競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. ダートでも勝負になるナックビーナス
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年11月01日(木)更新

ダートでも勝負になるナックビーナス

持ち回りになっているJBCだが、今年は中央場所の京都。今ひとつ実感が湧かないと同時に、地方と砂質が異なるといった点も重要なファクターになってくる。

まずはクラシック。カテゴリーを問わずに交流重賞にメンバーが集まり易い傾向から、その路線を重視するのがベースとなる。一叩きしたサウンドトゥルーに期待が集まるのは当然。唯、こちらは坂路専用で目の当たりにできないのが痛い。しかし、最終追いの坂路で53秒4をマークしているれば十分だし、中央場所ということなら、一昨年暮れの中京でゴボウ抜きを演じた。上位には確実に絡みそうな立ち位置。

同じく叩いた効果を見込めるセンチュリオン。シッカリと筋肉がついた上での併せ馬消化といった点に好感が持てる。最後の1馬身遅れにしても5F68秒を切っているのであれば自身としては動いた方。稽古駆けしないことに関しては周知の通りだからだ。けれども、あくまでGⅢのハンデ戦を獲得した程度では荷が重そう。

それならばノンコノユメ。やはり、調教と実戦が結びつかないタイプにしても、1週前には追走しながら懸命に食い下がった上に、最終追いでは脚色に余裕があった。少なくとも前回時より体のハリはあるし、3歳時のJDDが示すように距離に対する融通性を忘れてはならぬ。確かに、強烈な決め手はマイルでマックスに達するとの見方が妥当でも砂馬としての完成域に達したと思わせる迫力、関東での最右翼はこれか。

スプリントは韋駄天揃い。中でもマテラスカイの速さには一目置くべきだし、大井は賞金の高いここに向けての布石と考えるのが普通。主役は譲れぬところか。唯、今年は芝からの転戦組にも目を配っておきたい。

いつもと違う時間帯のウッドが最終調整だったセイウンコウセイは渾身の仕上げ。実戦さながらのチークP着用もそうだが、最後までビッシリ追っての5F63秒1が出色。問題は、軽い馬場でのスピードが身上といった点。初勝利がダートというのは承知も当時は脚抜きの良い馬場で歴戦のダート馬らを向こうに回すほどの根拠にはならない。

逆に、穴で指名したいのがナックビーナス。スプリンターズSでは人気に反しての7着だったが、キーンランドCとの対比から坂がネックになったとの見方も。輸送を考慮しての直前は5F71秒0と目立たぬが、前週までの中身が濃密ならOKだし、充実した胸前に砂適性が見え隠れしている。セイウンコウセイと同じように、ダートが初勝利で、それ自体に価値を求めることはできぬ。唯、当時の主戦場はポリ、ウッドに入れば自然なラップで行ってもゴール前でバタバタになるほど基礎体力の面で大きく劣っていたのだ。対して、今は充実一途。大井の交流戦で着外だったのは出遅れが全てだったから、それを以てして足りないと見下すのは得策でない。

今季最後の開催になる府中のメインはAR共和国杯。準OPからの格上挑戦を含めたメンバー構成だけに、アルバートの実績が抜けているのは明白。加えて、久々の影響がしまいの甘さに繋がった京都大賞典からの良化が大きなフォローにも。現に、帰厩後の始動が早かった上に、無駄を削ぎ落とした体が如何にもマラソンランナーといった風情。木曜の遅い時間帯に登場して定石通りのしまい重点で締めたわけだが、5Fから17秒切るラップ。テンションを抑える意味では理に適っているし、ゴール前でシッカリと気合いをつけた。元より、1週前には3頭併せの最内で力強いストライドを披露。いずれも5F70秒を超える時計以上に負荷をかけたと確信できる。問題は昨年と据え置きの58.5キロ。であるなら、4連覇の偉業がかかっている上に、別定重量になる次開催、ステイヤーズS本線との見方に傾いてくる。

やはり、混迷は深くなる。このレースと似通った目黒記念組にも食指を動かされそうだが、調教からのイチオシはエンジニア。体質の弱さは勿論、ハンドル操作が困難なことがあって成長が遅々として進まなかったが今季に入って充実。特に、6Fから14秒台を刻みながらラストでパートナーを1秒置き去りにした最終追いが圧巻。距離に関しては未知数だが、スラリと伸びた体型だし。以前よりシャープな腹回りで、スパッと切れないまでも崩れなくなった所以。上手く立ち回る面を身上としている分、ラストの凌ぎ合いで優位に立てるのでは。

府中の他でターゲットにするのは同じくハンデ戦の土曜10R。イキの良い3歳が稽古で抜群の動きを見せたからだ。まずはパイオニアバイオ。細身の体ながらバネの利いた動きは相変わらずで遠征の反動なし。むしろ、窮屈になりがちなコースがネックだっただけで、消耗が少ないのが何より。実際、10日後に1本目だったことに加え、綺麗な3頭縦列から内を掬っての馬なり併入、ラストは12秒4と実に鋭い。フローラSの再現が見えてきた。

ライバルは同世代の牡馬マイネルファンロン。前走は前に壁が造れぬままのロングスパート。モレイラの感性が生んだ結果であると同時に、能力なしではあり得ない業。しかも、今冬で2着した府中2000でそこのメンバーは極めて強力。全身を余すことなく使ったフォームで3馬身のビハインドを感じさせぬ直前の併せ馬からも勢いは天井知らず。ノンストップでのOP入りが迫っている。

ローカルの福島は日曜が勝負処。10Rのきんもくせい特別はディキシーナイト。2歳9月にも関わらず、中山2000で2分2秒台をマークできた点に非凡さが表れている。しかも、一旦抜け出した藤沢厩舎の良血を測ったように差し切ったのだ。また、最終調整を含めて追い日は全て6F追いと鍛錬を重ねて実になっている。500キロを超えるわりにスマートな印象で軽い芝でこそ真価発揮といったタイプ。従って、開幕週で好天に恵まれそうなら今回は更に切れる筈。

返す刀で最終Rの会津特別。ここはブルーハワイアン。中山以来とひと開催スキップした形だが、新潟2週目を目標にしていたほどで、節の関係で出走が叶わなかった後は微調整程度で十分だということ。追い切りの5F70秒8にしてもギアUPした4Fからはスピード感満点だったし、1Fを切って気合いをつけるほど念入り。シャープな身のこなしで以前よりトモに力をついてきたことが心強い。持ち前のスピードで後続に影を踏ませぬ。


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN