競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. バーデンバーデンCは明け4歳が主力
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋の東京・京都攻略ガイド

サムネ画像秋の東京・京都は、秋華賞、菊花賞のクラシック最終戦に始まり、古馬の頂上決戦である...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 9月中旬に急な冷えで感じた〽秋風ぞ吹く―と違って季節相応の爽やかな秋...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先々週、年間の勝利数を30勝の大台に乗せた藤田菜七子騎手。先週から開幕し...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2019年07月11日(木)更新

バーデンバーデンCは明け4歳が主力

前半の2週で重賞を終えた後の福島開催は消化試合といった風情。が、例年よりメンバーが揃ったと断言できるOPのスプリント戦が日曜メインとまだまだ目が離せない。

レジーナフォルテが支持を集めていることに関して異論を挟む気は毛頭ない。何せ、既に3勝を挙げている福島で昨夏などは1.07.1秒での完勝。しかも、春・中山での安定ぶりが地力強化の証しとなっているからだ。2着だった2走前からの据え置きの53キロも有利に働こう。唯、プレッシャーを受けた形で進められると意外にも脆い。ここ2週の影響で馬場が荒れ気味なのも気懸かり。

能力ということなら最右翼のアンヴァル。飛躍のきっかけとなった昨10月・オパールS以降、GⅢでも崩れていないのが立派。特に、1月は外枠で脚を矯めることが叶わないながら0.2秒差の大健闘。中間には坂路50.7秒があるように、更なる成長まで見込めるほどで、福島では2歳秋にOP特別を制した実績からコース替りはOK。というより、フラットなコースではまだ底を見せていないということ。

唯、立て直したアンフィトリテを見逃してはならぬ。初めて上の世代に混じっての1400m、直線一気が台頭する厳しい流れに晒された昨秋・信越Sは明らかに守備範囲外。加えて、葵Sをスキップしてからの仕上げに手間取ったように半ば見切り発車。対して、徐々に時計を詰める過程に好感が持てる上に、ペース如何であらゆる立ち回りが可能になるピンポイントの1200m。以上のどちらかが◎になろうが、同世代ながら2キロ貰っている方に気持ちが傾く。

展開頼みは否めないが人気薄コパノディールにも注意を払っておきたい。右回りではポジションが後ろになりがちだし、馬群を捌くのにも苦労と適性自体は今一息。が、真っ正直なレース運びだったCBC賞で0.6秒差に過ぎなかったのは評価できるし、再びの49キロ。また、北馬場では3Fのみだが一杯追いを敢行と、輸送を挟んだ中1週ながら意欲的で、状態は高いレベルで安定している。乱ペースでの台頭、3連単のヒモに加えて損はない。

同じ短距離戦でも土曜メインはダート。3勝クラスでせめぎ合いが激しくなること必至。追い切り前にはオーヴァーライトに期待していた。安定味を欠いた休養前、気性面に課題があったのは明らかで、その身体能力を引き出すべくの去勢には頷けるからだ。けれども、体がデキていた上でのポリ、5Fから16秒に近い緩いラップながら弾けずにラスト13.2秒。本気で追わなかったにしろ、1F切って反抗する素振りで集中力欠如が露わとなっては心許ない。

逆にサニーダンサーは万全の仕上げ。僚馬とともにコース入りしたが、前との差を大きくしてストレスを与えない状況を造り出した。結果、リラックスした走りながら直線に向くとストライドをシッカリ伸ばすといったメリハリの利いた追い切りを消化。ウッド閉鎖でバリエーションに富んだメニューを組めた。広いコースを使って伸び伸び調整できることで新境地を拓いたのでは。器用なスピード自慢、初になる福島1150mが向かぬわけない。

同じ舞台の2勝クラスが日曜・鶴ヶ城特別。ここは4月以来となるグランティエラを中心に考えるべき。そこでは前半3F34秒切ったハイテンションの中、末を失くしたが、当時は使い詰めで直前の追い切りも控え目だった。価値ある3走前の1.11.4秒とは裏腹な姿がピークを過ぎていたことを物語る。リフレッシュした今回は全身を使った見事なアクションでの5F68.2秒が最終追い。コントロールを利かしてペースUPする様に進境ぶりが表れている。勿論、福島適性は抜群で昨夏には好時計勝ち。一本調子だった当時より幅が出ているのが何とも心強い。

平場戦でもダート1150mをピックUPして日曜8Rのアロハブリーズ。初勝利を挙げた3月以来で当然ながら馬を追い込むようなメニューは避けた過程。唯、ソエに悩まされていたのが前走時でその時点でも脚元と相談しながら。つまり、ポン駆けの利く気性でスプリンターそのもの。唯、少なくとも春より体を大きく使えるようになった模様で、目論見通りに進化したと見做して良い。更に、前後半差が3秒を超えるペースでも手応え抜群の大名マークと、速さと器用さを兼ねたレース振りからローカル巧者ぶりが目に浮かぶのだ。斤量利もあるからここはあくまでも通過点。

最後に新馬戦。土曜6Rは良血マジックキャッスルが登場。期待が大きいのは当然で気品溢れる全体像で太目感なし。それはセーブ気味だった最終追いの4F55.0秒が先行態勢だったことでも分かる。要するに、感触を確かめる程度でも十分といったレベルに達しているわけだし、追えば幾らでも弾けそうな点でセンスは抜群。

唯、マンバーが侮れない。坂路を中心に質の高い併せ馬を消化してきたからだ。特に、1週前のポリで最後には1馬身遅れたが手応えは楽なまま。外の古馬が稽古駆けするだけに中身は濃厚だし、小気味良い身のこなしでスピードに乗ると実に軽快な捌きを見せつけるのだ。小兵で奥を感じさせない反面、如何にも2歳戦が向くタイプ。完成度でアドバンテージを得ることになるのでは。




柴田卓哉が厳選勝負レースを公開中!
「競馬成駿」はコチラ!


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN