競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 復活のヤングマンパワーが混戦を断つ
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

昨年も54万馬券!師走競馬を攻略せよ

秋の東京・京都開催はココを買え!昨年も54万馬券的中!師走競馬の攻略法は? ──秋の東京・京都開催に引...
続きを読む

競馬の天才!タイアップコンテンツ

競馬の天才!タイアップ あの「最強」チームが集結した新雑誌 遂に10月12日(金)新装刊! ...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週のエリザベス女王杯はモレイラ騎手が騎乗したリスグラシューが勝利。GⅠ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年09月06日(木)更新

復活のヤングマンパワーが混戦を断つ

秋競馬がスタートする中山の週末は好天に恵まれそうで、その点が関西との違い。野芝のみの高速ターフでいずれの条件でもスピードと切れがモノを言うことになりそう。

メインは京成杯AH。サマーマイルCの流れを汲むから、中京、新潟でのパフォーマンスに留意すべき。特に、1000m通過57秒2と見た目以上に前が苦しくなる展開だった関屋記念で大きな収穫を得たヤングマンパワーに注目したい。その時点でさえ、春のマイラーズC以来。つまり、ノド手術後の1戦から再びのブランクだったということ。にも関わらず、直線で先頭に襲いかかるシーンさえ。ここに至る過程のウッドでは全て単走。が、いずれも鞍上のアクションに呼応して体を目一杯伸ばす見事なフォーム。年齢を感じさせないどころか、更なるパワーUPを見込んで良い。久々の中山になるが、3歳時の当レースで3着。その春、ニュージーランドTではあえなく退くほど安定味を欠いていたコースだったのに。前走ほどテンが速くなるメンバー構成でもない分、詰めの甘さも相殺できそう。

復調を辿るロードクエストは2度目のハロー明けに登場しての3頭併せ。一見、意欲的に映るが、向正でのピッチが上がらないし、先行態勢からのしまい重点。挙句、馬なりとはいえ4F56秒2と目立たぬ内容であった。キビキビした捌きを取り戻しているものの、2年前に比べると活気が伝わってこない

同じGⅢの中山マイルということで大いに参考にすべきなのが3月のダービー卿CTで、そこを制したヒーズインラブには一目置かなければならぬ。唯、当時からの1.5キロ増に加え、叩き良化型といった点を鑑みると押さえ程度で良いのでは。また、そこでは大外一気、3着に食い込んだストーミ―シー、ハンデ据え置きとはいえ骨折明け。現に、2週連続での追走態勢だったとしても重目が残ることでラストの反応が一息と8分に満たぬ仕上り。

それならば充実してきたゴールドサーベラス。春の時点では‘直線だけで何処まで‘しかし、守備範囲外だった函館記念では果敢に攻めても大崩れがなかったように幅を広げている。リフレッシュしての今回はオールウッドでの単走ながら、シャープな伸びを披露。最終追いに至っては5Fの入りからして14秒台とスピード感抜群の道中でも1F12秒9でまとめられたほど。台風の影響で荒れた馬場での好バランスが目を惹く。

あと、これを取り上げるなら昇級初戦のミッキーグローリーにも目を配るべき。何せ、昨年の暮れにはゴールドサーベラスに決定的な差をつけた。同じ舞台で。坂路オンリーで速い時計2本と急仕上げ気味でも底を見せていない魅力から◎まである。

GⅢになって3回目となる紫苑Sが土曜メイン。格付けされてから秋の戦線を占う意味で重要度が増した1戦に。例年通りに多士済々といった顔ぶれに中、高いレベルで安定していたマウレアが人気を集めそう。また、それに相応しいパワーUPぶりが伝わってくる。直前の併せ馬が馬なりでの5F69秒8とセーブ気味だったのは、それまでに十分な負荷をかけていた故。特に、セダブリランテスを追走しながらも手応えで優った1週前は圧巻。持ち前の小気味良さに加え、四肢に力の籠ったフォームで線の細さを印象を一掃。初の中山でブレーキがかかることなどない。

やはり、オークス以来となるパイオニアバイオの態勢も整う。シャープな体のラインを保っている上に、見た目に似合わぬしぶとさも相変わらずだからだ。ウッドに転じたここ2週の併せ馬、殊に1週前は新潟記念でも上位に関わったエンジニアに6F追いで食い下がったほど。自在味がある点でも首位争いに絡むのは間違いないところ。

中山巧者ということで挙げたいのがロサグラウカ。外回り2200でユッタリと追い上げられたとはいえ、牝馬らしからぬ持久力で着差以上の強さだった2走前が印象的だからだ。確かに、オークスの時点では力不足を感じさせたが、それがキャリア3戦目で間隔を開けての臨戦と課題が多かったにも関わらずの2分25秒5なら立派。帰厩直後からキ甲が抜けて大人びた体つきに変わったと実感。その効果で大きくスムーズに歩を運べるようになったのだ。結果、5F72秒0と軽目の併せ馬だった直前でも春にはなかったダイナミックな身のこなしを披露して目を瞠るばかりの成長ぶり。変り身といったらこれに尽きる。今回で展望が開ける筈。

他の特別戦からはまず土曜10R。現級勝ちのある条件ならアナザートゥルースの中心は動かない。今回は坂路での追い切りだったが、4F53秒1と自身にしては速い時計をマークできた。叩き2走目の効果もあれば信頼度は高い。その分、相手は捻るべきで、同じ降級4歳のスペリオルシチ―やスペルマロンは元返しで十分。いずれも中山では振るわないからだ。

ここは、福島以来となるデザートスネークが面白い。武井厩舎だけに4Fからが主体になるが、土曜・エニフSに臨むOPリョーノテソーロのパートナーを努めている点から中身の濃さには折り紙つき。しかも、その過程の中では大きく追走するハードな併せ馬も含まれているのだ。シッカリと馬を追い込んだ調整ぶりと全身を余すことなく使った力強いフォームと軌道に載った。勿論、少々窮屈だったローカルから中山に替ることでのプラスαも。

日曜に目を転じての1000万下、芝の木更津特別からはフレッチア。54キロはアドバンテージを生むハンデではない。また、制御を利かせるのに苦労する面はあるが、ノーステッキでの楽勝だった2走前に十分過ぎるほどのインパクトがあったし、そこでの軟弱な馬場はベストでなかった筈。現に、年明けには1分34秒1。何より、力に任せたフォームでなくなったのが心強い。前後のバランスが取れてシルエットがよりシャープになった故。最終追いの3頭併せでは内目とはいえ、1F12秒1で他を瞬く間に突き放した。地を這うような重心に低さにしなやかさ、並大抵の推進力ではなかった。ここはあくまで通過点。

あとは新馬戦で土曜5Rから。十分に乗り込んだ挙句、最終追いはノンコノユメのパートナーを務めたブランクエンドと行きたいところ。唯、2000は少々長い。その距離適性をテーマにしてリバーシブルレーンを◎に。直前は坂路だったが楽に1F12秒9、併せ馬の質が極めて高い上に、中間のウッドでは伸び伸びとしたフォームで多少の無理があっても辛抱できそう。持久力に一日の長がある。

日曜4Rはガルヴィハーラ。木曜追いの併せ馬は古馬1000万下と。行き出し半マイルで時計こそ平凡だが、一杯になる相手を尻目に手綱は絞り込んだままと高い身体能力を如何なく発揮。早目の入厩で一頓挫あったのはマイナスでまだシッカリと追い込んだ仕上げでないのは承知。けれども、好馬体から繰り出すフットワークは実に豪快。途上でも緩いペースの新馬戦なら素質だけで突破できる。



柴田卓哉

SHIBATA TAKUYA

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。

  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN