競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. TOP・無料コンテンツ
  2. ここで年度代表馬を確定させるアーモンドアイ
  3. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

万券連発の年末年始開催を徹底攻略!

年明けはドル箱開催!水上学14人気◎⇒大万馬券!獲れる根拠は? ──昨年、一昨年のプレミアム予想...
続きを読む

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週は香港国際競走があり、ルメール騎手もM.デムーロ騎手も不在。 阪神...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年11月22日(木)更新

ここで年度代表馬を確定させるアーモンドアイ

マカヒキの回避が何とも残念なJCは、芝中長距離に関しては層の薄さが否めない分、53キロと斤量面の恩恵が大きいアーモンドアイの独壇場になりそう。

そもそも、予定通りだったとはいえ、ぶっつけでの秋華賞というのが時点でスケールが違う。現に、オークスからは+14キロであった。確かに、数字通り鎧を纏ったような雰囲気で、想像を超える成長力だったにしても、目一杯ではなかった筈。にも関わらず、京都内回りで2着には逃げ馬が残る展開の中、搭載エンジンの違いをまざまざと見せつけた。

直後には反動があったとのことだが、前回時と異なるのはオールウッドでの調整だという点。しかも、1週前には3頭縦列の最後尾から鮮やかに抜け出したし、1度目のハロー明けだった最終調整も抜群。牝馬の直前だけに控えるかも、と思ったこちらが甘かったとしか言いようのないハードさ。正面から馬場入りしての助走、入りは16秒ジャストとユッタリだったが、5Fから14秒台とギアアップして進んだ挙句のラストは併走馬を一気に突き放しての4馬身先着。

シャープさに磨きがかかったのは、流線形の研ぎ澄まされた馬体になったからこそ。当然ながら、秋華賞を上回るデキと確信できるし、これまでのキャリアで一番安心して観ることができたのが当舞台であったオークス。余力あっての2分23秒8が翌週のダービーに0秒2差に迫るほどで、適性の裏づけも十分。3歳牡馬が相手でも追随を許さないだろうし、それは全世代にわたっても。もはや死角を見つけ出すのは困難。

美浦組の中には実績に敬意を表さねばならぬ馬も。サトノクラウンだ。この馬に関しては日曜使いの水曜追いがたびたびあったから、特殊な過程ではない。こちらは厩舎2組目のグループに含まれての登場。先週の長目追いで覚醒を促しただけあって、6月以来といった雰囲気は皆無だった上に、行き出し5Fと熱が籠っていた。唯、余裕綽々でのラスト12秒7でも全盛時の弾むような身のこなしが見られないのが寂しい。少なくとも、伸びを欠いての10着だった昨年からの大きな上積みはなさそう。

札幌記念で期待したミッキースワローはそこで受けたダメージを考慮してそれ以来。しかし、中身が詰まったと思わせる体つきで、ラスト1F地点でもスパートを待ち、横山典が気合いをつけると即スイッチオンの鋭さ。立ち直ったと考えて良い。それでも今回が府中初、コーナーで上手く加速するのが身上なだけに長い直線がプラスに働くことはなかろう。

ということで、不世出の牝馬となりそうな大本命の相手は関西勢から。京都大賞典で復活を遂げたかに映るサトノダイヤモンドをに○、というのが妥当だろうが、理想的なレース運びでも着差は半馬身に過ぎなかったのは物足りぬ。それならば天皇賞は発馬直後の大きな不利でリズムに乗り切れなかったスワーヴリチャード。スム―ズな左回り、レイデオロを物差しにすれば次位争いの筆頭という立ち位置にスンナリ収まる。

土曜メインはOPのキャピタルS。ここはダイワキャグニーで決まり。復帰戦の毎日王冠は相手が強かったし、鞍上がどうにか我慢させて抜け出した5月・メイSのレース振りから、理想がマイルなのは明らか。加えて、短期放牧帰りの初めての追い日で6F追いを敢行できたほどだから、外厩での過程が順調過ぎるほど順調であったのだろう。実際、直前は道中で他厩と絡む態勢。それをアッサリやり過ごせたのは抜群のスピード感ゆえ。さすがにゴール前は失速気味だったが、5F65秒7という破格の時計がパーフェクトな仕上げの証し。確実に賞金を加算したいところ。

他の特別戦でターゲットにしたいのは日曜の2鞍。まずはオリエンタル賞でゴールドギア。ハロー明けに併せ馬といつも通りにお時間帯。唯、やや劣勢だった1週前を経て俄然気合いが乗ってきた。外に合わせる追走態勢での向正から、半マイル過ぎから一気にスピードに乗るとその勢いを最後までキープしての4F51秒7。キリリと締まった体を存分に駆使した動きは、ラッシュ時ながらひと際目を惹いたほど。キャリアを振り返るとフラットなローカルでこそとイメージしがちだが、トモが甘いといったことはないからあくまでレースの綾。脚を使い切る戦法に出るルメールが跨れば末一手の競馬ではなくなるわけ。

ダートのシャングリラ賞は好調馬多数で実に興味深い。人気処ではハルクンノテソーロ。2走前、当欄で推奨したように調整場所をウッドに切り替えたことによって覚醒。全身をフルに使うフォームを取り戻して結果に繋げた。前走で上に進出しなければならなかったが痛恨の出遅れで明確な敗因を挙げられる上に、今回の4F54秒台にしてもこの馬に限れば高密度。

久々のレピアーウィットは好仕上がり。昇級初戦の6月は揉まれる形になってキャリア不足を露呈と力負けではないのだ。更に、直後からのリセットが功を奏した模様で、リラックスしているのが手に取るように分かるし、1週前にはOP相手の長目追いでシェイプアップ。パワフルでいながら典型的な砂馬にありがちな硬さがない点に奥行きが表れている。底を見せていない段階の1000万下なら組み易し。

ダークホースとして挙げたいのが、今回が初ダートになるスカルバン。発達した筋肉でトモの入りは深いし、前肢を力強く叩きつける点でも条件替りは絶好機。また、入念な中間があるからこそ、最終追いは上がりのみの調整で、実に伸びやかな身のこなし。ここ数戦では一番のデキと断言できる。

2歳戦からは土曜のカトレア賞を取り上げる。後続に10馬身差で1分37秒台と衝撃のデビューだったメイクハッピーに注目が集まる。稽古で目立つタイプでなかったから、驚きも倍加といったわけだが、今回の直前は更に控えて1F14秒4。鍛錬とはほど遠いだけに敢えて人気に逆らってみる。

福島経由のワシントンテソーロは物凄い勢い。中2週にも関わらず、直前は併せ馬で‘おいでおいで’先行したとはいえ、5F67秒7と前回時と大きく上回る時計をマークしたのだ。その新馬戦は2歳での開催NO.1となる1分48秒3。余力十分での速い上がりタイムが示すように、追えば幾らでも伸びそうな勢いだっただけに、そのポテンシャルを生かすのは中央場所での真っ向勝負でこそ。


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN