競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 3歳の台頭があり得る関屋記念
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 築地市場のお盆休みは14日~16日。「頑鉄」の親爺もその期間の営業をどうする...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年08月09日(木)更新

3歳の台頭があり得る関屋記念

大きな波乱こそないが、ひと筋縄で収まる印象のない関屋記念、極端に速い時計の決着に力を出し切れぬ馬がいるということで、今年も頭を悩ますことになりそう。

目玉は充実一途のショウナンアンセム。特に、一旦引きつけて再び突き放したパラダイスSは圧巻で、そこからの間隔は開いたが洗練された馬体を保ったままで放牧先から帰厩。確かに、1週前にはラストの反応に物足りなさを感じた。が、そこでスイッチが入ったのか、田辺が手綱を取った最終追いでは伸び伸びとしたフォームに終始。新潟なら更なる進化を見せつけてくれそうなフォーム、昨年の当コースで振るわなかった原因はゲートに尽きるから、その不安が解消した点でも上位争いは約束されている。

そのショウナンAに前走で後塵を拝した2頭の取捨がポイント。まずはロードクエスト。爪の不安が尾を引いていたが、漸く光明が見えたし、中間は丹念な乗り込みでキビキビした身のこなしを披露。唯、直前の併せ馬はセーブ気味で4F54秒5と目立たぬ。以前ほどの活気を感じぬのは、良い意味で枯れたと捉えるべきかもしれないが、パンチ不足は否めない。落鉄のアクシデント故、人気に反したスターオブペルシャ。安田記念との両睨みという状況で既にピークを過ぎていたという見方も可能だからだ。けれども、如何にも控え目な過程。引き締まった好馬体ではあっても今週の併せ馬では追走態勢から3Fで堪らずに前に出る始末。挙句、直線では馬体が合わぬままゴールを迎えるというチグハグさ。春・OP特別で1分32秒5があるほどで、追い切り前は◎と思っていたがトーンダウン。

データ的には分が悪いが3歳の出番を見据えてはどうか?5月以来となるプリモシーンはひと回り大きく見せての美浦入りで、それに裏打ちされているからこその6F追いが前週までのメニュー。加えて、3頭縦列の最後尾からだった直前はラスト100mに地点から鞍上がアクションを起こすと鋭く反応、測ったように抜け出しであった。51キロが追い風に。 

このライバルというか、上を行きそうなのが関西馬フロンティア。NHKマイルは脚を余したし、上の世代に混じった中京記念で目途を立てた。坂で踏ん張り切れなかった反面、新潟2歳Sでは上がり32秒9をマークとコース適性は抜群。

あとはウインガニオン。前走は競り込まれるという展開の綾。長いバックSで徐々にピッチを上げる形なら58キロでも二枚腰が利くに違いない、現時点での◎候補は以上の3騎。

今週は他の特別戦もメンバー充実で食指が動く。日曜・柳都Sは関東馬の一騎打ちになりそう。ブライトンロックは降級初戦で直前のOP2戦でも大きく崩れたわけではないから、まだ限界を知らない段階。更に、5月以来となっても始動が早く、ウッドも交えた調整と入念。また、直前のDコースでは5Fの入りが16秒台後半と遅くても跨った田中勝が抑えるのに相当苦労する様子と凄い気合い乗り。そもそも、最後は感触を確かめる程度で十分なほど引き締まった体つきで、手綱を少し緩めただけでも一気に弾けた直線はパワーと切れの融合といった例えがピタリ。昨夏、レパードSで4着した当時からのパワーUPは明らか。

これに食い下がるのがミッシングリンク。スタート直後にバランスを崩したレースにならなかった安達太良Sは忘れて良い。逆に、消耗がなかった分、立ち直りは極めて速く幅のある馬体を駆使したフォームは見事。先行しての併入だった追い切りにしても相手が上昇著しい3歳ということなら濃厚な中身と言える。

その実績馬の胸を借りたウラヌスチャームは土曜・三面川特別にエントリー。放牧明けになるが胸前が以前より充実してかき込みが更にパワフルに。とはいえ、力を前面に出した走りというわけではない分、バランスといった面も強調できるのだ。それ故に完歩の大きなフォームでOPの風格さえ漂ってきた。加えて、デビューを飾ったのが新潟マイルでその上がりが32秒フラット。コース替りも味方になる。

ここではハナレイムーンにも注目。3ヵ月ぶりになるが、1週前の併せ馬では5F67秒を切る好時計でOPに対して脚色で優ったほど。シャープな身のこなしは研ぎ澄まされた馬体ゆえで、ブランクと捉えるより絶大なるリフレッシュ効果と見做すべき。輸送を考慮した直前にしてもラストではシッカリと気合いをつけたように一分の隙もない仕上げ。

同じ1000万下のダートが土曜・麒麟山特別。先週のレパードSで抽選を潜り抜けられなかったチュウワウィザードのポテンシャルには一目置く。同厩ヒラボクラターシュに優るとも劣らぬ素材だからだ。唯、急なコーナーがネックになりそうな走法に戦法ということになれば絶対視は禁物。

常識的にはアナザートゥルースであろう。昇級初戦の前走で粘り込んでの2着と底を見せていない段階での1000万下。確かに、先週の時点で格下に先着を許したように重目が残っていたが、そのパートナーだった3歳は500万下で後続に水を開ける圧勝で卑屈になる必要なし。逆に、直前は再びの3頭併せ消化で馬場が荒れた中でも3F38秒台での馬なりと一気に良化。トップハンデ57.5キロでも揺るがない。

最後に新馬戦。未来を担う2歳がデビューの地にここを選ぶシーン多々で当たり年と言える条件。今週、満を持してのスタートとなるのが土曜5Rのホウオウサーベル。念には念を入れての過程を踏んでの最終追いは3頭併せ。それも先頭との差は2秒以上という4Fスタートながら巧みなコーナーワークで前を射程に入れると回転数が更にUP。水を含んだ力の要るウッドでもバランスを保っての伸びをセンスが光る上に、‘おいでおいで’での1F13秒5。芝なら更に切れが増す筈で、少々のビハインドが道中であってもアッサリ跳ね返すであろう。

ダートの日曜6Rはダイシンインディー。最終追いこそ5F72秒を超える時計だったが、馬場が荒れた時間帯だったし、手応えは楽なまま。戸田厩舎らしく手順を踏んだ過程でひと追いごとに馬体が締まってきた。確かに、まだ腹目には余裕があるものの、それを補って余りあるパワー。これは2歳とは思えぬ豊かな筋肉量ゆえで、相手のレベルに即対応できる勝負強さもアピールポイント。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。