然ながらコース替りも大きなプラス。

3歳戦ということなら今後に繋がる日曜・青竜Sに触れなければならない。芝2000の若葉Sが如何にも叩き台といったサンライズソアが栗東組では抜けている。関東で奥行きを感じさせる2頭はアナザートゥルースとサノサマー。唯、これらは坂路オンリーの馬で目の当たりにできないし、完成度といった点で信頼に足るとは言えない。

それならモンサンレガーメ。ヒヤシンスS以来となってそこでは案外だったが、平常心を欠く若駒の悪い面が出て力を出せる状況になかった。立て直した今回は再三にわたって身体能力の高さを見せつけている。直前こそ坂路56秒0ではあっても先週のウッドは3頭併せで‘おいでおいで’。相手の1頭がこの世代のトップかもしれぬリゾネーターだったのだから驚く。ベストは1400だろうが立て直した今なら保つ筈。

あとはサクレエクスプレス。細部にパワーが籠った身のこなしで、第一印象とは異なるダート馬。丁度、昨年のグレンツェントとダブるのだ。稽古駆けしないタイプといった点も同様で追い切りでは3頭併せでの遅れ。しかし、5F70秒切れば十分だし、追走したことを考慮すれば中身は前走以上。実戦ではレベルUPしたパフォーマンスを披露するに違いない。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。