競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. ルヴァンスレ―ヴが最右翼の筈だったが…
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

夏競馬の攻略法満載!北海道総力特集!

サムネ画像...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 美女二人が参加する恒例の飲み会は、昨秋の親爺が守った“尾生の信”を筆頭にだい...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年06月14日(木)更新

ルヴァンスレ―ヴが最右翼の筈だったが…

2勝馬の半数以上が抽選で弾かれるユニコーンS、関東で確実に出走できるのは2頭のみとなる。その中でルヴァンスレーヴに一日の長があるのは衆目の一致するところ。3戦3勝で終えた2歳時が凄かったし、取りこぼした伏竜Sにしてもソエ明け。それでも連勝を伸ばせると目論んだ陣営の判断が間違っていたわけではない。展開の綾が大きかったからだ。

今回の始動は5月下旬で帰厩直後の馬体はスッキリ。放牧先での順調度を窺わせるには十分であった。唯、最近は稽古で動かなくなったこともあるが、2週前に直前とウッドの併せ馬では脚色劣勢。確かに、古馬OPを追走してのものだから許容範囲ではあっても、昨夏からの一連で示していた豪快な身のこなしには及ばないのでは。ここは疑ってかかる

もう1頭のOPがリョーノテソーロ。冬場に早々と3勝目をマーク。それによって当初の路線から外れて頭打ちの現状。しかし、芝に色目を使ったこと自体に無理があったわけで、砂適性は抜群。また、1週前には6F追い敢行と、NHKマイルCの反動は皆目見られない。唯、胴の詰まった体型で距離に対する限界を感じさせるのは事実。好調子でも食指は動かぬ。

1000万下の身分ながら首位争い必至と見做しているのがレピアーウィット。ダートに転じて2戦2勝。加えて、前走などは出遅れて位置取りが悪くなりながらもエンジンの違いを見せつけたのだ。直後にリセットしたことが更なるパワーUPを呼んでいる。

堀厩舎のパターンに則った過程を踏んで先週は5F追い。ゴールが近づくにつれ、重心が沈む見事なフォームだったし、1馬身及ばなかった直前にしても追走の分がそのまま遅れとなっただけ。むしろ、余力残しでもブレステイキング(ダービーTR惜敗で日曜8Rの500万下に。負けようがない)を凌ぐ迫力だったことに目を瞠らされた。リョーノテソーロ同様、マイルは気持ち長いが、天井知らずの上昇ぶり、類稀な身体能力がそれをカバー。

3月・中京ではノンビリ構えた分、前と脚色を同じになってしまったイダペガサス。こちらは少々の無謀なペースでも乗り切れるタイプ。そもそも、順調さを欠いた2月、直後にその反動があったのは想像に難くない。今回はひと追いごとに負荷を強くする定石通りの過程を踏めたし、追い切りでも余裕綽々でのフィニッシュと復調は明らか。あとはルッジェーロ。ドバイ遠征直後の1戦で常識的には重いハンデがあっての出走と考えるべき。唯、キリリと締まった馬体で鋭さ満点。5Fで1秒も追走しながら、どこまでも弾けそうな手応えでのラスト12秒5が圧巻だったのだ。少なくとも、ヒヤシンスS時より動きは冴えている

ここを弾かれた場合、その受け皿になるのが日曜の青梅特別。勿論、ユニコーンSにも色気を持っていたほどだから、古馬に混じったとしても遜色なかろう。けれども、降級初戦となるワイルドカードの存在がそれを許さない。

現級勝ち→1600万下3着がいずれも関西圏。骨折によるブランクを挟んでも崩れなかったのだ。しかも、梅田Sは+4キロに過ぎなくても全体的に緩い造りで急仕上げは明らかだったのに。対して、今回は帰厩後にも丹念な乗り込みで密度が違う。更に、単走だった最終追いは3F過ぎで一気にギアUP、最後まで気合いをつけられながらゴールに飛び込む。既にOPの風格さえ漂う馬が1000万下からの出発となるのだ。負ける要素なし

同じく一気の相手弱化で再び上を目指すのがハイランドピーク(阪神・灘S)。2度の除外で出走が延びた挙句、漸くスターティングゲートに辿り着ける。しかも、OPで限界を見せたわけでなく、マーチSは出遅れが全て。それ以来となるが、ここにきての体質強化には驚くばかり。何故なら、以前は北Cコースでの調整が主体だったのに今はウッド。つまり、力の要る馬場でバランスを保とうとした場合、負担がかかるコースにも難なく対応できるようになったわけ。最終追いなどは、大きく前を行く他厩を抜き去ってのフィニッシュで上がりに至っては37秒3と破格。次元が違うのだ。仮に、ここがハンデ戦で斤量を背負わされたとしても他を圧倒するに違いない

府中に戻って500万下に照準を合わそう。まずは土曜・八丈島特別からゴールドギアを。脚を温存する形が功を奏したとはいえ、仮にもニュージーランドTでは0秒1差の4着。戦法が限定されるものの、前を射程に入れて長く脚を使ったのが前走。持ちタイムを一気に詰めての1分33秒4が能力の表れであるとともに、ここにきての充実ぶりも一因として挙げられる。4Fスタートの併せだった直前は向正で上手くセーブ、古馬を一旦先に行かせてから外に合わせる形で最後まで楽な手応え。キビキビした身のこなしは冬場には見られなかったし、だからこそ高速ターフにも対応できたということ。幅が広がった上での斤量利で切れに磨きがかかる

土曜7Rはナスノカンザン。まだキャリア4戦の降級馬。3月以来となるが、新たなクラス編成を待っての始動で、順調度を問えば今までとは雲泥の差。何せ、デビュー勝ちの後は満足な調教をこなせないままで見切り発車続き。現級勝ちだった3月にしても、本来は年明けを目標に乗り込みながらもそれが大幅にズレ込んだ挙句のこと。帰厩後1本目にウッドでの6F追い、直前の併せ馬でもシッカリと体を使っての5F69秒4で四肢をスムーズに繰り出せていた。易々とはバテぬタイプでロングスパートが可能。初距離になる今回でこそ真価を発揮

最後に新馬戦。今開催で組まれている唯一のダートが土曜4R。ここはラインハルト。筋骨隆々で若駒とは思えぬ完成度。確かに、幾分余裕残しの体つきではあっても全身を余すところなく使ったフォームが実にパワフル。歩幅からして他とは違うといった印象。最終追いでは半馬身の遅れだったが、3頭縦列の最後尾からでその中では最速の時計だったし、鞍上が少しでもアクションを起こせば難なく抜き去っていたであろう勢い、追っての味が半端でないのだ。将来性はともかく、現時点での完成度は極めて高い

日曜6Rはマキ。入厩して日が浅いが、そこで見かけた時点でデビュー即◎と決めていたほど。角馬場でさえ異彩を放っていたわけだ。しかも、ここにきてのウッド2本は追走しながらいずれも余力十分と、どちらが上の世代が分からぬほどパートナーとの能力差が露わに。ゴムマリのような身のこなし、よりシャープさが求められる実戦なら更に違いを際立たせる筈。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。