close

競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 新興勢力の台頭に期待が膨らむスプリングS
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

【必見】GIウィーク攻略法

サムネ画像上位拮抗の桜花賞1強ムードの皐月賞いよいよ今年もクラシックシーズン突入。桜花賞、...
続きを読む

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 前回取り上げた三浦騎手は、先週も3勝。依然として関東リーディングの座を守...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2019年03月14日(木)更新

新興勢力の台頭に期待が膨らむスプリングS

新興勢力の台頭に期待が膨らむスプリングS 今週で皐月賞のメンバー構成がほぼ固まるといった番組で東のメインはスプリングS。当然ながら実績優先なら朝日杯組。特に、正攻法で進めた結果、ラストで力強く伸びたクリノガウディーには敬意を表すべき。唯、昨秋からのステップUPは使い込んだ成果。ひと息入れての今季初戦が減点材料になりかねぬ。


そこで4着だったファンタジストはスピードと切れを兼ね備えた好素材。宥めるのに苦労したGⅠは初距離が応えたとの総括で良さそうな反面、スプリンターとしても完成を目指した方が良いタイプ。やはり、中心視するほどではないか。6着だったのがエメラルファイトで、こちらは上昇著しい。2歳時の決め手不足といったイメージを一掃したのが前走。しかも、質の高さキープが明らかな過程を踏んできた。3本の併せ馬はいずれも追走態勢からで、ダイナミックな身のこなしがあってこその好時計連発。しかし、相変わらずゲートが悪い。今回の条件ではそこをどうクリアーするかにかかっている。


ここで重視したいのは別路線で、まずは巻き返しを図るシークレットラン。追い上げが不発に終わった京成杯だが、向正で極端にペースが落ちて前目に分のある展開に泣いた。500キロ前後の数字ほど逞しい印象を受けないのは、まだ筋肉がつき切っていないから。唯、今回はウッドでの始動を1週早めた上に、6F追いまで課したのだ。速い時計で攻める田村厩舎とはいえ、直前でもテンからエンジン全開での5F66秒1をマークと背水の陣。1F短縮で思い切ったレース運びが可能、新らたな一面が見られるシーンも。


水曜の想定段階で抽選対象となっているニシノカツナリにも注目する。頭が高くて洗練されたフォームとはとても言えないが、それで結果を得ている。つまり、全身から発するパワーがウィークポイントを補って余りあるということ。ハンドルを利かせづらかった同じ中山のデビュー戦でさえG前の迫力は並大抵ではなかった。元々、余裕のある造りだった1月があったから、上昇カーブは鮮やかで、外ラチに触れんばかりのコース取りだった追い切りは、離れた前を行く僚馬2頭をアッサリ呑み込んでなお余裕と迫力◎。


堀厩舎は定番の木曜追い。ヒシイグアスは、厩舎2組という遅い時間帯に向正からのウッド入り。当然ながらスタートは半マイルのしまい重点で、本格的にピッチが上がったのは3F過ぎ。とはいえ、全くの軽目といったイメージではなく、均整の取れた体を駆使してのラストは12秒0という鋭さ。


つまり、間隔が詰まっても+8キロだった若竹賞時とは別馬と言って良いほどに。現に、中間には5F追いを2本と鍛錬を積んできたのだ。その結果が、漆を滴らせたような毛ヅヤであり、スッキリした腹目だということ。初勝利の時計が優秀な上に、当距離も経験済みと周到なまでの経緯があるのが何とも心強い。


関西勢から選択肢に入れるのは、やはりキャリアの浅いユニコーンライオン。新馬戦とは大きく異なる前後半差2秒1という落差だったのが前走。走る気が失せそうな道中があっても展開利のあった勝ち馬に抵抗した点、一気にタイムを詰められたことが非凡さの証し。◎は以上の4騎から。


土曜のフラワーC、コントラチェックが態勢を整えてきた。確かに、荒削りな面を残すが、3度目のハロー明けに古馬を2秒以上先行させてから内にもぐり込んでの併入と、テンションを抑えつつのメニューだった昨季との違いは明らか。一旦は単走で流す程度と思わせたが、前を追い上げる4角手前からが実にスムーズでもあった。これは、前後のバランスが取れた馬体に様変わりしたことでのなせる業。気性面の成長も窺い知れるだけに、逃げに拘らなくてもOKなのでは。


暮れ・エリカ賞の勝利で俄然スターダムに名乗り出たエールヴォアとの首位争いというのが一般的な見方だろうが、エフティイーリスが絶好のデキだけに、それを含めての三つ巴と考える。マイルがベストで先週の桜花賞TR除外が如何にも痛かったが、全身に力が漲っているように今がピーク。アネモネS目標でスライドした分、軽目で終わらせるかに思えた最終追いでも3頭併せを敢行したのだ。地を震わせるかの如く四肢を叩きつけるアクションは牡馬と見紛うほど。フェアリーSから間隔を開けての進境ぶりは、恐らく陣営に思惑以上で、今なら不器用な面にも目を瞑れる。


中山の特別戦はまず韓国馬事会杯。ここで主力を占めるのは昇級初戦組。明け4歳のゴライアスやマイネルユキツバキが充実一途。が、ルフォールもそれは同様。何せ、脚元の不安によるブランクがあっての前走が約1年ぶり。しかも、徐々に進出する盤石に型さえ我が物にしての2着だったから驚く。今回は中1週となるが、馬が走りたくて仕方ないといった風情で直線を駆け抜けた。しまい重点のプランでも行き出しは5Fだったほどで、数字以上に体を大きく見せる全身を余すことなく使えているからこそ。一叩きで覚醒といった領域入りなら2キロ増になる定量戦でも問題なし。


同じ準OPの幕張Sはトーセンブレス。層の厚いカテゴリ―だけに容易くはないだろうが、スランプ脱出を実感できるからだ。前走の11着に引っかかりを覚える向きがあるかもしれぬが、未経験の距離で極端なスローに嵌ってはやむを得ない結果。むしろ、大きな馬体増自体が収穫で、単走での4F52秒1にしても躍動感は満点。デビュー戦でプリモシーンを下した舞台で見直す。


これとセットで考えたいのが日曜6Rのブランクエンド。その下という血筋だけに、小気味良い身のこなしがアピールポイント。つまり、昇級しての前走で限界を迎えたように映るのは2000ゆえ。少々胴の詰まった体型だし、スイッチONから淡泊になるまでが如何にも早く守備範囲を超えていたわけだ。加えて、1週前の6F追いで態勢を整えていながらもラストで再び併せ馬という念には念の入れよう。ここから再びアクセルを吹かせる。


最後が中京・日曜1Rのバスクベレー。同じく遠征するファルコンSのドゴールが本線であろうが、確実なのがこちら。デビュー戦の芝では案外な結果に終わったが、スローでの先行といった字面より絶えず外からプレッシャーをかけられた形を敗因とすべき。また、好センス故に稽古の動きが目立っていたが基礎体力がつき切っていなかった側面も。対して、リセットした今回は筋肉の質からして違う。現に、ラスト2週は天を衝くような上昇ぶりで、直前などは、先のドゴールを相手に5Fで1馬身のビハンドがありながら互角の手応えで5F67秒9。ピンポイントと断言できる条件で潜在能力が露わになる。


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN