競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. ジェネラーレウーノが中山で持久力を生かす
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年09月13日(木)更新

ジェネラーレウーノが中山で持久力を生かす

秋の3歳GIへの前哨戦が東西のメインに組まれている3日開催の今週、牡馬は月曜・中山のセントライト記念。東西、新旧入り混じる高いレベルの混戦で今年はおろか、来季の指針にもなり得る1戦。

変則日程だけに、美浦での追い切りは木曜が主体となった。ブレステイキングは厩舎一番手のグループで馬場入り。軽く流す程度との予測を良い意味で裏切る3頭併せ。しかも、先頭の古馬1000万下との差は5Fで2秒あったにも関わらず、4F過ぎでギアUPすると間髪入れず射程圏に。最内にコースを取った直線は持ち前の流麗なフォームを駆使してゴールまで楽なまま併入と非凡さをアピールするには十分であった。唯、他との違いを生む大きな飛びが中山だと封印されかねないという不安も。

同じく底を見せていないレイエンダは3度目のハロー明け。その口火を切る形の向正出しからしまい重点。4角に差しかかるまで馬とのコミュニケーションに重きを置いた感じで流す程度。3Fに至っては40秒を超える時計と目立たぬ。しかし、気品溢れる立ち姿と春からの成長を実感させる豊富な筋肉量。少なくとも、骨折明けだった5月以上でデキ。4連勝を視野に入れた。

唯、敢えて主役に取り上げるのはジェネラーレウーノ。こちらの最終追いもしまい重点の併せ馬。4F54秒7で先行する2頭の内にもぐり込む形だったが、力強いかき込みが目を瞠るような推進力を生んでいる。そもそも、1週前の長目追いが圧巻で、6F80秒を切る破格のタイムながら最後は真一文字の伸びで3馬身先着。ダービーは16着に沈んだが、レースの上がりが35秒切る緩い流れの中、矯め殺しで自滅。後続が追走に苦労するペースを自らが造り出せば皐月賞以上の結果を得られる筈。

ダービーで‘あわや’の3着だったコズミックフォース。ここに入っても大威張りできる実績を引き下げての秋スタートとなる。ジェネラーレウーノと同じ時間帯でこちらは正面からたっぷり助走と取っての6F追い。入りこそ16秒7と緩めだったが、僚馬との差を徐々に詰めて迎えた直線では馬なりのまま目論見通りに加速してラストは12秒8。当然ながら太目感のない仕上がりで、春の戦歴に背かないだけの水準にはある。けれども、欲を言えば本格始動が1週遅いと思える過程。日曜に時計を出していない分、有力処の中で叩き台といった要素が一番強いのではないか。 阪神のローズSは西下組を重視する。オークス除外が如何にも痛かったゴージャスランチ。は、自己条件で順当に勝ち上がっての充電入り。春には関西遠征があった分、その後の2戦は立て直すのに苦労した経緯もあった。従って、ひと追いごとにピッチを上げられる今回の過程は願ってもない。最終追いこそ、輸送を控えた為にラストはセーブしたが、ラスト1F手前では既にパートナーを抜き去っていたほどの反応で以前にはなかった力強さも。大きな上積みを見込んで良い。

それよりも下馬評は低いが◎まであり得るのがウラヌスチャーム。ここ2戦、上の世代に混じって1、2着。特に、新潟は1分45秒1の勝ちタイムが示す通りの充実メンバーの中、直線に向いて長らくは進路を探す状態が続いた。ハナ差及ばなかったのは戸崎の乗り違いで、まともなら突き抜けていた。つまり、1000万下というランクを額面通りには受け取れぬということ。シッカリと間隔を開けて臨む今回の直前は単走で5F71秒6と控え目だったが、実質の追い切りだった1週前には古馬OPに対して‘おいでおいで’いずれも伸びやかなフォームで春にはなかった柔軟性が何より心強い。決め手は望むところ。

中山に戻って他の特別戦を。土曜はまずメインのOP特別で、多士済々で◎候補は五指に余るほど。直前は単走で5F72秒を超える時計だったのがレッドローゼス。降級2戦目に札幌では落ち着いた流れの中で早々と前を射程に入れるレース運びからの抜け出しで着差以上の強さ。そこが叩き台だったから、微調整程度で十分だし、先週には6Fからの追走態勢でラストまでビッシリと緩めた雰囲気は皆無。今春、当コースでひと押しが利かなかったが、OPでも結果を得ている勝ち馬とほぼ互角だった2戦の価値◎。仕掛け処が難しいタイプでも首位争いに加われるのは間違いないところ。

  あとはアウトライアーズ。こちらも昇級戦だが、クラス編成前はOPだったし、3歳春にはGⅡ2着さえ。確かに、福島での相手は軟弱で乱暴な競馬で圧倒できた。唯、一時期のスランプを脱したのは、ドッシリとした腹構えとトモのハリが物語っているし、最終追いなどは3頭併せを消化。強く攻める必要のない体つきながら、最後まで手を緩めぬ姿勢で小島茂厩舎らしかぬ追い切り。手探りといった要素も否めない中での臨戦だった前走時からの上積みは絶大と断言できる。再度のOP入りへ待ったなし。

土曜・古作特別はワイナルダム。函館の2戦では連続4着と案外。1000万下でも上位に絡める実績を考えれば消化不良ではあったものの、敗因は北海道の洋芝という点に帰結させて良いのでは。元々、野芝のみの夏・新潟から今開催にかけて頭角を現した3歳時からもここは狙いすました鞍。現に、広々としたDコースで3本。思い切った攻め馬を消化した挙句の直前は余裕綽々の5F66秒3。テンポ良く進んだ道中から直線に向くとストライドが一気に広げてのフィニッシュと非の打ちどころがなかった。自在味がある点でも盤石。

日曜からは汐留特別のムーンライトナイト。未だに500万下にとどまっているのが不思議な素質馬。それ故に、関係者が春に目論んでいたのはオークス。だからこそ、4月には賞金加算を目指して京都にまで遠征。その無理強いがひ弱さにムチ打つ形となった。従って、見切りをつけての休養が功を奏したわけで、今月に入ってからはウッドに。判で捺したような半マイル調整でも行き出しから外目を通って十分な負荷をかけている。字面以上、1秒程度は速いと考えて良いほど。全身をシッカリと使って推進できたのはパワーUPの賜物で、これだけ入念に積めたのは久しくなかったこと。

最後に2歳戦。月曜1Rはダイシンインディーで決まり。まだ太い反面、若駒とは思えぬ雄大な馬格を誇る。初戦は意外にもテンに素軽い面を出したが、如何せん高速ターフに対応できる身のこなしではなかった。直前は木曜のDコースで5F66秒2。4角で一旦は置かれ気味になったが、勢いのついた直線はパワーが地に伝わるような迫力でパートナーを圧倒。身体能力を余すことなく発揮できる条件に替ってのテーマは勝ち方のみとなる。

同じダート1800の土曜1Rはイルジオ―ネでこれもダート替りでの一変がありそうだし、質の高い3頭併せが最終追いと仕切り直しでのレベルUPが明らか。そこは注目の併せ馬で同時入線だったバジェネロアスールも取り上げる(土曜6R)。両サイドに馬をいる形でも集中力を保った走りだったし量感のある造り。発達したトモがスプリント能力の表れ。



  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN