競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 馬体増は成長分、GⅢならブラストワンピース
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

秋競馬開幕!攻略の第一歩

城崎哲・馬場トレンドジャッジ 台風21号の近畿直撃、北海道の地震と、このところ大きな災害が相次いでいます。...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋  遅くなるほどに雨も強さを増す―。との予報が頭にあったようで10日の月曜...
続きを読む

読んで納得の競馬コラム

樋野竜司・今週の政治騎手 先週で夏競馬は終了。今週から中山、阪神が開幕し秋競馬が始まります。 ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年08月30日(木)更新

馬体増は成長分、GⅢならブラストワンピース

夏競馬の終わりを告げると同時に、サマー2000シリーズの結果に関わってくる新潟記念だが、タイトルに手が届く可能性を残すのはメドウラークのみ。そちらの興味は薄い。むしろ、新旧入り混じるところがポイント。

秋に向けてのステップとしてここを選んだブラストワンピースの存在があるからだ。大竹厩舎の一般的な手順に従い、外厩での調整を進めて美浦入り。確かに、少々立派に映る馬体が気懸かりといった点があった。しかし、1週前の木曜に渾身の併せ馬。何せ、6Fから既に14秒台のラップを踏んで82秒を切る好時計、ラストに至っては12秒2で鬼気迫るアクション。太いというより厚みが加わったと見做すのが正解ではないか。勿論、輸送を控えた直前は行き出し4Fのしまい重点で感触を確かめる程度でも実にシャープ。ダービーで今ひとつ弾けなかったのは展開の綾とキャリア不足。それによって経験値が上がったと思えば良い。上の世代に混じるとはいえGⅢでの足踏みは許されぬ。

メートルダームも当然ながら◎候補。ここ2週はいずれも5F70秒を超える時計。唯、追走して外に進路を取る、通常と異なるパターンで数字以上に負荷をかけているのだ。洗練された馬体に回転の速いフットワークで、鞍上のゴーサインに応えてストライドが広がる点でも態勢は万全。

より高みを目指した今春は意外なまでの不振。が、金鯱賞からの躓きは、思うように馬体が絞れなかった時期と重なる。仕上げが容易い夏場と同等に捉えてはいけない。しかも、究極の上がり勝負になる新潟外回りは格好で、57キロでも前を捕らえそう。

逆に、少々疑ってかかりたいのがセダブリランテス。勿論、最終追いの5F71秒7が大きな減点材料になったわけではない。充実の3歳牝馬マウレアを相手に併入に持ち込むことは並大抵ではないし、それを含め併せ3本を消化と量的には十分。けれども、シルエットが朧気といった第一印象通り、全身を使えていないフォームに途上感が。休養理由となった骨折が今回で2度目。決め手比べ必至という特殊な設定では分が悪い。

それならばエンジニア。確かに、準OP勝ちが6頭立てで和田の巧みな立ち回りに依る部分が大きかった。しかし、2週連続での6F追いでいずれも好時計をマーク。最終追いの併せ馬に至っては最後まで痺れるような手応えに終始ととどまるところを知らぬ。当距離で結果が伴ったのは前走だけということで、ベストはマイル~1800。それでも馬体にパワーが漲っている目下が充実期。2000に対して底を見せていないという解釈も可能。

土曜メインは準OPのマイル戦。道悪だった6月・多摩Sのレベルには一目置くべきだから、そこでの2、3着が主力を占めるのは間違いない。特に、良馬場ならレッドオルガの切れがモノを言う筈。唯、敢えてアルジャンテ。格上挑戦だったマーメイドS12着を字面通りに捉えてはいけない。追い上げにコースロスが伴っていた上に、窮屈になるシーンさえ。

そもそも、内回りの2000が守備範囲外なのにアクシデントがあっても1秒差なら大威張り。しかも、今回は長い直線が控えているのだ。元々、少しトモが薄い馬でフラットなコースでこそ。昨夏の1000万下では期待に反したが出遅れて流れを掴めぬまま終わっただけで、適性や能力の問題ではない。抜群の反応で相手を2馬身突き放した1週前、しまい重点の4F追いでも実にリズミカルだった直前と状況は大幅に好転している。

他の特別戦ではまずダートの日曜9R。弱い体質がネックになっていたデュアルマンデートはそのウィークポイントが解消。先週にはウッドの5F追いで自己ベストを大幅に更新としてビッシリ追えたからだ。最終追いに至っては広いDコースを選択できたほど。以前よりシッカリと体を使えることによって洗練された動きに様変わり。元からそなわっていた身体能力を前面に出せている。現状ではストレスを溜めずにオーバーペースでもハナという形に限定されるが、少なくとも距離に対する不安はない。

これに対するというか、◎候補として挙げたいのがサノサン。6月の未勝利突破以来となるが、そこでは抜群の砂適性を示した完勝。奥行きを感じさせるには十分であったし、そもそもレース振りが違う。従って、距離短縮でも無難に消化できよう。直前は4F56秒2と目立つ時計ではないが、馬体は引き締まっているし、ラストでもシッカリと体を使えていた。むしろ、ポリと坂路で状態維持がテーマだった休養前の1戦より中身は濃い。

やはり触れなければならないのが、名物の直線競馬で日曜12RをピックUP。無難に入るならオーバースペックか。3週目に同条件で2着。しかも、前が壁になって不利になる内を突かざるを得ないながら上がり31秒6という桁違いの脚。2度目になれば更に磨きがかかる。前走が同じレースだったアシャカデッシュも脚を余し気味だったのは確か。1000mの流れに慣れること必至の今回は位置取りからして違うだろう。これに絡むというか、逆転まであると考えている惑星がヒシデルマー

復帰戦の前走はラスト1Fで一気に失速したが、逃げに拘らぬレース運びで直線までは集中力を保っていた。つまり、精神面での進境が見受けられたということ。加えて、今回も単走だったが、4Fでほぼ並んでいた他厩の併せ馬を一気に引き離すスピードを見せたわりにしまいまでシッカリ。叩いた効果は覿面なのだ。小細工無用の設定になれば甘くなることはないだろうし、芝に即対応の捌きも見せている。

最後に2歳新馬戦。日曜5Rは国枝厩舎のセリユーズ。美浦での始動は今月に入って。唯、先週までウッドでの併せ馬全てで追走する形と明らかにランクが違う。ハロー明けのラッシュ時だった最終追いでは先行態勢だったが、5Fから自然体でペースUP、直線では外ラチに触れんばかりのコース取りながら楽なままでラスト13秒1。追えば幾らでも弾けそうな勢いだったし、全体のバランスが現時点でも絶妙で芝になれば相当切れそう。直線だけの競馬になりがちな2歳戦なら1800でも不安なし。

その直後に入線したのが矢野英厩舎の2頭併せでその一角、センジュエースは日曜6Rにエントリー。4F56秒2と平凡なタイムに終わったが相手に合わせる形でのゴールで余力十分。そもそも、過度な稽古は避ける方針なのだ。それよりも力の籠った身のこなしで、相手なりに走る安定味が何より。また、ダートでこそと思わせる体型。満を持しての出走となる。



  • twitter
  • facebook
  • g+
  • line
閉じる 競馬JAPAN