競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 藤沢和厩舎2騎が注目の的 その調教とは?
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 今週は、キタサンブラック対サトノダイヤモンドのトップ対決が行われる天皇賞...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

サムネ画像...
続きを読む

競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部より、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2017年04月13日(木)更新

藤沢和厩舎2騎が注目の的 その調教とは?

皐月賞は敢えてスプリングS組を重視。
質の高さを誇る3歳牝馬ということでファンディーナが話題を攫っている感のある皐月賞。それを含め、直結する傾向にある鞍ではスワーヴリチャードカデナが快勝。関西の層の厚さには一目も二目を置かなければならぬというのが正直なところ。

対する美浦では、桜花賞の雪辱を果たしたい藤沢厩舎の2騎が注目の的で追い切りは木曜。馬場の回復も見込めるという要素も当善ながら、ある。馬場入りは1度目のハロー明けでともに3頭併せ。
口火を切ったのはレイデオロでスタートの5F地点では先頭から1秒。定石通りに内にもぐり込んでの直線となったが、結局は真ん中の馬に1馬身及ばなかった。勿論、セーブしての遅れだから心配はない。しかし、暮れ以来となるわりにはスッキリとし過ぎている。最後が5F71秒5ということでも迫力といった点で今ひとつ。

直後の組だったサトノアレスは5F69秒3での先着。やはり、3頭縦列の最後尾から内に進路を取ったわけだが、スムーズに加速したラストは実に軽快。TRを叩いたことで青写真通り良化した。唯、前走でも指摘した通り、体型が生粋のマイラー。2000になると相当な工夫が必要となりそうで、展開に注文がつく。上昇度を踏まえても連下か。

ここからは水曜に最終調整を済ました組。迫力といった点ならアウトライアーズが最右翼。何せ、レースが近づくにつれ、馬を追い込んでいく姿勢が露わになっているし、それに応える動き。1度目のハロー明けに向正からスタートする5F追い。唯、しまい重点ではない3頭併せで先頭との差は1秒8。単走で終わるのかと一瞬は思わせるほどだったが、抜群の推進力ながら手応えに余裕があっての併入。5F67秒5は重いウッドを考慮すれば破格なのだ。時計は平凡だったとはいえ、中山2000での勝ち鞍がある上に、3走前のカデナとの差はレースの綾。折り合い面での進境も窺える。

そうなると、データ的には分の悪いスプリングSでそれを下したウインブライトには相応の評価を与えて良いわけだ。2歳時、特に目立つ存在ではなかったが年明けから著しくパワーUP。身のこなしがシャープ、四肢に力の籠ったフットワークを見せるようになったからだ。
6分処でも馬なりで好時計マークとほぼ態勢と整えた1週前に加え、外目のコース取りで一杯追いを敢行した直前もあるのだ。最後まで手を緩めぬ調教を施せたこと自体が充実の証し。1F延長など全く気にならぬ前哨戦での伸びからも一躍◎候補

今回と同条件の京成杯勝ち馬コマノインパルスには触れなくてはならないだろう。4度目のハロー明けに3頭併せで5F70秒5。最終追いでも負荷をかける菊川厩舎らしい過程で臨む点には好感が。唯、追走する態勢だったとしても1馬身遅れでは目算外れ。ニュージーランドT出走の僚馬に子供扱いされた中間を振り返っても一時の勢いは失せたと断じたい。

阪神ではダートのGⅢ・アンタレスSがメイン。1月以来となるグレンツェントは乗り込み入念。飛躍を期する立ち位置だけに取りこぼせないとの姿勢が見受けられるのだ。最終追いを含め3本の併せ馬を消化。元々、稽古より実戦というタイプだから、脚色劣勢でも追走して併入、5F68秒6なら及第点を与えられるし、見た目にも無駄肉はない。着差以上の強さだった東海Sから58キロでも中心視が妥当。

唯、斤量差を突ける可能性がモンドクラッセにはある。みやこSを基準にすれば3キロ貰った勘定になるからだ。輸送を控えているから最終追いは4Fからのしまい重点で感触を確かめる程度。が、全身を使った伸びやかなフォームのラストが印象的で、前走時からの上積みは確か。また、主張すれば再び単騎が望めるメンバー構成も後押しになる。

再び中山へ目を移す。日曜の春雷SはOPのスプリント戦。今回が初距離となる……(続く)





続きの柴田卓哉・美浦追い切りリポートは
コチラで公開しています!


さあ、競馬JAPANが新たなステージへ!
この冬より新しく・ブログを開設
『馬券の現場力』バリアゲ↑↑養成所



競馬JAPAN編集部が皆様と共に「馬券の現場力」を3倍高めるべく、日々精進していくための場としてオープン。今後の展開にぜひご注目ください!





プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。