close

競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. 東京新聞杯も明け4歳のせめぎ合い
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も万券乱舞の春競馬が開幕!

サムネ画像そろそろ春競馬が近づいてまいりました。GⅠに向けた前哨戦、トライアルが目白押しで...
続きを読む

【東大卒】水上学が大暴れ!

サムネ画像中期的馬券プラン「戦略的集中プロジェクト」で特別鞍を提供した水上学。改めて切れ味...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週は土曜の東京が雪の影響で中止。月曜に順延となりました。 土曜東...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2019年01月31日(木)更新

東京新聞杯も明け4歳のせめぎ合い

  2週目を迎える府中のメインは東京新聞杯。キャスティングボードを握るのが、藤沢トリオであることは論を俟たぬ。確かに、ハロー明けのウッドで4Fからの3頭併せを消化したロードクエストは、他との違いを見せつける動きで先着と復調を感じるには十分。が、一瞬の切れを生かすにはマイル、坂のある直線とクリアーすべき壁は高い。最終調整に坂路をチョイスした冒頭の3頭に重点を置くしかない。

暮れの阪神Cが案外だったサトノアレスは51秒8。復帰戦も十分に乗り込んでいたから、状態面での劇的な変化はなかろう。包まれて自己完結した前走は気性ゆえで、バックSの長い設定がストレスのない追走を可能にしそう。1分31秒5の持ち時計は当舞台、昨年度2着といった点でも見限るのは早計。

唯、変り身を見込める4歳2頭に一日の長があるのではないか。タワーオブロンドンは11月以来。ゴーサインを受けてからモタついたように見えたが、その地点のラップが10秒7なら仕方ない。むしろ、外に持ち出すロスがありながらゴール前の勢いはメンバー随一。バランス良く配置されて筋肉を駆使したフォームが見事なのは、1週前のウッドが示す通りで、その身体能力はひと際目を惹く。地力がモノを言う府中マイルで再度首位争い。

問題はレイエンダの取捨。出負けしてなし崩しだったチャレンジCでの6着は度外視できるし、最後尾から一気に前に迫った先週のウッドでも非凡さをアピールした。追い切りこそ坂路だったが、ラスト12秒6と緩めた気配は皆無なのだ。今回の路線転換はある意味、冒険に等しい。しかし、血筋に裏打ちされたセンスに加え、骨折明けで促した程度の昨5月の上がりが34秒1。未経験の距離というだけで評価を下げるべきではない。

以上に絡めるというか、◎まで視野に入れて良いのがやはり同世代。西ではインディチャンプで、昨春のアーリントンCではタワーオブロンドンの後塵を拝しているが、当時とは走りが違う。自然体で脚を矯められるようになってラストの爆発力が段違いにUP。小細工なしに進めれば見立てを大きく上回る切れで前を呑み込みそう。

あとはテトラドラクマ。昨2月、OP2戦目での1分33秒7が並みでない。その後は尻すぼみだったが、ひ弱さゆえに使うレースが思い通りにならなかった。坂路主体だが、角馬場などで見せる姿には麗しささえ。ひと回り大きくなったと実感させる馬体で立て直せたのが明らかな分、展開利を味方に後続を寄せつけぬシーンがあって不思議ない。

藤沢厩舎で確実に星勘定に入っているもう1頭は、土曜・春菜賞のスイープセレリタス。こちらこそオール坂路。あり余る能力といった反面、もう少しトモに力をつけて欲しいといった面が否定できずに段階を追って鍛え上げているといった現在地だからだ。けれども、アクセントの利いた走りは実に洗練されている。しかも、前回の中京では目標になる形ながら強敵相手にタイム差なしの3着。馬場の硬い今の府中で1F短縮、牝馬限定戦となれば逆らえぬ。これを襲うには飛び道具が必要でチビラーサンなら足元を掬えるかも。

大半が1勝馬だったフェアリーSで0秒2。直線に賭ける競馬が嵌ったとはいえ、ゴール前の迫力は際立っていた。初コース、急坂をアッサリ消化した時点で非凡さを感じ取らねばならぬ。今回もしまいをセーブして1F14秒2ながら実にリズミカルな捌き。ストレスを避けながらもシッカリと併せ馬をこなせたように、見た目以上に芯が強い面も見逃せぬ。

古馬の特別戦からは日曜・銀蹄S。ハンデ戦の1600万下で紛れること必至なだけに、手を出してはいけない筈だが、入念に乗り込んで休養前以上が確実なパイルーチェの魅力には抗えぬ。その前走、前を射程に入れながら意外なほど弾けず。とはいえ、経験不足といった側面は否めなかったし、夏場からの使い詰め。そこでリセットしたことが功を奏しているのだ。現に、1週前の併せ馬を含め、広いポリで存分に追えた過程があるし、最終追いに至っては北のダートコース。つまり、半ば加減して仕上げたこれまでとは全く違うパターンで臨めるのだから、見た目通りにパンとしたわけ。据え置きの53キロで冬場の重いダートなら速い時計に泣かされることもない、条件は揃った。

1000万下は土曜・箱根特別。ルヴォワールにとってここは通過点。最終追いこそ5F72秒0と遅い時計だったが、最後には苦しくなった外を尻目に余裕綽々。中間にはGⅠ馬の弟に食い下がった併せ馬もあるほどで鍛錬に余念がなかったから、直前は感触を確かめるだけでもOK。豪快な前捌きにトモがついて行っている点でも全体に力がついて安定味が増したし、早々にはバテないイメージだから、初の2400で更に盤石。

ライバルはサトノオンリーワン。初の1000万下だった前走は脚を余した。ハンドルを利かせにくいだけに石川では御し切れなかったということ。確かに、府中では取りこぼしが多かったが、完成途上の時期だっただけで持ち前の豪快なフットワークを思えば適性◎。また、単走ながら他厩の併せ馬に迫ったのはラストの加速が凄かった故で楽々の1F12秒2。今までにない鋭さに一目も二目も置くべし。

平場の1000万下からは日曜12Rのディロスを。昨秋の中山では期待外れの伸びで5着に終わったが、今思えば見切り発車。ビッシリ追った本数が余りに少なかったことで重目が残ったからだ。それでも勝てると踏んだ点が油断と言えば油断。対して、今回は坂路を交えてジックリ攻めた挙句、最終追いの4F追いでも手を緩めずにラスト12秒5。外に見劣る脚色といった以上に、冬場を考えた調整ぶりに好感が持てるし、木村厩舎とは思えぬ直前での負荷。スムーズに運べる距離に戻して言い訳ができぬ状況を敢えて選んだだけのことはある。


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN