競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 暮れのGⅠまで突っ走るグレイシア
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年10月25日(木)更新

暮れのGⅠまで突っ走るグレイシア

ワグネリアンの回避は残念だが、現状で考え得る最高のメンバーが揃った天皇賞。美浦からのエントリーは3頭のみで寂しい限りだが、昨年のダービー馬が出走に至っただけに、面目は保たれた模様。

その孤塁を守るのがレイデオロ。1週前の3頭併せでバランスを崩し、‘故障発生か’と衝撃が走った。唯、日曜の坂路でシッカリ追えたことで無事を確認。最終追いでもラストで気合いをつけられると即反応の1馬身先着で、シャープな捌きだったから態勢は整った。しかし、1本追い足りないのは事実で、ビッシリ仕上げてくる関西勢に対し、少々分が悪いと言わざるを得ない。

となると、昨年のダービーでレイデオロに及ばなかったスワーヴリチャードが自然と浮上。2000のGⅠ春秋連覇に向けて視界は良好。あとはマカヒキ。スランプが長かったが、タイトな流れだった札幌記念で一旦は先頭。内から出し抜けを食ったが、一番強い競馬ができた。勿論、広いコースで鬼脚が最大値になるのは、一昨年のダービーが示す通り。良化途上+極悪馬場だった昨年でも5着だったほどで、当コースの2000がピンポイントでは。

栗東勢に席巻されそうな日曜メインとは逆に、アルテミスSは美浦での調教がダイレクトに結果に繋がりそう。今の時期らしく3頭を除けば1勝馬という想定段階だが、素質馬多数の混戦。GⅢに格上げされてからは、来年を占い意味においても重みを増している。

まずは2勝馬から。札幌で類稀な勝負根性を見せたウインゼノビアは上昇一途。何せ、2週連続で好時計をマーク。特に、他厩の古馬を追走しての5F65秒6は雨の影響を受けたウッドだけに破格。それも馬なりだったのだ。府中でのインパクトが強くないのは確かでも持ち前の自在性を前面に押し出す競馬をすれば易々とは崩れぬ。

真打ちのグレイシアは単走での4F追い。帰厩後2本のみだが、これは前回も同じパターンで日曜の坂路ということなら大きく上回る51秒9と更なる上積みが。気の良いタイプといった反面、まだ華奢なイメージを拭えないだけに、美浦で本数を消化してストレスを与えることを避けるパターンが定着。それでも直線に向くと一気に回転数UPの4F54秒8。アピール度は高く無傷の3連勝はおろか、阪神JF制覇も見えてきた。

札幌2歳Sで案外だったのがアフランシール。若駒とは思えぬ力強いアクションは身体能力に裏打ちされている。が、現状では前向き過ぎる気性がネックで、そのケアーとしてのしまい重点。1馬身の遅れは追走した分だし、直前をセーブしてレースに集中させるといった目論見は分かる。それでもラスト13秒3、もう少し弾けても良かったのは否めないし、バックストレッチが長い分、収まりがつくかどうか?

それならばミディオーサ。1週前には何とブレステイキングを先行させるハードなメニューを課せられても全く動じぬ。加えて、直前の最終追いでも直線では内外からサンドさせる形になってからグイッとひと伸び、古馬2頭に先んじたんのだ。堀厩舎らしからぬメニューで、鍛えれば鍛えるだけ実になる強靭さが売り。新潟での1分35秒1にしても抜け出してからは遊び遊び。稽古での集中力は格段にUPしているだけに大幅な時計短縮が叶う筈。

あとはシェーングランツ。こちらの乗り込みは入念でバリエーションに富んでいる。5F70秒を超える時計でも余裕を持ってのフィニッシュだし、ハミをシッカリと取ってリズム良く駆け抜けた点にも好感が持てる。唯、まだ前後のバランスなど成長余地を大きく残している段階。来季はともかく、現時点では連下の一角に過ぎぬ。

府中の他では穴に徹して1000万下のハンデ戦、国立特別のプレトリアをターゲットに。昇級して3、2着と結果を得ているわりに下馬評が低いのは、それがローカルだった故。けれども、いずれもが極端な競馬で小回りが利したとは思えない。元々、デビュー勝ちが当舞台。唯、線香花火のようにそれだけといったキャリア。去勢がきっかけとなって稽古の質がUP。殊に、追い切りの3頭併せでは先頭から1秒9も離れた5Fスタートにも関わらず、最後まで持ったままでの先着と文句なし。字面だけではなく、ピッチの利いた小気味良いフットワーク、ラッシュ時で込み合うウッドで平常心を保っての安定した走りと進境著しい。

最終週を迎える新潟からは土曜メインのミスティックグロウを取り上げる。こちらとしても待ちに待った1戦。昇級での相手強化は承知でもスケールが違うからだ。2戦目に過ぎなかった8月・新潟では上がり33秒を切ってまだ余裕。それもその筈で全身バネといった形容がピタリと嵌るフォームで一段と厚みを増したのだ。先週までの6F追い2本、直前と十分な併せを消化した上に、OPの馬場入りかと思わせる風格が何とも憎い。ウインイクシードを絡めた3連単で、テーオービクトリー、Dコースで軽やかな動きを見せたローリングタワー辺りの薄いところにも目を配っておく。

新馬戦は府中・日曜5Rが面白い。ありきたりのレベルなら◎の資格アリ、といった素質馬揃いだからだ。堀厩舎のセントレオナードは木曜追いで先行態勢からの4F52秒6。内の格上に脚色こそ劣ったが、スッキリとした体つきで長い脚を伸びやかに駆使している点に性能の高さが表れている、持続性に富んだタイプで兄ヴァンキッシュランより手先が軽い分、守備範囲は広そう。唯、現時点ではルヴォルグが上か。幾分立派といった第一印象がある反面、パワフルな身のこなしで重厚感がある。大型馬ながら均整が取れていること、鞍上のアクションにスッと反応する点にセンスを感じる。

土曜の牝馬限定戦(5R)はレッドベルディエス。直前の3頭併せは先行するアドバンテージがあっての5F71秒6だったから目を惹く数字ではない。しかし、内2頭を窺う余裕の先着。相手が来たら来た分だけ伸びる感じが頼もしい。また、透き通るような皮膚の薄さで実にシャープな体のライン。実戦での切れ如何ばかりといった印象。


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN