競馬JAPAN

協力:
  • Googleログイン
  • ログイン
  • 無料会員登録
  1. 底知れぬロサグラウカが最大の惑星
  2. RSSフィード ツイッター YouTube はてなブックマーク

馬券に直結!週末予想コンテンツ

スッパ抜き本舗競馬ウィキリークス 平成最後となる今年の日本ダービー。ファンの皆さんが最も頭を悩ませているのは、...
続きを読む

ちょっとブレイク♪競馬周辺小説

居心地の好い居酒屋 大型連休に入る直前の金曜日(4月27日)、一杯やりながら南北会談や次官辞任の...
続きを読む

【PR】競馬JAPANブログ開設!

競馬JAPANブログ競馬JAPAN編集部が、アナタの現場力を3倍高めるブログがついに始動! ...
続きを読む

【PR】岡田牧雄の一口馬主クラブ

ノルマンディ―岡田牧雄の所属馬・生産馬情報も配信!特典満載の¥0メール会員募集中! ...
続きを読む

競馬コラム

美浦追い切りレポート

2018年05月17日(木)更新

底知れぬロサグラウカが最大の惑星

1勝馬が抽選対象になっているオークスだが、上位に関わるレベルは相当。それは桜花賞の勝ち時計が示す通りで、この組に敬意を表すというのが基本線。特に、キャリア4戦目ながら大外から抜け出したアーモンドアイは別格。今回に至る過程もホームコースのウッド、外厩で仕上げを進めるパターンも同様という点に加え、よりアクセントの利いた馬体を進化と捉えても良いほど。

馬場が悪化した1週前、直前も6F追いと負荷をかけられながらラストはいずれも余裕で12秒台と文句なしの伸び。ここまでなら二冠を得たも同然と言えるのだが、体型的に2400はどうか?コーナー4回も未経験でそれが死角に当たらぬとは言えぬ

ライバルはラッキーライラックということになって、こちらは自在味とワンペースの走りが特徴だから距離延長であらゆる出方が可能。逆転があって良い。同じく桜花賞で好走したのがマウレア。というより、阪神JFから正統な路線を歩んでも大崩れなしと非凡。最終追いの5F69秒4にしても一杯になる外を尻目に余裕の動き。少なくとも、直前が控え目だったクイーンC時とは雲泥の差。唯、桜花賞馬と同様に距離に対する不安が。となると、マイルでの能力差がそのまま反映されるような気がする。

今のところ、◎は別路線からと考えている。超スロー、自身にとって少々短い2000のTRでも豪快に差し切ったサトノワルキューレは、初勝利後の2戦が2400で牡馬相手。府中を経験させたといったことでもプランに沿って迎える大一番。

狙って面白いのがロサグラウカ。昨秋・福島デビューから休養を挟んで連勝。勿論、3戦目で迎えるのがGⅠということなら、そのビハインドは大きい。しかし、広いコース向きの豪快なフットワークでそれに磨きがかかっている。1週前が、尾関厩舎の筆頭格・レッドファルクスを大きく追走しながら直線で抜き去る快走を見せたし、行き出し4Fの直前にしても最後尾から前2頭の間を割って伸びる中身の濃さ。思えば、桜花賞時のアーモンドアイに対する懸念もキャリアであり、ローテーションではなかったか。キャリア不足を理由に軽く扱うのは不合理

土曜メインのメイSは明け4歳が主力を形成。特に、ダイワキャグニーにとっては賞金加算が命題。現に、最終追いを迎えた段階で引き締まった体で落ち着きも十分と精神面の充実さえ手に取るように分かるのだ。単走での5F68秒0だがハロン棒が恰好のメルクマールとなってスムーズにペースUPと鞍上が手の内に入れた挙句にラストの捌きもシャープと非の打ちどころなし。左回りなら万能で紛れのあるマイル以上にレース運びが容易くなるのは、毎日王冠の1分45秒8が如実に物語る。

大本線というか、強力なライバルは同じ関東馬のレアリスタ。久々になるが、始動をここに定めての調整で1週前の5F追いではシッカリと馬を追い込むメニュー。定石通りのしまい重点だった水曜のラストは持ったままでの12秒3と実に鋭い。何より、はち切れんばかりの体つきで今回の休養は明らかにプラス。昨11月、実績のないマイルでも上位に迫れたし、中山金杯での14着は参考外。ダイワキャグニー同様、右回りでは能力半減となるからだ。完全に脚を余したのが昨年の当レース、その二の舞はなさそう。

堀厩舎でもう1頭の注目馬は、これのパートナーだったサトノティターン(土曜・是政特別)。OPとほぼ互角の内容だったのが能力の証しで、そのポテンシャルは1000万下の遥か上を行く。骨折などのアクシデントで順調に使えぬ反面、伸びしろは絶大。更に、外から被せられる形だった直前でも集中力を切らさずに食い下がっての併入。これを進歩と見做すべき。ハンドル操作に難がある馬は外人Jで大きく変わる。

府中の特別戦の中で群を抜いて難解、且つ面白いのが日曜10Rの1600万下。1400に転じてからの破壊力が目立つレインボーフラッグ、休養前の1戦は前が壁になって不完全燃焼に終わったヴェネト辺りの関西勢が能力上位。

唯、関東馬も多士済々で特にキャプテンペリー。意外にも初距離となった阪神では、位置取りからして絶望的で単に周回してきただけ。元々、府中でランクを引き上げなければならないほどの適性ぶりがある。ひと押しが足りなくなるマイルより良い筈だし、ここ目標に急ピッチ。追い切りの3頭併せは先頭から大きく置かれた道中からの併入で持ったままの5F66秒7でデキには太鼓判を捺せる

フローレスマジックの能力は認めるし、最終追いを4F54秒7で抑え気味だったのは、テンションの面に配慮があった為で洗練された馬体とシャープな捌きが印象的。しかし、流れ込む形が理想なだけに決め手で劣るシーンも。それならばダイトウキョウ。前残りだった前走は仕方ない。可能な限り脚を矯めなければならぬから展開に左右されるのは当然で、今回と似通った条件の3月・中京を尊重する。5F67秒台の併せ馬で脚色が劣勢だったのは追走した分だし、相手は同じ準OPで絶好調のネイビーブルー(日曜・丹沢Sで首位争い必至)とその密度は折り紙つき。6歳とは思えぬほどフレッシュ

最終週を迎える新潟は土日のメインがともに芝スプリント戦。まずはOPの韋駄天Sで素直に入るのならレジーナフォルテ。名実ともにOP入りしての初戦が0秒3差5着と上々。しかも、前半3F32秒9の4番手、坂がネックとならないほどの地力強化を実感。ウッドでの行き出し5Fだった追い切り、気合いをつけられると一段とストライトを伸ばしてのラストが12秒1。体全体にパワーが籠っている。当時、格上挑戦だった昨夏・アイビスSDでも3着。そこからの2キロ増に過ぎないのならむしろ有利。

唯、丹念に乗り込んだラインミーティアは気になる。高松宮記念は見せ場さえなし。とはいえ、一線級に混じってだし、出負けが響いてレースに参加したとは言えぬ状況なら消耗は全くないまま。従って、今回の始動は早い上に、丹念な乗り込みでひと追いごとに体の線がシャープに。これは季節的な要素が良い影響を与えているということだろう。重賞勝ちの舞台で見直す

土曜・大日岳特別はショウナンアエラが人気。ブリンカー効果が窺えた前走が惜敗だったし、坂路55秒台というルーティンをこなしているのなら好調キープと考えて良かろう。しかし、敢えてサフィロス。トップフォームに戻らぬ時期は長かったが、活気が生まれたのがこの冬から。その2月は直線での不利が全て。今回、輸送を考慮して控え目だった最終追いにしても外ラチに触れんばかりのコース取りで体、フォームともに大きく見せてのラスト12秒6。新潟へのコース替りを絶好機と捉えて良いほどのデキになった。 。

プロフィール
柴田卓哉

学生時代は船橋競馬場で誘導馬に騎乗。競馬専門紙『1馬』在籍時には、 「馬に乗れる&話せるトラックマン」として名を馳せる。 30年以上にも渡りトレセンに通い詰め、 現在も美浦スタンドでストップ・ウオッチを押し続ける。 馬の好不調を見抜く眼に、清水成駿も厚い信頼を寄せる調教の鬼。 また東西問わずトラックマン仲間たちとの交友関係も広く、トレセン内外の裏情報にも強い事情通。