競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 充実のサーブルオール、初の福島はむしろ合う
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 「結果決勝トーナメントに行けたから、良いのかも知れんが、最後の10分はな...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年07月05日(木)更新

充実のサーブルオール、初の福島はむしろ合う

名物レースの七夕賞、前年度2着のマイネルフロイストが再びの57キロなら信頼に足る筈。が、昨夏から脚部不安による長いブランクを強いられた。エプソムCを叩いた効果に期待したいところだが、質の高い併せ馬と思わせる1週前でも目一杯とは言えなかった上に、最終追いの5F70秒7は如何にも軽い。以前、見せていた躍動感が戻っていない。

マイネル軍団の他2頭は逆に好調ぶりをアピール。今春にはOP特別での豪快に差し切りがあるマイネルサージュは、ここ目標に青写真通りの仕上げ。芝での15~15を含め、5本の併せ馬を消化しているからだ。直前の余力残しは十分過ぎる乗り込み故で、肉厚ながら全体として引き締まった印象。問題は前がやり合わぬと不発に終わる点。

ここにきてハードに馬を追い込んできたマイネルミラノが面白い。特に、先週の3頭併せでは最後尾から前を抜き去ってのフィニッシュで、3Fに至っては38秒を切ったほど。研ぎ澄まされた馬体に様変わりということで前走は忘れて良い。唯、ここで考えるべきは、今回より格段に強い相手だった中山2200のGⅡでの4、3着が近走でのハイライトだったこと。ユッタリ追い上げられる距離でこその馬に変質した感も。それでも、平坦自体は合う。

難しさに拍車をかけているのがマーメイドS組をどう扱うかがあるから。唯、追い切りは単走ながら持ったままでの5F66秒9だったワンブレスアウェイの状態は間違いなく良い。鞍上との呼吸もピタリでゴールが近づくにつれ、捌きに力が漲ってくるのだ。以前は先行して流れ込むだけ。唯、ゲート難によって前に行けない競馬が続いたことで我慢が利くようになった。如何にも‘嵌った’との印象がマーメイドS2着だが、馬鹿にはできない

その牝馬を含め、当レースのテーマは新旧交代。サーブルオールの躍進に期待してどうか?3歳4月以来の重賞だった前走は馬場悪化の中、バランスを崩すことなく追っての味を十分に示した。綺麗なフォームだけに大きなビハインドになり得た筈。にも関わらずの0秒3差。良質な筋肉を纏った体からして以前とは違う。要するに、成長の速度が遅かっただけで、具わっていたポテンシャルが露わになっただけ。楽なままでゴールを迎えた追い切りにしても1F12秒7。見た目以上に速い時計は体を存分に使えて完歩が大きいから。とはいえ、どちらかと言えば軽い走りが身上、ローカルでの前進は必至

時節の相応しいレース名がズラリと並んだ日曜の特別戦。まずは10Rの天の川特別から。ここはワイルドカードが人気に応えよう。追い切りは行き出し4Fの1馬身遅れ。唯、半マイル54秒台というのは前回同様で、謂わばルーティーン。また、少々テンションが高かった前走ということで、それを抑えるケアーとも言える。が、力強いかき込みではち切れんばかり。大飛びでも前向きな気性なだけに、小回りが足を引っ張ることはなさそう

蟻胴での長期休養から立ち直ったロスカボスは急上昇。復帰戦がワイルドカード同様の青梅特別で3着。脚を矯める戦法が功を奏したとの見方があって良いが展開としては前残り。加えて、今回はウッドでの調整が可能になった。追走しての1馬身先着というのが字面だが、ラッシュ時にあって他厩が入り混じった実質の3頭併せで迫力満点。直線に向いてからは自らがハミを取って直線の反応は鋭かった。大本命に対しての前走が0秒6差、これは確実に詰まる

ここで触れておきたいのが、ここに特別登録のあったトキノパイレーツ。同じ1000万下でも中京(土曜・濃尾特別)を選択。コーナーワークに問題はないが、敢えて小回りの福島に向かう筈もない。何せ、ユニコーンSで一瞬は上位を窺う姿勢での6着。勝ち時計が同日の青梅特別を上回る中にあって、だ。その反動もなく元気一杯。というか、勢いを得た感じ。速い時計で攻める相沢厩舎にあって3頭併せの最後尾から半マイル過ぎにギアを入れると直線では独壇場。外の2頭を置き去りにした上での3F38秒1で余力もあった。ユッタリとした胴構えで距離に対する融通性があるのは冬場の芝2戦で証明済み。センス、しぶとさが身上で中京なら更に

日曜の福島に戻って芝1200の彦星賞を。降級の4歳2頭、タケショウベストとナリノメジャーには敬意を表すべきだろう。ともに福島実績を兼ねているからだ。けれども、脚の使い処が難しいといった面で隙はある。それを突くのがセイウンリリシイ。春・中山の水準であれば今の500万下なら突破できる。更に、少しトモが薄い感じの全体像にも留意しなければならぬからローカル替りは格好というわけ。一本調子だったデビュー時とは異なり、メリハリの利いた調教をこなすことによって自在味も出た。52キロは如何にも有利

ここで忘れてはならないのがブランメジェール。1000万下を経験した4歳だが、現級勝ちはダート。とはいえ、生粋のパワー型でないのは、少々コスられただけであえなく退いた前走が示す通り。唯、鞍上とのコンタクトがスムーズに取れるようになった点を見逃してはならぬ。実際、単走のみの過程だったウッドでは手応え通りのラスト。シルエットと身のこなしを見るにつけ、路線を定めているのは如何にも勿体ないと思っていた。デビューからの2戦は芝。そこでワンパンチ足りなかったのは1400という距離。本質は芝のスプリント戦にある

最後に平場戦から1頭ピックUP。平場としては豪華なメンバーで、この先を記憶にとどめなければいけないほどなのが日曜8R。とはいえ、サクステッドの存在は突出している。京成杯5着以前に、デビュー戦で負かした中にはGⅢ勝ちを果たした馬さえ。ウッドでは15~15をやっとこなせる程度だったのに。つまり、身体能力を窺い知るのは容易かったが、全体に力がつき切っていなかった故、負荷のかかるコースではバランスを保てなかったわけ。

それは西下した前回時も同様で発展途上。対して、今回は帰厩後の立ち姿からして一変。更に、先週のウッドでは痺れるような手応えのまま3F37秒を切る圧巻の動き。確かに、直線の長い新潟外回りがベストだろうが、消長の激しいタイプとの見方もできるから旬を見極めることが大事。厩舎もそれを承知で敢えてコーナー4回の小回りをチョイスしたのであろう。少々のロスをカバーできるだけの元値と心身の充実ぶり。重箱の隅をつつくのは愚策。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。