競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. アエロリットは未だに進化中
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

万券連発の年末年始開催を徹底攻略!

年明けはドル箱開催!水上学14人気◎⇒大万馬券!獲れる根拠は? ──昨年、一昨年のプレミアム予想...
続きを読む

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のチャンピオンズCはM.デムーロ騎手が騎乗した3歳馬のルヴァンスレー...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年10月04日(木)更新

アエロリットは未だに進化中

いきなりの3日開催で迎える府中、調教日程も変則で水曜が全休明けとなった。その中にあってもメインの毎日王冠に出走する馬は、ほぼ前倒しでの追い切り。ポイントになるの菊沢厩舎の2頭も然り。

まずはウッドで追われたダイワキャグニー。行き出し4Fで2歳を追走する形で直線へ。内にもぐり込んで気合いをつけられるとシッカリと反応したまでは良かったが、ラストで踏ん張りが利かずに1馬身遅れ。確かに、稽古で動かないのは気性によるから気に病む必要はない。唯、身体能力とは裏腹に、それを持て余す面が残るのは事実。GⅢレベルであれば目を瞑れる部分でもワンランク違う面々が揃った今回に関しては分が悪くなる。

アエロリットはいつも通りに坂路を選択。目の当たりにできなかったが、自己ベストを大幅に更新する4F50秒6となれば信頼に値。脚色は強目だったというから、先週までの見た目通り余裕のある造り故にしても、1週前のウッドでは半マイルから一気ギアUPと、マイラーとしての資質の高さを示すには十分。むしろ、青写真通りの進境を認めては良いのでは。また、当距離の実績はコーナー4回のみというのがネックになっているように映るが、本来は広い府中巧者。モレイラであれば戸崎以上にスムーズなレース運びにもなろう。

3歳ではステルヴィオが期待通りの動きを披露した。美浦に帰厩した当初からスタイリッシュな体で放牧先での調整が思い通りだったことを十分に感じさせた。加えて、ここ2週は正面入りからタップリ助走を取っての6F追い。いずれも痺れるような手応え、実にシャープな捌きを見せていた。少なくとも、感触を確かめる程度の4F追いだったダービー時とは鍛錬のレベルが違う。また、その前走ではスロー故、仕掛け処が曖昧なままに終わった。距離短縮によって持ち前の決め手に磨きがかかること必至。

この世代では関西からもエントリーが。要はNHKマイル組のランクづけというのが大切になるということで、その筆頭がケイアイノーテックであるのは衆目の一致するところ。が、前走のGⅠをピークだったいうことなら、そこに至る過程で場数を要した事実を見逃せぬ。叩きつつのタイプかもしれないからだ。むしろ、そこでは前が詰まって全く追えなかったカツジの巻返しがあって良い。中山とはいえGⅡ勝ちのある1800に替るのは何とも心強い。センスの良さを生かすには格好と考えるべきでは。

あとはキセキの復活成るか否か。これに関しては菊花賞のイメージに引きずられることなかれ。高速ターフの開幕週向きなのは、昨夏・新潟2000での1分56秒9が示す通りで、香港遠征の反動が尾を引いたと思われる今季の2戦を度外視して◎に抜擢する手も。

他の特別戦ではまず月曜9Rで、ここはイストワールファムで決まり。函館では力の要る芝だったことに加え、思った通りのポジションが取れなかった。また、現地調整が未経験だったことも微妙に響いた筈。対して、今回は放牧経由の美浦というルーティーン、帰厩当初からシャープな体のラインであった。現に、木曜朝一番の3頭併せで真ん中に位置してのラストは12秒7と実に鋭い。気品を感じさせる皮膚の薄さが体調を物語っているし、紛れの少ない頭数での広いコースとなれば現級勝ちの実績を素直に受け止めるしかない。

ここからはダート戦。月曜メインのOP特別は3歳リョーノテソーロの出番。向正出しの4Fで55秒9と、前回時に比べれば遅い時計。唯、実戦を経たことによって体のハリが違ってきた上に、中間には3頭併せを2度消化と中身は濃厚。特殊な馬場だった阪神でも集中力を切らさずにラストで脚を伸ばせたように、精神面の充実も窺えるのだ。芝に色目を使った後のダートといった不可解なローテが響いた春後半から状況は大幅に好転。直線が長い分、ジックリと構えられてメリハリの利いた競馬にもなる筈。

日曜10Rは1600万下。関西馬シヴァージが断然優位といった情勢だが、敢えて狙うのが同じ世代のツクバクロオー。北海道で2連勝と典型的な夏の昇り馬。それを物語るのがはち切れんばかりの馬体で、濃密な稽古を課せられても全く動じないのだから目を瞠る。ラストだけでパートナーを4馬身突き放した1週前、単走ながらハイラップで飛ばしての5F67秒9とその勢いはとどまるところを知らぬ。確かに、今回は相手強化に加えて一気の距離短縮。コーナー4回のローカルとは流れが違う。しかし、ハナを切ることによってランクUPして底を見せていないのだ。初勝利が1200だったこと、持ち味を如何に引き出すかを心得ている丸山が再び跨るとなれば、またまたエンジン全開。

日曜12Rの1000万下はハルクンノテソーロ。コーナーが急で自身にとっては忙し過ぎる新潟での7着には目を瞑るべき。更に、今回は調整パターンを変えて負荷を十分にかけた。特に、直前のウッドでは一気のギアUPで上がりまでのラップは13秒を切ったほど。普通なら最後にアラアラとなって不思議ない状況でも外ラチ沿いでシッカリとした捌きをキープ。つまり、ひと押しがなかった春・府中に比べると持久力が格段に上がったということ。

2歳戦は日曜2Rの牝馬限定戦からでマジックリアリズム。デビューした福島ではコーナーでロスが生まれた分、前に及ばなかった。気品溢れる好馬体が性能の証しではあっても如何せん幼かった。その後のリフレッシュによって目論見通りに適度な落ち着きが生まれた何より。最終追いの3頭併せでは最外に及ばずの1馬身遅れだったが、追走した分で時計自体は上回っている。バネを利かしての弾むような身のこなしで集中力といった面でもラストまでキープ。モレイラの手綱捌きで更に盤石となる。

日曜1Rはダート替りのスリーヴリーグが面白い。角張った感のある全体像で前肢が伸び切らぬフットワーク。反面、全身に漲るパワーは若駒らしかぬし、デビュー戦で太かった体も絞れた。2週にわたってのしまい重点で直前に至っては4F56秒4と目立たぬ時計だったものの、自らハミを取って最後にもうひと伸びと辛抱強さが出てきた。少々無理なレース運びでも我慢できそうな気配。


柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN